nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

カルナバイオサイエンスの適切な株価を考える

   

今週はカルナバイオサイエンス(以下、「カルナ」と記載)の株価が激しく上下し、一喜一憂する結果となりました。ポートフォリオの中で、一番大きい銘柄です。今回は、カルナの適切な株価がいくらなのか考えてみようと思います。PERなどを計算している際に使用している株価は、2015年7月24日の終値です。

海

株価を考える上での仮説

textreamでベテラン株主さんが書いていることを参考にして、仮説をたてる。

  • 今回、J&Jに導出したものはリューマチ薬関連とする。
  • 販売までこぎつけた場合、レミケードのようなブロックバスターとなり、年間1兆円売れる。
  • ロイヤリティ収入は5%とする。
  • 創薬支援事業と販管費は、打ち消しあってプラマイゼロとする。
  • これから販売まで5年かかるとする。
  • 配当性向は40%とする。
  • 新薬の販売期間は10年とする。

Sponsored Link

 

株価検証 PERベース

上述の仮説をもとにすると、販売までこぎつけた場合のEPSは、

営業利益が1兆円×5%で500億円となり、税引後の利益は、500億円×0.6=300億円となる。

発行済み株式数を900万株とすると、EPSは3,333円となる。

PERを12倍とすると、株価は3,333×12=39,996円となる。

薬が完成までこぎつけ、大ヒットした場合の株価が39,996円だけれども、実際にはまだ完成しておらず、途中で開発が失敗するかもしれない。

なので、研究のフェイズが進んでいくにつれ、株価は上がっていくと思われる。現状、いくらが適正なのかと聞かれるとわからないが、他社が将来の利益をどれくらい織り込んでいるか、中計とそれに対する予想PERを見て参考にしていく。

そーせいは3年後(2020年3月期)の純利益を89億円と予想している。純利益を発行済株式数で割ると、EPSは646円で、3年後の利益に対して予想PERは10.4倍となっている。

UMNファーマは、平成29年12月期の予想利益を14億~26億としている。EPSは146~272円となり、2年後の利益に対して、予想PERは10~18倍となっている。

JCRファーマは、2019年3月期の営業利益を50億円としている。純利益を営業利益の0.6倍とすると、EPSは92円となり、予想PERは32倍となっている。

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、平成30年3月期の純利益を2.3億としている。EPSは5.7円となり、予想PERは238倍となっている。

カルナは、私の算出した5年後のEPSに対して、予想PERが1.2倍であり、もっとも将来の利益が織り込まれていないといえる。

※カルナは、J&Jとの契約内容は開示しないようなので、今後も創薬事業を含んだ中期計画は作成しないと思われる

割高説に対する反論

カルナの株価は、PERベースで見た場合に、割高(将来の利益が織り込まれている)とはいえないのではないかと上述した。他にも、現状の株価を割高だとする言説があるので反論していきたい。

・すでに○倍になったから割高

カルナの株価は、年初来安値に対して6倍になっているので割高だというもの。株価は将来の利益とその実現可能性をもとに妥当な金額を算定すべきなので、すでに何倍になったから割高ということはありえない。

・契約一時金が○億だから割高

契約一時金は5億円前後だと私は予想している。もっと低いこともありうる。創薬支援事業等で利益が1Qの4倍で3.76億、契約一時金が5億だとすると、今年の純利益は8.76億となる(法人税はゼロと仮定)。この場合EPSは100円程度なので、現状予想PERは40倍を超えている。

さきほども書いたけれど、株価は今年だけでなく将来の利益を考慮して妥当な額を算定すべきなので、契約一時金が入る年だけの利益で割高であるかどうかを判断するのはおかしい。

その他のパイプライン

上述の予想利益等は、今回J&Jと契約したBTK(?)パイプラインのみで算出したが、textreamでは、もう一本、1年以内に導出があるのではないかと言われている。対象パイプラインはTNIK(Wnt-signal)で、がんを治療対象にしたものだ。J&Jとの契約を経たことから、次回の導出もスムーズにかつ良好な内容で契約ができると思われる。

※カルナ社のパイプラインの概要についてはこちら

関連エントリ:カルナバイオサイエンス役に立ちそうな書き込みまとめ(随時追加)

 - 企業分析、決算予測

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

爆死
カルナで被弾、今月は爆損です

契約一時金が約6億円と判明したカルナバイオサイエンスは叩き売りの様相です。カルナ …

カウチ
社内がごたごたしている大塚家具が中期計画を出す

代表取締役会長である父親と代表取締役社長である娘さんの対立がおさまらない大塚家具 …

寿司
ヨシックス(3221)の売上、利益、EPS推移予想(追記あり)

ヨシックスの将来予測 海帆やSLDに続いて、ヨシックスの売上や利益の将来予測を立 …

カジノ
ユニバーサルエンターテイメントのフィリピンカジノの進捗に関する翻訳記事

元記事はこちら。 THE GROUP of Japanese casino mo …

破産
銀行の国債保有高を調べてみた

国債が暴落するのは時間の問題だが、そうなっても(幸か不幸か)焼け跡にはならない。 …

glwebsite
ウェッジHD(2388)子会社グループリースの損益計算書、PERなど

以前、ウェッジ(2388)で嫌な形で損をしたので、この会社の株は買わないことにし …

tamanokoshi
スクロール堀田会長インタビューの文字起こし

業績を急回復しているスクロール(8005)の堀田会長がKCR総研のインタビューに …

wintek
wintek社の倒産前の貸借対照表を読む

2014年10月に会社更生法の手続きに入ることを表明した台湾のwintek社の2 …

ふじたろう
プロパティエージェントは「ネット系企業」になれるか!?

株式市場で高く評価される「ネット系企業」 高利益な仕組みを築いたネット系企業は、 …

restaurant
SLD(3223)の今後の売上、利益、EPS推移の予想

エスエルディー(3223)の業績予想 エスエルディーについてどう思うのか聞かれま …