nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

2016年2月第二週の投資成績

   

中間月次成績

月次 -21.3%
年次 -27.0%

感想

2月の上旬くらいに年次ベースでプラテンしていたのですが、そこから直滑降で-27%まで来てしまいました。ハイレバで買いポジばかりとっていたらこうなったというわけです。

あとは、あれです。上場したばかりなのに下方修正を出す企業が多く、もろにくらったというのもあります(海帆、クレステック、平山)。勘弁してほしいです。

金曜夜の欧米市場を受けて、いったん買い目線になっている人が多い感じですが、現状、低PER、高利回りの銘柄が増えていて、選択肢が多すぎてどれを選んだらいいか判断しがたいですよね。

というかそもそも、今買いで入っていいかもわからないですよね。来週からは中国本土の相場が開きます。中国株が下がるのは仕方がないので、それほど影響を受けない気がするのですが、元の切下げがきつめにあると、円高になって株が売られそうです。今、買いで入るのが難しい気がするのは、為替の底がわからない点にあると思います。1ドル100円を切るという予想も増えてきました。

介入に注意しつつ円買いや元売りのポジションを低レバで持っておこうと思います。

夢の内容の変化

2014年の11月に仕事をやめたのですが、その後、たびたび仕事をやめたはずなのにいつの間にか再就職していて、いやだな~と思う夢を見るようになりました。しかし、最近はその内容に少し変化が生じていて、いつの間にか再就職していて、嫌だけど、今は株価がアレだから我慢するか~と夢の中で私は考えるようになっているのでした。

Sponsored Link

ストレングス・ファインダー

自分の強みを分析できるストレングス・ファインダーというのをやってみました。このサイトから15ドルで診断を受けることができます。言語は日本語も選べます。

結果の説明については、下記の書籍に説明があります。本を読まなくても、こういった解説サイトからも内容を理解できます。

私の強みは、
1 Intellection(内省)
2 Command(指令性)
3 Significance(自我)
4 Activator (活発性)
5 Deliberative(慎重さ)

でした。弱みとか欠点を指摘されてムカつくことが無いのが、この分析手法の良さの一つだと思います。誰だって、欠点を修正するより強みを磨いて生きたいはず。

 最近読んだ本

最近読んだ本では、下記の2冊が面白かったです。

新薬誕生(ロバート・L・シュック)

治療法が無かった病気に新薬が誕生したことで、世の中にどんなプラスの影響があったかを学べる本です。エイズの薬、統合失調症の薬、糖尿病の薬、リウマチの薬、喘息の薬・・。どれも今では普通に薬がありますが、過去には存在しなかったわけで、それらがどのようなストーリーで開発されたのか、その結果、患者の暮らしがどのように変わったのかがわかります。また、メガファーマの歴史も説明されていて、各メガファーマのバックグランドも学ぶことができます。

紹介されている薬とメガファーマは下記の通りです。

  • ノービアとカレトラ(エイズ)(アボット)
  • セロクエル(統合失調症)(アストラゼネカ)
  • ヒューマログ(糖尿病)(イーライリリー)
  • アドエア(喘息)(グラクソ・スミスクライン)
  • レミケード(リウマチ、クローン病)(ジョンソンアンドジョンソン)
  • グリベック(癌)(ノバルティス)
  • リピトール(高脂血症)(ファイザー)

極めるひとほどあきっぽい(窪田良)

アキュセラの社長、窪田良氏の自伝的な本です。これを読むと、窪田氏がとんでもなく努力家で、かつアクティブな人だということがわかります。

ここでは、同書から読み取れるアキュセラの初期の様子を紹介したいと思います。虎ノ門病院などで眼科医をしていた窪田氏は、薬の開発などを通して、全世界の眼病患者の役に立ちたいと思うようになり、ワシントン大学に留学中に起業します。

当初のビジネスモデルは、製薬企業の代わりに新薬候補の化合物を調査、分析するというものでした。会社が出来立ての頃は、オリンパスが出資していました。しかしこのビジネスモデルには欠陥があり儲からないことがわかってきたので、業態を大転換し、自分で薬を開発する企業になることを決断します。SBIなどから出資があり、25億円が集まりますが、これだと2年しか持ちません。2年で薬の元になる物質を探しださなければならない困難な状況に置かれます。

通常、薬の元になる物質を探すとき、細胞に化合物をかけて効果をみますが、アキュセラは時間短縮する必要もあって、最初から動物に投与していったそうです。薬候補の探索から、2年半、資金ショートぎりぎりの状況でエミクススタトが見つかります。窪田氏は、努力と冒険の人ですが、運が強い人でもあるように見えます。

氏は、大学院生の時に緑内障の原因となる遺伝子を発見しますが、その遺伝子の探索を他の海外のチームも手がけており、氏が最初の発見者になるかどうかはギリギリの状況でした。窪田氏は、ギリギリのところで、これまで勝ってきた印象を受けます。

エミクススタトの開発は、従来から付き合いのあった大塚製薬と提携することに決まりました。このとき、メルクなど米欧日の他の製薬会社からもオファーがあったそうです。ちなみに大塚製薬を選んだ理由には、

米国の製薬大手がバイオベンチャー企業と契約する場合、バイオベンチャーが弱った時に丸ごと買収することを念頭に入れているので、相手のベンチャー企業が安定的に成長できる形にはしないという裏事情もある。

からだそうです。

エミクススタトの開発がうまくいけば、上記の新薬誕生に載っている薬たちと同じくらいのインパクトを世界に与えられそうです。開発がうまくいくことを祈っています。

※アキュセラについて、テキストリームから有用な発言を抜粋したページを作りました。コチラです

 - 月次成績、月末PF

ad

Comment

  1. qさん より:

    お疲れさまです。

    12日に190万円ほど損切りしました。現在、変なバクチ株をかって、含み損200万円の状態です(笑)

    日経先物・円安により、明日はリバウンドすると思いますので、含み損200万円の株をちゅうちょなく損切りする予定です。

    当面はオーバーナイトせず、デイで稼ぎます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

dorset
2016年10月月次成績

月次成績 月次 +6.1% 年次 +57.1% 月末ポートフォリオ 1333 マ …

2016年1月月次成績

月次成績 月次 -7.3% 月末ポートフォリオ 1381 アクシーズ 2681  …

夢
2015年5月月次成績

月次成績 前月比 +9.0% 前年比 +77.4% 月末ポートフォリオ(主要なも …

馬
2015年10月月次成績

月次成績 月次 +50.3% 年次 +117.0% 相場に関する所感 もともと信 …

railroad
2015年9月月次成績

月次成績 前月比 -13.0% 前年比 +44.4% 月末ポートフォリオ(コード …

monitoring
2016年4月月次成績

月次成績 月次 +19.6% 年次 +79.6% 月末ポートフォリオ 1436  …

山
2015年8月月次成績

月次成績 前月比 -14.1% 前年比 +65.9% 月末ポートフォリオ(時価の …

春
2015年3月月次成績、月末ポートフォリオ

月次成績 前月比 +30.8% 前年比 +21.6% 月末ポートフォリオリオ(主 …

dj
2015年6月月次成績

月次成績 前月比 +24.5% 前年末比 +120.9% 月末ポートフォリオ(主 …

horses
2016年9月月次成績

月次成績 月次 +11.8% 年次 +48.1% 月末ポートフォリオ 1430  …