nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

コミュ障が出会い系サイトで出会い、結婚するまでの道のり

      2016/08/04

妻とは出会い系サイトで知り合いました

妻とは出会い系サイトで知り合い、半年後に結婚した。結婚後6年経っていて、子どもが2人いる。

私は不安神経症気味で、コミュ症である(コミュが正しいのかコミュが正しいのかわからない・・)。イケメンでもない。

コミュ症でイケメンでもない私がいかに恋人を見つけてきたのか、どういう方策をとるのが結婚相手を見つけるのにいいのか、振り返って思うところを書いてみたい。

Sponsored Link

大学生時代

私は都内某大学の経済学部に入学したが、なんとクラス40人中、女性は3人だった。当然、彼女達は比較的イケてる男性達と同じグループに入った。なので同級生から彼女候補を探すというのは選択肢としてありえなかった。

クラスが駄目なら、サークルで探せばいいものだが、コミュ症だったので華やかなサークルに入るのは無理だった。体育会の部活も入る気がおきなかった。で、私が入ったのは、麻雀しかしていないサークルだった。部員はほぼ全員男性で、お金もかっぱがれたが、プレイ中は基本的に喋らなくてもよく、コミュ症が問題にならないのでそこに入ったのだった。記事の内容から逸れるが、夏休み中は1日おきに徹マンをしていて、今から振り返るととんでもない時間の無駄だった。

麻雀サークルで彼女作りは無理なので、他のサークルとの掛け持ちを考えた。華やかなの(テニスとか軽音とか)はキビシイので、漫研に行ってみたが、それはそれで価値観が合わないのだった。漫画は好きだが、私はオタクではなく、仲良くなれなかった。

女子大とのインカレにも行ってみたことがあるが、

女性と対峙→恥ずかしい→恥ずかしさをまぎらわすために飲み会で酒飲みまくり→泥酔→記憶無くす→どんな振る舞いをしたのかわからず、恥ずかしくなって行けなくなる

の繰り返しだった。

では、バイトはどうか?居酒屋でアルバイトしてみたが、コミュ症なので向いておらず辛かったし、バイト先からもあまり呼ばれなかった。精神的に苦痛でないアルバイトは建設現場への派遣くらいで、当然女性との出会いはなかった。

さて、私が大学生だった頃は、携帯電話が広まる初期の頃だった。当初の携帯電話は折りたたみ式ですらなかったし、画面も白黒だった。ネットも携帯向けのしょぼいサイトしか見れなかった。

しかし当時は、メル友募集サイトがたくさんあった。今よりももっとネットでの出会いにオープンで、手当たり次第に番号を入力してメールを送信してメル友を探すという行為も行われていた。

女性とメル友になって、お互いを知り、実際に会って彼女を作るという行為はコミュ症の私でもなんとかできた。大学生の時にできた彼女はすべて携帯の出会い系で知り合った人だった。

通常の人間関係から恋人を見つけるのは難しかったが、最初から1対1で異性と対峙できる出会い系はコミュ症に向いていると思った。

社会人時代

大学卒業後は、ろくな就職活動をしなかったせいで、工場で夜勤派遣社員をしていた。T芝の子会社で携帯電話を作ったり修理したりしていた。昼勤は女性もたくさん働いていたが、夜勤は男性のみだった。立ち仕事と残業でいつも疲れていたせいもあり、工場夜勤時代は彼女がいなかったし、作る努力も全くしなかった。

その後、簿記を独習して、経理の事務員になったが、給料は激安で彼女や結婚は考えられない生活だった。23区内のアパートに住んで、手取り18万円くらいだと彼女を作ることよりも、どうすれば収入を増やせるかを考えてしまう。

当時は、資格を取って、転職して収入を増やすべく、休日は資格の学校に朝から行って、日中は勉強していた。平日の仕事後も勉強をしていた。

その職場で3年ほど働いて、資格取得後に転職できたが、すでに20代後半になっていて、年収もいまだに300万円代だった(工場夜勤派遣の時の方が多かった・・)。

事務員なので、同僚の半分は女性なのだが、同僚と付き合うために行動するというのはハードルが高かった。もし、相手から拒絶されたり、付き合った後別れたりしたら、職場でずっと気まずい思いをすることになる。なので、やはり職場外で彼女を探すべきだと思った。

当時、出会いを増やすために、仲介会社にお金を払うと合コンをセッティングしてくれるというものがあった。これで何度か合コンをしたが、合コンというのはコミュ症にとってキビシイものがあるのではないだろうか?

というのも、コミュ症の人は、1対1の場合とくらべて、多対多だと会話しにくく感じるからだ。また、いいと思う女性がいても、他の女性がいる前でアプローチするのは恥ずかしい・・。

さらに、見ず知らずの女性たちと会う場合、社会的なランクが違いすぎることもある。ある合コンで、某商社の女性社員と合コンをしたが、無名の非上場企業で働く私はかなり下に見られてしまった。5大商社のどこかで働いていると言われたが、5大商社のうち1社もわからない旨伝えると馬鹿だと思われた。

そんなこんなで、お金もかかるし、合コンはいまいちだと思うようになった(この時使っていた会社は、コンパde恋ぷらんで、今も業績は順調そうだ)。

他には、路上ナンパについても考慮してみた。しかし、当時は恋愛工学のようなものが出まわっていなかったし、ただでさえコミュ症なのだから、地蔵を突破できなかった。


外国人に活路を求める

当時、大久保よりの新宿で働いていた。昼休みに韓国料理をよく食べに行き、韓国への興味が高まっていった。資格の勉強も飽きてきていたので(資格をとっても給料が上がるわけではないことに気づいてきた)、韓国語を勉強してみた。

当時は、韓流ブームが始まった初期の頃くらいで、今ほど嫌韓は世の中に広まっていなかった。また、北海道生まれの私には韓国人に対する偏見がなかった。九州出身の年配の社員が、韓国人への嫌悪を表した時、当時は率直に驚いた。今ではネットに毒されて、韓国人に対して警戒するようになってしまった・・。

韓国語を勉強すると、実際に使ってみたくなる。大久保の図書館で韓国人との語学交流会(日本人は日本語を教えて韓国人留学生は韓国語を日本人に教える)が開催されているのを知って、参加するようになった。

で、生まれて初めて日本人以外の人と会話したり、食事に行ったりしたのだけれど、外国人女性は寛容だなと思った。全員がそうではないのだろうが、日本人女性は、外国人女性に比べて、男性に求めるハードルが高いのではないかと思うようになった。

韓国人女性と付き合う、までは行かなかったが、食事に行ったり花火をしたりして久しぶりに女性と遊ぶことができた。

外国人女性

コミュ症には出会い系サイトが一番

韓国人との交流と同時並行で、出会い系サイトにも登録していた。セックス目的のものではなく、真面目なやつである。当時はヤフー出会いという名前のサイトだったが、今はヤフーパートナーに名前が変わっているようだ。

そこで、女性と連絡をとって何人かと会った。また、「モテる技術」という本を熟読して、恋人探しにおいてどう振る舞うべきかを学んだ。

この本は、恋愛工学とも内容が重複する点が多く、役に立つと思う。読みすぎて、表紙が外れてしまった。

恋人探しは難航していたが、当時、私はこう考えて自分を励ましていた。

結婚相手探しは、1勝99敗でも大丈夫なんだ、と。

相撲なら8勝7敗をキープしておく必要があるが、結婚相手探しにおいては、何度拒絶されたり、出会いが空振りに終わっても、1回、いい相手と相思相愛状態になれば勝ち抜けなのである。

さらに、20代中盤までは、毎日オナニーをしていたが、オナ禁という行為もネットで学習して取り入れた。性欲を貯めた状態のほうが、女性にたいして堂々と振る舞えるように思ったからである。

そのうち、出会い系サイトで出会いを試行するうちに、実際に一人の女性と付き合うことができた。しかし、彼女は自己卑下がひどくて嫌になってしまった。

思い切って彼女と別れて、再度出会い系で結婚相手を探した。そして、日本で働く中国人女性と会った。それが今の妻である。

外国人女性と結婚することのメリット

外国人女性というと敬遠する方もいるだろうが、いい点もあると思うのでいい点をあげていきたい。

  • 日本人女性とくらべて寛容で前向きな人が多い
  • 過度に協調的でなく独立した思考をできる人が多い
  • スタイルがいいことが多い
  • 相手の国に住むためのビザを手に入れられる

外国人女性といっても、もちろんいろんな人がいる。が、あえて大雑把に語ってみたい。

まず、外国人女性は日本人女性に比べて寛容であることが多い。寛容さは前向きさにつながる。

日本とくらべて発展途上の国の出身の人は、家族を大切にする傾向がある。家族を大切にする人と結婚した方が、暖かい家庭を築きやすい。

また、日本人女性は友人や日本的な価値観に対して、あまりに協調的/従属的な人が多いように思う。現在、オンライン英会話でフィリピンの女子大生と雑談することがあるが、彼女たちは自国の政治経済についても語れる。日本人女性は一般的にいって、価値観が幼すぎると思う。

※ただし、記憶をたどると、仕事で会った中国人女性たちは、日本人女性と同じくらい政治経済に興味がなかった。日本人女性だけが、政治経済などに疎いわけではないのかもしれない。

そして、身体的なことになるが、日本人は骨格や手脚が太い。外国人女性の方がスタイルがいい人が多いと思う。

さらに、外国人と結婚すると相手の国で生活するという選択肢も持てる。家族ビザがあれば仕事をしていなくても、外国に長期滞在ができる。日本で行き詰まっている場合、外国に行って第二のスタートを切るという手もある。

余談になるが、外国では日本人であるというだけで、恋愛市場で下駄を履かせられる国(主に発展途上国)もまだ多い。私の見聞では、日本国内でより、1~2ランク上の女性と付き合える。


結局何が言いたかったのか?

結局何が言いたかったのだろうか?まとめて見たい。

1.コミュ症には、出会い系がいいのではないか?

コミュ症は基本的に友達が少ないので、友人からの紹介とかサークルでの出会いなどは期待できない。また、多対多で出会う合コンは立ち居振る舞いが難しい。ナンパはハードルが高い。

なので、1対1で出会う出会い系的なものを利用するのがベストなのではないだろうか?メールで事前に基本的な情報をやりとりしておけば、それがスクリーニングになり時間を浪費しなくて済む。

2.日本人、特に若くてきれいな日本人女性は要求水準が高い。なので外国人も視野に入れるべき。

外国人と結婚=負け組と思う人もいるかもしれないが、実際問題、外国人女性の方が、性格や価値観の健全な人が多いのではないだろうか(私がイメージしている外国人女性は、飲み屋等で働いている女性ではなく、きちんと大学を卒業している女性である)。

日本人女性も素敵な人は多いが、素敵な人は素敵な男性とすでに懇意になっていることが多い・・。そして日本人女性は、自分の金銭稼得能力の割に要求水準が高いと思う。

なので、外国人女性を恋愛対象にすると意外にいい結果につながると思う。

3.結婚相手探しは1勝できればそれでいい

なかなかいい相手と懇意になれず、暗い気持ちになっている方もおられるかと思うが、結婚相手探しは、100連続失敗したとしてもその後1回成功すれば、トータルでみて成功なのである。

だから、妥協しすぎないで努力を継続してほしい。人生は意外と長く、その時間を楽しく過ごすために、自分の家族を持つことは有効な手段だと思う。


感想や意見はコメント欄にお願いします。

 - 性愛について

ad

Comment

  1. 通りすがり より:

    つい先日出会い系の人とデートしてフラれたばかりなので、勇気付けられました笑
    外国の人も検討してみようと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

locusts
買春は若いうちにやりこんでしまった方がよい

バンコクの夜の街を歩いた。ちょっと歩いただけで日本人買春者を200人くらい見た。 …

dna鑑定
ジーントラックで遺伝子鑑定をしてみた

子どもが私に似ていない気がする 私には息子と娘がいるのですが、娘の顔があまり私に …

fire
クラチャイダム(精力剤)はいいかも・・

性欲の減退を補うサプリメント 30代半ばから性欲が減退してきて、(抗うつ薬の副作 …

郵便
匿名、郵送で性病検査ができるキット

性病が気になる!だけど忙しい、恥ずかしい 性行為の多様化によって、性病にかかる人 …

アルピー高見沢
アルピー高見沢氏の話芸はもっと評価されていいと思う

歌舞伎町整体シリーズは新境地を開いた 歌舞伎町整体シリーズは新しかった。何が新し …