nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

面白い本が出た!その他雑記

   

遺伝や人間のデフォルトの設定、外見などについて書いた新書が出た

投資好きの人にはおなじみの橘玲氏の新作が面白いので紹介する。

この本は、日本のマスコミや教育現場(除く大学)ではほとんど語られることのない、「政治的に正しくない」事実を各種取り揃えて紹介した本だ。しかし、大学で使われるテキストでは橘氏が紹介する事柄は常識的だ。

人間の能力がどれだけ遺伝に規定されているか書いている点がまず面白い。

現代の日本の教育現場では、人間は空白の石版で、努力や環境次第でどのようにも書き換えが可能、という前提にたっているが、実際は違う。

論理推論能力などの理系的な能力は大きく遺伝に規定されている。知能、身長、体重、精神病にかかる確率、犯罪を犯す確率、アル中になる確率も遺伝する。

こういったことは、直感的には皆正しいと知っているものの、教育現場では無視されているから、対策もされない。馬鹿は無益な努力を強要され、優秀な人間は平均的なカリキュラムによって能力を伸ばしきれない。

さらに踏み込んで、遺伝だけでなく、人種によって知能に差がある点も指摘している。人種ごとの環境の違いによって、知能レベルに差が出るというのではなく、人種によって先天的な知能の差があると書いている。

この本によると、アジア人(中国、韓国、日本など)>白人>ヒスパニック>黒人の順で先天的に知能が高いそうだ。

Sponsored Link

人間の考え方や価値観は、進化の過程で形作られた。人間は生まれながらにして、価値観のOSをインストールされている。

たとえば、自分の子孫数を最大化したいという価値観が設定されているから、実子を育てる場合に較べて、連れ子を育てる時に虐待や殺人が起きやすい。

こういった人間の動物的な側面を紹介しているのも面白い。

他には、顔と性格の関係も科学的にわかってきており、顔の横幅の広い男性は、テストステロンが多く、攻撃的で組織のトップに登りつめやすいなどのことが紹介されている。

この本がどれくらい売れるかわからないが、ベストセラーになれば日本も捨てたものではないと思う。分厚い専門書を読む時間が無い人も気軽に読めるように書かれているし値段も安い。キンドル版も出ているので是非。

「言ってはいけない 残酷すぎる真実」に関連すると思われる書籍

ピンカーの「人間の本性を考える」は、人間がある程度先天的に規定されていて、後天的に能力や資質を自由に書き換えできるわけではないという点を書いた本。

こちらのピンカーは、スティーブン・ピンカーの姉(だったはず)。人間の性差によって生じる能力や性格の差について書いている。

デヴィッド・M. バスの著作は、男女の性戦略の違いから来る行動の違いについて書いていて面白い。進化心理学の知見は、恋愛工学にも取り入れられている。

人の顔と性格の関係について統計的に確認できている事柄が25点紹介されている。丸顔の人は自信に満ちている、などの事実だ。

人を見た目で見抜く技術は実生活で役に立つと思う。

バイオ銘柄への投資で資産が大きく増えた

実生活では自慢できないのでここで書かせてください。

昨年末頃の安値と較べてアキュセラが6-7倍、サンバイオが2.5倍になったおかげで、ようやく資産が1億円を大きく超えた。

昨年の夏頃にも、ぎりぎり1億円に到達したことがあったが、中国ショックの暴落を受けて、1億から遠ざかってしまった。しかし、3月、4月のバイオベンチャーの爆発的な水準訂正によって資産が1.5億を超えた。

水準訂正、と書いたのは、私が投資した先は、行き過ぎた株価の上昇(バブル)ではないと思っているからだ。

アキュセラは、試験が無事終わり、6月に結果が出ることになっている。クレバーな投資家なら、いったんすべて利確して結果を見てから再度動くのだろうが、それだと男らしくないし、試験結果はポジティブなものが出ると思っているので、そこそこの量を持ち越し勝負しようと思っている。

アキュセラとサンバイオの他には、メドレックスを3月から買っていて、こちらも楽しみである。

サンバイオは楽天今中氏のレポートがわかりやすくてよい。短期的にはカタリストが無いが、数年持つと景色が変わるものと思っている。

バイオ株への投資はバリュー投資、ファンダメンタル投資か?

ファンダメンタル投資やバリュー投資を標榜する人の中には、バイオ株を敬遠する人がいるが、赤字のバイオ株への投資もファンダメンタル投資、バリュー投資である。

広義のファンダメンタル投資は、すごく簡単に書くと、

企業価値<株価

となっている銘柄を買うことだ。バイオ株も、期待値を使って、企業価値を推定できる。

PBRが小さい株への投資だけをバリュー投資だと語る人もいるが、現在の解散価値だけでなく将来の期待収益も考慮して、割安か割高かを判断する投資もバリュー投資であって、やっていることは変わらないと思う。

 - 本の感想

ad

Comment

  1. Yoshi より:

    億越え、おめでとうごさいます!(^o^)/

  2. nextir35 より:

    >yoshiさん
    ありがとうございます。yoshiさんがアキュセラを進めてくれたのが資産を伸ばせた一因です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

そーせいチャート
バイオ企業投資に役に立つ本

勢いのあるバイオ企業株! バイオ企業の株価が、最近熱いです。この分野への投資に役 …

book
読書感想「個人投資家の逆襲」山口三尊

表題の本を買って読んでみた。以前は、法整備が今より杜撰だったようで、大株主だった …

bodybuilder
【予防医療】「いいアブラ」系の本は一読に値する【健康】

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術という本を読み終えた。著者はカナダ人の …

trail
心と身体の健康のために原始的な環境を取り込む現代人

読書感想とそれから派生するアレコレについて書こうと思います。今読んでいる本は、「 …

鈴木傾城氏の小説は素晴らしい

鈴木傾城氏の小説を読んでみたが素晴らしかった。 氏の実体験を反映しているのかどう …

flower
物理的な感覚と感情の関係

最近おもしろい本が出版された。物の硬さや柔らかさ、熱さ・冷たさ、重さ・軽さ、色、 …

water
国税の裏側、租税協定の威力、税金亡命などがわかる小説

佐藤弘幸氏の税金亡命という小説が面白かった。 著者は国税庁の資料調査課の出身。こ …

継続すること
チャンスは何度でも来る

五月さんの考えが変わった? 投資家界隈で話題の「勝つ投資 負けない投資」を御多分 …