nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

儲け損なう恐怖と損する恐怖の大小について

   

投資家が投資をする際に覚える恐怖には2種類あると思います。

損をすることについての恐怖

1つ目は、普通ですが、損をすることに対する恐怖です。ポジションを持っているときに起こりうる感情です。

買いや売りのポジションが、思惑と逆にいくことで損をします。これに対処するために、資金の一部を余裕資金として残しておいたり、信用取引を控えたり、分散投資をしたりするのではないかと思います。

Sponsored Link

機会を逃すのではないかという恐怖

もう一つの恐怖は、儲け損なうのではないか?という恐怖です。これは、ポジションを持たないことで起こりうる感情です。

全力で投資をしていればこの感情は起きませんが、余裕資金を残していたり、相場を休んでいたりすると、儲ける機会を逸失するような恐怖が起こるのではないかと思います。

この感情に対処するには、全力でレバレッジをかけて投資することです。

ハイレバ派か慎重派かはどちらの恐怖が大きいかで決まるのではないか?

投資家には、余裕資金をしっかり確保して投資をする人と、ほぼ常に全力で投資をする人がいると思います。

前者は、損をする恐怖儲け損なう恐怖の人で、後者は損をする恐怖儲け損なう恐怖の人なのではないでしょうか?

恐怖

私は逸失利益に対する恐怖感が大きいです

私がどちらであるかというと、損をする恐怖よりも、儲け損なうことに対する焦りの方が大きいです。基本的に常に全力でポジションを取っています。

今、資金の一部を別口座に移そうとしていて、ポジションの縮小を図っているのですが、非常に落ち着きません。解消したポジションを持っていれば、もっと利益が出たはず・・という感情が消えません。

この記事を書いたのは、この自分の癖を意識して、必要なときには心理的にスムーズに余裕資金を確保できるようにするためです。

みなさんはどちらのタイプでしょうか?

 - エッセイ

ad

Comment

  1. Yoshi より:

    私も逸失利益に対する恐怖感が大きいです!
    レバも好きなので、市場の上下に存分に左右されてパフォーマンスが大きく上下しがちです。
    また丁度私も口座を移すことが出来ないでいます、、、(笑)
    今は相場が悪くないので、実際に売った銘柄も下がるよりは上がりがちなのがますますその感情に拍車をかけます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

悲しい犬
仕事が暇すぎて苦痛だったサラリーマン時代を振り返って考えたこと

昨年会社員を辞めるまで、10年ほど事務系の会社員を続けました。経験した職種は、総 …

となりの個人投資家まつうらじゅん
「トレード回数は少ないほうがいい」は幻想なのではないか

トレードする回数というのは、 リスクと比例するのですよ。 一日一回。 一週間に一 …

sunrise
「政府債務はインフレで返す」が新しいコンセンサスになる!?

池田信夫氏のブログや、動画を見て、シムズという経済学者の提言内容を知った。その内 …

飲食
「飲食銘柄に長期投資で成功」は神話になったんじゃないか

以前、バリュー投資家の成功譚によく「かつや」のアークランドサービスが出てきた。成 …

犬
グーグルがコンテンツにもたらした変化、グーグルの犬になった私

結論 まずは結論。 グーグルは日記、私小説、エッセイの書き手を減らした グーグル …

怒り
怒りっぽさをコントロールする方法

人生を台無しにする資質 ’怒りっぽさ’ 生まれつき怒りっぽい人がいるが、「怒りっ …

グーグル
専業投資家とアフィリエイター稼業は相性がいい?

専業投資家になって、というか無職になって、膨大な時間をもてあますようになりました …

skull
日本の投資に関する言説には「死亡バイアス」がかかっている!?

株式投資はしないのが家訓!! 私には弟がいます。株を始めて以来、時折、彼にも株式 …

horse
とったりとられたりでいいじゃないか

相場で失敗したり、大暴落を見たりすると防御を固めようとする人が出てくるが、これは …

財政破たん
心が病んでいるから財政破綻が気になるのか、相場観から気になっているのかわからない

全般性不安障害歴20年です 心の病に陥って、20年以上経ちました。このことと私の …