nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

雀神クロニクル攻略!勝率を上げる方法

      2016/06/02

Denaが出した対戦型麻雀アプリ 雀神クロニクル

雀神クロニクルは、1対1で対戦するタイプの麻雀アプリです。配牌をとった後、

  • 40秒が経過する
  • 24枚の牌を引き終わる
  • 聴牌してリーチする

のどれかを満たすと後は、対戦相手との山のめくりあいになります。山は20牌あります。どちらかがロンするかツモ上がりすると点数が入ります。上がりは自動なので、見逃しなどはできません。

雀神クロニクル対戦画面

実際の対戦画面。私は4.7ソー待ち。相手はノーテンです。

自分がノーテンでもめくりあいとなった後の牌はツモ切りになるので守備は考える必要がありません。

当たり牌が出なかったり、両者ともノーテンだと次局に移ります。通常、東局と南局の2回勝負で点数の多い方が勝ちですが、南局が終わっても点数が同じ場合、延長で西局があります。西局が終わっても同点の場合、引き分けで終了となります。

配牌が相手と自分で28枚、ツモが相手と自分で48枚、リーチ後のツモが20枚で、合計96枚を使います。牌はすべてで136枚なので、40枚は、最後までめくられることがありません。

Sponsored Link

独特のルールと攻略法

雀神クロニクルで勝率を上げ、トータルで勝ち越すには、独特のルールに対処する必要があります。

1.捨て牌は、自分のものも相手のものも表示されない。

相手の捨て牌が表示されないので、自分の待ち牌が後何枚あるのかは自分が使った牌を除いて、確率的に推測するしかありません。実際の麻雀では、相手の捨て牌や狙っていそうな役から、待ち牌の数を推測しますが、このゲームではそういったことはできないので、確率的にもっとも上がれそうな牌か、上がった場合に点数が高くなる牌を待ちにすべきです。

2.鳴きがない。

面前のみです。なので、対子系のメンツはできづらいです。順子系のメンツを重視していく方が聴牌できます。対子系のメンツができづらいことから、字牌はがんがん捨てていった方が聴牌しやすいです。

3.ドラ牌は相手と自分で別々。

相手にとってのドラ牌と自分にとってのドラ牌は別々です。なので、ドラ牌周辺の牌は使われているだろうと考える必要はありません。

4.フリテンがない。

フリテンはありませんので、40秒が経過するか24牌を引き終わるまで手を高めたり、待ちをよくするべきです。たとえば、以下のような修正を狙うべきです。

  • カンチャン待ちやペンチャン待ちであれば、上がり牌を引いて両面待ちに直してからリーチをかける。
  • 5を含むメンツは、赤を引けるように頑張る
  • ドラと手替わりがあるメンツは、ドラを引くまで頑張る
  • 国士無双は、上がり牌を引いて、13面待ちに直してからリーチする
  • 一手替わりで三色やイーペイコー、タンヤオがつく場合は、手替わりを狙う
  • 複合メンツは多面待ちになるように手替わりを狙う
5.特殊効果を発動する雀神は、幅広い局面で効果が発動する攻撃系を選ぶ。

3体まで雀神を選んで対戦します。雀神には、それぞれ特殊能力があり、上がった後に点数を上乗せする効果があります(攻撃系)。他に、相手の上がった点数から一定の点数を差し引いたり、相手の手からドラの枚数を2枚引ける守備系の雀神もいます。

雀神は基本的に攻撃系を選びましょう。なぜなら、守っていても勝てないからです。また、一定の点数を追加する定額系ではなく、一定の%を上乗せする雀神を選びましょう。ドラや赤の効果で、マンガンやハネマンが簡単にできますので、%ベースで点数を上乗せした方が、加点の期待値が大きくなるためです。

また効果の発動条件が幅広いものを選ぶべきです。東局で上がると○%加点、マンガン以上の手を上がると○%加点などがいい条件です。ペンチャン待ちで上がると○%加点などは悪い条件です。

私が考える狙うべきではない役

鳴きが無い、捨て牌が見えない、牌の枚数に限りがあるなどのことから下記の役は積極的に狙うべきではないと思います。

七対子

理論的な待ちの数が3枚なので上がるのが難しく、狙うべきではないと思います。基本的に、七対子以外で聴牌ができそうにないときに狙います。

チャンタ

鳴きが無いので、チャンタは完成させるのが難しいです。積極的に狙う必要はないでしょう。

一色手

配牌で十分な数の牌が無い場合は、無理に一色手を狙うのはよくありません。ただ、相手に先制され、ドラなしである程度高い手を作らなければならないときは、ホンイツやチンイツは便利です。

これらを心がけた結果・・

勝率が60%、聴牌率は80%まで上がりました。

リンク:雀神クロニクルiOSサイト google playサイト

参考画像

雀神クロニクル

↑配牌です。なかなかの好配牌です。

雀神クロニクル

3・6ピンで聴牌しましたが、即リーせずに手をまわしました。赤5万を引いて、1手上げ、3ピンを引いたところで、タンヤオがつくことを狙って、1ピン切りでリーチです。

 - ゲーム攻略

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

関連記事はありませんでした