nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

株で稼ぐための心得7か条

      2016/08/04

株で稼ぐにはどうすればいいか?これにはさまざまな回答があると思います。私なりに考えた、勝てるというよりは簡単に負けにくい考え方、長期的には稼げるであろう心得を書いてみました。

先回りより後出しできちんと取ろう

上方修正や強いガイダンスが出ることを見越して、先回りして買っておくと大きく勝つことができます。しかし、外れると結構なダメージを受けます。

一方、上方修正や強いガイダンスが出た後、株価がそれをおりこむまでに時間がかかることがあります。先回りして大勝を狙うのもいいですが、すでに出ている適時開示の情報が株価におりこまれていないものを拾いに行く方が安全ですので、こちらを重視しましょう。

 

牛後となるも鶏口となるなかれ(大きな流れに沿って投資しよう)

ことわざでは、鶏口となるも牛後となるなかれといいますが、投資においては逆です。大きな勢いに逆らわないようにしましょう。日本株なら、今は買いの方が強いので、買いをベースにする。ドル円なら、円安の方向に賭ける、などして、長期的な方向に沿った投資を心がけましょう。長期的な方向に沿っておくと、含み損となった玉もいずれ救われることが多いです。

Sponsored Link

 飛びついていいのはPERが高すぎないとき

適時開示やニュースが出て株価が高騰した場合に、飛びついて買うのは、PERが高すぎないときに限定すると負けにくいでしょう。漠然としたニュースが出た場合、それがEPSをいくらにするのか計算して、PERを算出してから買うか買わないか決めるといいです。

直近で飛びつき買いが報われた銘柄には、ネクステージ、FPG、ノジマなどがあります。

ネクステージが今期のガイダンスを場中に発表した日(2015/1/9)の寄り値は、508円で、今期予想EPSは98円だったので、PERは5倍台ですね。その後株価は900円を超えています。

ノジマがITXを買収を発表した日(2014/11/18)の株価は寄り値が715円でした。もともとのEPSが114円で、ITXの業績を含めると、EPSが250円程度にはなることが計算できました。PERは3倍台ですね。

その後、四季報オンラインの予想EPSが421円というニュースが出た日(2015/3/4)の株価は寄り値で、1,780円でした。PERは4倍台です。その後、株価は2,400円まで上がっています。

FPGが上方修正を出した日(2015/1/30)の翌々日の寄り値は、2,379円でした(分割前)。予想EPSは半期で87円、通期で123円でした。また1QのEPSは62円でした。会社予想のEPSをもとにすると、2,379円だとPERが約20倍でいい値段ですが、FPGは控え目に予想を出してくることを踏まえて、1QのEPSを4倍して、EPSが240円近くまでいくと予想するとPER10倍前後となり、買える値段でした。株価は、その後4,000円を超えています(分割前基準)。

PER以外に基準とできるのは、配当利回りです。換金性の強いものであれば、株主優待も含めていいと思います。これらの配当+優待利回りも、株価が割安かそうでないかの基準になります。

PERがいくらまで許容されるのか把握しよう

PERがいくらまでなら割安で、いくらから割高なのかはさまざまな要素によって変わってきます。下記の要素などを意識して、妥当なPERの値を把握しましょう。

相場の状態(上げ相場なのか下げ相場なのか)、業種、今後の成長見込み(中期経営計画)、強いテーマにあてはまっているかどうか、配当利回り、業界での地位、株主(独立系なのか、別の会社の子会社か)、業績の上昇余地、経営者やIRが株価をケアしているかどうか、etc

 

 株で成果を出す時間軸は短すぎず長すぎないようにしよう

短期間で稼ごうとすると、リスキーな取引を選びがちになります。かといって、5年先、10年先を見据えて取引しようとしても、未来は予測しきれないことがほとんどですので、あまり効用は高くありません。1か月~1年のスパンで、株価が一定の成果を出していることを目途にして投資するのがいいのではないかと思います。超短期と超長期の株価は予測するのが難しいです。

 

投資で稼いだお金は基本的に投資にまわそう

投資資金が大きくなると、年間10%のリターンを出すだけで生活ができるようになります。投資で勝った後、不必要な消費に回さずに、再投資して投資元本を大きくしていくことを心がけましょう。

資産の全額を投資にまわすべき、という意味ではなく、銀行預金などの安全資産も保有しつつ、浪費を抑えて、お金が稼いだお金で生活できるようになることを目指そうという意味です。

 

 

株本だけでなく、簿記やファイナンスも勉強しよう

株がうまくなるには、株の売買について書いた本を読むのがいいでしょう。ただ、投資の考え方のもとになっているのは、ファイナンスの考え方なので、ファイナンスの原理を勉強しておくといいでしょう。さらにいうと、簿記も勉強した方がいいです。これらは、投資家としての生活以外でも役に立ちますので学んでおきましょう。

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

marigold
金銭的勝ち組になるためのHowTo

朝からマーケットハックの記事を読んで、「その通り」だと思った。 大量の「負け組」 …

old-man
年をとるとできなくなることとその対策

加齢とともにできなることがいっぱいある・・ 人間は加齢とともに、体内のホルモン等 …

感情
儲け損なう恐怖と損する恐怖の大小について

投資家が投資をする際に覚える恐怖には2種類あると思います。 損をすることについて …

buffalo
【これはヒドい】専業投資家の一日

だらしない投資家の一日 今日はこんな感じでした。 毎日こんなにぐうたらしているわ …

池尾和人
本流の学者池尾和人氏がインフレの発生時期に言及した記事

さまざまな人が日本の財政赤字の副作用を予想しています。円や国債の暴落、インフレな …

麻雀鳴き
日銀・政府はもう3フーロしているも同様な状態

キンドルで昔読んだ漫画を買い直しているのですが、最近は片山まさゆきの「ノーマーク …

飲食
「飲食銘柄に長期投資で成功」は神話になったんじゃないか

以前、バリュー投資家の成功譚によく「かつや」のアークランドサービスが出てきた。成 …

ハンバーガー
購買力平価ベースで本当に円安なのか調べてみた

内閣官房参与の浜田宏一氏の円安になりすぎているという発言は本当か 浜田宏一氏から …

pokemongo
ポケモンGOがもたらす経済以外の効果

世界中で好セールスを記録し、株式市場でも関連銘柄がにぎわったポケモンGO。拡張現 …

sunrise
「政府債務はインフレで返す」が新しいコンセンサスになる!?

池田信夫氏のブログや、動画を見て、シムズという経済学者の提言内容を知った。その内 …