nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

悪夢のフィリピン滞在

   

5月中旬に退職ビザを取りにフィリピンに来て、もうすぐ2ヶ月になる。私と子どもはすでに退職ビザを取得したが、中国籍の妻は、退職ビザ以前に必要な、滞在のための観光ビザの延長の許可を待っている状況で、いつになったら帰国できるのかわからない。

日系の代理店がイミグレへの申請を代行している。その代理店は評判の良いところだが、私達のケース(日本人配偶者の妻である中国人)がイレギュラーなためか、代理店の言うことは今のところ全く当てになっていない。担当者はおそらく新卒の日本人女性で、ビザ関連を扱っている日本人は彼女だけのようだ。会社に電話して、他の人と話した際に、彼女の上司は誰なのか聞いたら社長の名前を言われたからだ。

Sponsored Link

本来、6月末にはビザ取得が終了して帰国できている予定だったが、未だに(妻の)観光ビザの延長で躓いている。私たちのケースは、全くうまくいっていないのだから、それなりの立場の人や経験のある人から何か一言あってもいいのではないかと思われるが、新卒女性以外からは何も連絡がない。一度、会社に訪問した際も、彼女の上司に会わせてほしいと言ったが、叶わなかった。この新卒女性もメールの返事が遅くて、本当に私達のことを思っているのか疑問に思える。

2週間前に、アディショナルなフィーを払えば、1週間で観光ビザの更新手続きが終わりますよと言われ、払ったが、いまだに待たされている。

ビザの更新について権限があるのはイミグレにいる弁護士だそうだ。なぜ政府機関に弁護士がいるのかわからないが、そうらしい。代理店の担当者曰く、彼らをあまりせっつくと却って機嫌を損ねることがあるから、強くプッシュできないそうだ。

直接面会して頼むことはできないのか聞くと、担当の職員以外その弁護士達には会えないそうだ。さるブログによれば、フィリピンの警官と弁護士は悪人だらけだそうだ。

五里霧中な状況だが、子どもと私が普段飲んでいる薬が切れるので妻を置いて、先に帰国しようと考えている。妻だけ置いていくのは心配だが、全員でここに残るのも辛い。特にいつまでいることになるのかわからないのが辛い。

お金はUFJ銀行のカードを使えば日本に預けてあるお金をペソで下ろせるので心配がない。滞在しているマカティは治安も悪くない。

では、マカティの生活の何がつらいかというと(薬がなくなること以外で)、道路が渋滞していたり、タクシーが捕まりづらかったり、タクシーの運転手の乗車拒否があったりして外出するのがまず大変だ。4、5キロ先の目的地に行くだけで、子どもは車酔いも相まってグロッキーになってしまう。また、近場には運動できるような公園がなく、恒常的に子どもが運動不足になる(大人はホテルのジムが使える)。

順調にいけば、観光ビザ更新後、妻も退職ビザを再申請して取得するつもりだったが、別にとらなくてもいいか、という気になっている。

というのも、また退職ビザ申請中に観光ビザが切れたと言われるのが怖いからだ。

ただ、退職ビザを取らないとなると、もうすぐ滞在60日になるので別途外国人登録証の取得が必要になるかもしれない。そしてこれの取得にも1週間程度かかるとさるブログに書いてあった。うんざりする。

フィリピンにいて疲れるのは、フィリピンで接する人はたいてい表面上は穏やかで誠実に見えるのに、実際の対応は悪意があるかのように稚拙であることだ。日系の代理店もそうだ。表面上は、全力を尽くすとか、申し訳なく思っていると言うがなんの成果も上げてこない。

後から、事前には聞いていない、理不尽に思える事態に付き合わされる。

閑話休題1、マラテ・エルミタ地区の治安はよくなっているように感じた

先日、最初にマニラに来た時に宿泊したマラテ・エルミタ地区を一人で再訪した。

当初訪れた時は、小学生くらいのストリートチルドレンがタバコをふかし、シンナーを吸っているのを目撃してびびった。通りを歩いていると、ポン引きにしつこく声をかけられるし、街娼にも声をかけられた。路上で生活している人がたくさんいた。

しかし、先日訪問した際は、拍子抜けするほど街から緊張感がなくなっているように感じた。日曜の午前中だったからかもしれない。しかし路上生活者はかなり減っているように思えた。ストリートチルドレンは一人も見かけなかった。あのあたりは治安がよくなっているのだろうか?

閑話休題2、東南アジアでは中華系の人々が優等生

日本では中国人のマナーの悪さなどがよくニュースになるが、東南アジアでは中華系の人(華僑)は他の現地人と比べて優秀であることが多い。マレーシアでは、華僑が多く住んでいる地域=治安のいい地域と書いてある記事を読んだことがある。

華僑は、勤勉さ、用意周到さ、継続的な努力などの面で、その他の東南アジア系の人たちに勝っているように見える。橘玲氏の「言ってはいけない」という著作に「人種間の資質には差がある」という説が載っていたが、東アジア人(中国、韓国、日本)は人種的に東南アジア人に勤勉さなどの面で優っていると思う。

 - 海外移住

ad

Comment

  1. hatsu より:

    価値観は人それぞれですが、
    お話を伺っていると
    お金を増やすことよりも、
    日本人と結婚して日本で住む方が、、、と

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

マレーシア
マレーシア移住計画を断念

結構前から、マレーシアに移住してみたいと考え、MM2Hビザの取得準備をしてきまし …

フィリピン人
現代フィリピンがわかるブログを紹介します

海外移住の選択肢の一つとして、フィリピンのリタイアメントビザを取得しました。結果 …

cambodia
シェリムアップ(カンボジア)を視察してきました

シェリムアップを見てきました 以前、カンボジアについて調べたのですが、決算シーズ …

lychee
マレーシアと中国に行ってきました

マレーシアでMM2Hを取得 以前から手続きをしていたMM2Hビザをマレーシアで取 …

sunset
フィリピンの退職ビザ取得は実質失敗になりそう

これから治安がよくなっていきそうな国、英語が通じる国、経済成長している国というこ …

海外生活
海外移住は子どもがいると一気に億劫になる

サボール氏がタイから帰国していた これまで時々海外移住ネタについて書いてきました …

アンコールワット
カンボジアについてのメモ

カンボジアに行こうかなと思っています。ビザの要件がゆるいから・・。 カンボジアに …

manila
海外で体験したトラブル・詐欺・怖い話

海外で経験したトラブルや詐欺など困った体験、怖かった体験について書く。 中国で体 …

税金
海外各国の所得税をまとめてみた

財政赤字の累積や円安など日本にいると自分の財産を無事保持できるのか心配になります …

davao
ダバオ視察

海外移住の候補地としてフィリピンのダバオを見てきた。 ひとことで言うと、のんびり …