nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

ユニバーサルエンターテイメントのフィリピンカジノの進捗に関する翻訳記事

      2015/04/10

元記事はこちら。

THE GROUP of Japanese casino mogul Kazuo Okada yesterday said it will complete the integrated casino in Entertainment City by the first quarter of 2017, following changes in its project plan that will cost it an additional $700 million in investments.

日本のカジノ界の重要人物kazuo okadaは「複合カジノ施設は2017年の第一四半期に完成する。計画変更により追加で7億ドル(850億円)の費用がかかる」と昨日言った。

 In a Feb. 15 letter to gaming regulator Philippine Amusement and Gaming Corp. (PAGCOR), Mr. Okada’s Tiger Resort, Leisure and Entertainment, Inc. requested for an extension of the deadline of the project completion, saying that the company plans to increase the gross floor area of Manila Bay Resorts — the casino it is building along Manila Bay — by 97,000 square meters.

2月15日付のPAGCOR(Philippine Amusement and Gaming Corporation)への書面の中で、岡田グループはカジノの完成の延期を求めた。岡田グループが言うには、「建設中のカジノの総面積を増やす計画をしている」。当該カジノはマニラ湾に沿った場所に建設中で97,000平方メートルの面積を持っている。

The changes will result in “additional guest rooms and parking area and would also contribute to the strengthening of the structure and architectural design,” PAGCOR President and Chief Operating Officer Jorge V. Sarmiento yesterday told lawmakers.

計画の変更は客室と駐車場を追加する結果となり、また建造物の構造やデザインを強化することにつながる、とPAGORのCOOであるJorge V. Sarmientoは委員に対して言った。

 The House Committee on Games and Amusements summoned Tiger Resort officials and PAGCOR to a hearing yesterday as lawmakers conduct a probe into Mr. Okada’s alleged violation of Philippine laws.

ゲーム・アミューズメント委員会は、昨日、岡田氏がフィリピンの法律を犯した件についてヒアリングをするために、岡田グループのタイガーリゾートとPAGCORを召致した。

 The hearing for the most part instead dwelt on the status of the delayed casino project.

ヒアリングの大部分はカジノプロジェクトの遅れについて行われた。

 Asked to confirm Tiger Resort’s request for extension, the group’s legal counsel Jose Lis C. Leagogo told reporters on the sidelines of the hearing: “Yes, we did.”

タイガーリゾートの延期申請について確認されたタイガーリゾートグループの顧問弁護士 Jose Lis C. Leagogo は、記者に対して、「Yes, we did」と答えた。

 Tiger Resort signed a contract with PAGCOR in 2013, agreeing to finish the project by March 31, 2015 — which was actually an extension of an original deadline slated for 2013.

タイガーリゾートは2013年にPAGCORとプロジェクトを2015年の3月末までに終わらせるという契約を結んでいた。その契約ももともとは2013年までに終わらせるという内容の契約を延長したものであったのだが。

 

Asked by Committee Chairperson Elpidio F. Barzaga to confirm that the company would not be able to finish on time, Tiger Resort President Kenji Sugiyama replied: “Yes.”

“We have changed the design to build a better casino,” he added.

委員会の議長 Elpidio F. Barzagaに従来のスケジュール通りに終わらせることはできないのかと確認されて、タイガーリゾートの社長Kenji Sugiyamaは「はい」と答えた。「よりよいカジノを建築するために我々はデザインを変更したのです」と付け加えた。

Sponsored Link

 

LICENSE REVOCATION
But PAGCOR cautioned against further delay.

PAGCOR’s Mr. Sarmiento said: “The immediate effect is if they (Okada group) failed to finish by March 31, 2015, it would mean forfeiture of the P100 million bond they submitted to us.”

ライセンスの取消

PAGCORはさらなる延期の恐れを警告した。PAGCORの Mr. Sarmientoは「もし岡田グループが2015年3月末にカジノの建設を終わらせることができないのであれば、彼らが預けている1億ペソ(約2億7千万円)の保証金は本来没収されることになっていたはずだ」と言った。

 Mr. Sugiyama also said the project is now “more than 50% complete” based on the original plan.

Mr. Sugiyamaは、「プロジェクトはオリジナルの案に対して、現在50%以上完成している」と述べた。

 But Mr. Sarmiento said PAGCOR is currently evaluating the actual progress of the project, and if it found “that they are more than 50% delayed, it could mean suspension or revocation of their license.”

しかしPAGCORのMr. Sarmientoは「PAGCORは、現在、実際の進捗状況を調査している、そしてもし進捗が50以上遅れていることがわかったら、それは計画の差し止めか免許の取消を意味するかもしれない」と述べた。

 Under an agreement signed during the Arroyo administration, Entertainment City licensees are required to invest a minimum of $1 billion each.

アロヨ前大統領の管理下で行われた契約では、カジノのライセンスは少なくとも10億ドルの投資が求められた。

Mr. Leagogo yesterday declined to comment on how much Tiger Resort has already spent on the project.

昨日Mr. Leagogoはタイガーリゾートがプロジェクトにすでにいくら費やしたかについてコメントを控えた。

 The casino project had been hounded by allegations its proponents bribed PAGCOR officials to get a license and violated the Anti-Dummy Law.

当該カジノプロジェクトは、ライセンスを取得するために贈賄した疑惑と反腐敗法に反している疑惑を追究されてきた。

 In a Sept. 24, 2014 letter to the Department of Justice — a copy of which was provided during yesterday’s hearing — the Prosecutor General recommended the “termination of the fact-finding investigation” on the bribery case on lack of sufficient evidence. The investigating panel — composed of agents from the National Bureau of Investigation and a state prosecutor Prosecution Service — meanwhile “recommended the filing of a complaint for the conduct of preliminary investigation and if evidence warrants, the prosecution of individuals and corporations for violation” of the Anti-Dummy Law, according to the Justice department letter.

2014年9月24日付の司法省への書信で(その写しが昨日の公聴会で提供された)、検事総長は明確な証拠のない贈賄のケースでは「事実調査の終了」を勧めた。一方、司法部門への書信によれば、調査委員会は、予備的な調査と、もしも証拠が保証するならば、反腐敗法に反したことに対して、個人と企業を起訴することを勧めた。

NBI agents filed the complaint which is “now pending preliminary investigation,” it read.

PAGCOR said it has not yet decided on whether it will approve Tiger’s request for extension of the deadline as well as the proposed changes in the project design, he added.

贈賄調査委員会の代理人の起訴状によれば「予備的な調査は現在保留になっている」とのことだった。

PAGCORによれば、タイガーリゾートの延長リクエストは、プロジェクトの変更案と同様に、承認されるかどうかまだ決定されていない。

LOCAL PARTNER
Asked by Caloocan City 2nd District Representative Edgar R. Erice for updates on talks with a potential local partner, Mr. Sugiyama replied: “It will soon be announced. We are still waiting for final instruction from the lawyer of our local partner. I cannot mention it as it’s still confidential.”

ローカルパートナー

Caloocan City 2nd District代理人のEdgar R. Ericeにローカルパートナーについて問われて、Mr. Sugiyamaは「もうすぐお知らせできると思います。現在、我々はローカルパートナー候補の弁護士の最終指示を待っているところです。まだ機密の状態にあるので完全には明らかにできません」と答えた。

Manila Bay Resorts stands on a 48-hectare property in the state-run Entertainment City. Other licensees are Bloomberry Resorts Corp., which owns Solaire Resort & Casino; and Travellers International Hotel Group, Inc., which will build Resorts World Bayshore. Melco Crown (Philippines) Resorts Corp. also teamed up with the SM group to establish City of Dreams Manila.

マニラベイリゾーツは州営のエンターテイメントシティの48ヘクタールの土地にある。他のライセンスは、Solaire Resort & Casinoを所有するBloomberry Resorts CorpとResorts World Bayshoreを建設するTravellers International Hotel GroupとCity of Dreams Manilaを開設するためにSMグループと提携したMelco Crown (Philippines) Resorts Corpが所有している。

Tiger Resort officials had said last year that the first phase of the original plan involves the construction of two hotel towers with 500 rooms each, as well as 500 gaming tables and 3,000 slot machines. The second phase, meanwhile, will have a 1,000-room hotel.

タイガーリゾートの広報は昨年、当初プランの第一フェイズは「500の客室と500のカジノテーブル、3000台のスロットマシーンを含む2つのホテルタワー」を建設するものだと言っていた。一方、第二フェイズは1000の客室を持つホテルを建設するというものだ。

Tiger Resort is a unit of Japan-based Universal Entertainment Corp., which is controlled by Mr. Okada.

タイガーリゾートは日本のユニバーサルエンターテイメントの企業グループであり、Mr. Okadaの支配下にある。


以上、翻訳でした。ところどころ間違えていると思いますのでご注意ください。

追加費用の調達、カジノ完成が2017年の第一四半期になること、贈賄の件がまだ解決していないこと、現地パートナーの件がまだ解決していないこと・・・。問題は盛りだくさんです。

 

 - 企業分析、決算予測

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

tmall
天猫(t-mall)に出店している企業の売上は推定できそう

美顔器等を取り扱っているヤーマン(7865)を保有しています。 ヤーマンのニュー …

群衆
クラウドワークスでブログのヘッダー画像を発注してみた

先日、クラウドソーシングのクラウドワークスが上場しました。このブログと、もう一つ …

restaurant
SLD(3223)の今後の売上、利益、EPS推移の予想

エスエルディー(3223)の業績予想 エスエルディーについてどう思うのか聞かれま …

青空
カルナバイオサイエンスの適切な株価を考える

今週はカルナバイオサイエンス(以下、「カルナ」と記載)の株価が激しく上下し、一喜 …

カルナバイオ
カルナバイオサイエンス役に立ちそうな書き込みまとめ(随時追加)

FROM textream 231 スッキリ 6月11日 22:11 カルナの今 …

カウチ
社内がごたごたしている大塚家具が中期計画を出す

代表取締役会長である父親と代表取締役社長である娘さんの対立がおさまらない大塚家具 …

ヒロセ通商
ヒロセ通商(7185)はなぜ大物個人投資家に買われたか、推測する

なぜヒロセ通商は大物個人投資家に買われたか? 片山晃氏やたーちゃん氏が買ったこと …

ふじたろう
プロパティエージェントは「ネット系企業」になれるか!?

株式市場で高く評価される「ネット系企業」 高利益な仕組みを築いたネット系企業は、 …

sun-flower
サンバイオ脳梗塞1/2a試験論文を読む

私の主要な投資先の一つである、サンバイオの臨床試験に関する論文を今回は読解してみ …

破産
銀行の国債保有高を調べてみた

国債が暴落するのは時間の問題だが、そうなっても(幸か不幸か)焼け跡にはならない。 …