nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

海外で体験したトラブル・詐欺・怖い話

   

海外で経験したトラブルや詐欺など困った体験、怖かった体験について書く。

中国で体験したトラブル

日本人と交流したいという小姐と喫茶店に行ったら・・

上海に初めて行った時の話だ。一人だった。地下鉄・人民広場駅で降りて、賑やかな通りを歩いていた。

すると片言の日本語を話す中国人女性に話しかけられた。履いているスニーカーがかっこいいね、とか日本語を勉強したいから話したいと言われた。喫茶店に一緒に行こうと言われ、ついて行った。店名は上島珈琲。あとで調べたら、日本の上島珈琲とは無関係だそうだ。

やや高級な店内で、女性はなんとお酒を注文しだした。しかも不自然なくらいハイペースで飲んでいる。ぽかーんとしていると、友達を呼び、二人で飲みだした。そして、お会計になり、当然のように私が支払うことに。日本円にして1万5千円だった。女性たちは店から出た後、あっという間に去って行った。

※上島珈琲で検索したら、同様の話がこちらに書いてあった。

white-shirt

財布の中の札がすべて偽札にすり替わっていた!

会社の飲み会が終わり、宿舎に帰るため、タクシーに乗っていた。やはり上海の話である。目的地についたので精算をしようと100元札を出したら、突き返された。お釣りの小銭が無いという意味かと思い、近くのパン屋で何か買ってくずしてくるよと提案すると、運転手は「この札は駄目だ」と言っている感じで、他の財布に入っている札も見せてみろと言ってきた。よくわからないが、財布に入っている100元札をすべて渡してチェックさせた。

運転手は不満気だったが、結局100元札を一枚受け取って行ってしまった。

Sponsored Link

翌日、どこかで買い物をしようとしたら、店員にこれ偽札だよと言われ、突き返されてしまった。社内の偽札に詳しい人に持っていた札を見せると、なんと100元札すべてが偽札だった。どこかですり替えられたらしい・・・。一番怪しいのはあのタクシーの運転手だが、それ以前にどこかですり替えられていたのかもしれない。100元札10枚程度だったので、1万5千円くらいの被害だ。

中国には偽札が多く出回っているため、レジにはたいてい偽札チェック機が置かれている。偽札を掴まされた人はそういう機械がない場所でお金を使うなどして他の人に偽札をパスする、と中国人社員が言っていた。

スラム街でマッサージの勧誘についていったら・・

またまた上海の話。会食の用事が終わって、宿舎に戻ろうとしていた。初めて来た場所だったので、ぶらぶら歩いて観察していたら、古くてゴミゴミした建物の前で女性からマッサージの勧誘を受けた。

上海にマッサージ屋はたくさんあるが、このような呼び込みをしているところは基本的に無い。だからこの勧誘はとてつもなく怪しい。

この当時、上海にはだいぶ慣れたつもりだったので、どんな「騙し」を仕掛けてくるのか知りたくて女性について行った。

古い建物が密集している場所を案内された。何度も角を曲がったので、方向感覚がはっきりしなくなった。部屋に案内され、ベットの上にうつ伏せになるように言われた。女性は上に乗って、背中をマッサージしてくる。

その時、彼女の電話が鳴った。電話が終わると、女性は「警察が手入れに来るからすぐ帰れ」と言ってきた。彼女について、スラムのような場所から出て別れた。料金は請求されなかった。なんだったんだ今のは?と思った。財布を念のために確認したが異変はなかった。

翌日、バックの中を見るとあるはずの電子辞書がなくなっていた。昨日のマッサージの時しか考えられない。バックはベットの側に置いていた。

マッサージ師が私の背中に乗ってマッサージをしている最中に、誰かがそっと部屋に忍び入って電子辞書を抜き取っていったのだろうか・・・?

 

ATMから取り忘れたカードは吸い込まれる

中国のATMでお金を下ろした後、カードを取らずにいるとATMがカードを吸い込んでしまう。置き忘れたままのカードが他のユーザーに盗まれてしまわないようにするためか、そういう仕様になっている。

銀行の窓口に行くと返して貰える。

フィリピンで体験したトラブル

馬車乗りのガイド料は高くつく

マニラのマラテ地区をぶらぶら歩いていた。海辺でぼーっとしていると、観光客用の馬車乗り(婆さん)に話しかけられた。

「日本人か?」「俺の家族も日本で働いているんだよ」などとフレンドリーに接してくる。馬車乗りがアレコレ場所を提示して、乗っていかないかと聞いてくる。銃を打てる場所があると言われ、面白そうだったので馬車に乗って連れて行って貰うことにした。

馬車乗りの婆さんが言う射撃の価格は安かったが、それは一発あたりの価格で、トータルすると1万5千円くらいかかった。「こんなにかかるんだったら射撃なんてするんじゃなかったよ」と思った。

元の場所に馬車で戻って、馬車乗りの婆さんにガイド料を支払おうとすると当初の価格から数倍に増えていた。言い争う気力も無くなり、お金を払って縁を断った・・。

カンボジアで体験したトラブル

人気のない場所を疾走するバイタク

有名な遺跡アンコールワットがあるカンボジアのシェリムアップに行った時の話だ。10キロほど離れた遺跡を見に行こうと思い、バイタクの運転手と交渉した。値段が決まって、実際に連れて行ってもらった。

運転手は英語が話せるが、それほど上手ではないし、私の聞き取り能力も低かった。当初行った遺跡の近くに、他にも遺跡があり、そこも見に行くか?と聞かれたので「OK連れてってくれ」と返事をした。そういうやり取りを何度かした後、バイタクはしばらく止まらずに走り続けた。

道路が舗装から砂利道になり、周りの家は高床式で電気も水道も来ていないサバンナのような場所になった。すれ違う車も無い。携帯は圏外になってしまったので、自分が今どこにいるのかわからない。

cambodia

これはもしかして、どこか人気の無い場所で荷物を全部奪ったり、殺したりするやつではないかと思った。そんなことができそうなほど人気のない道をバイタクは走った。

そして一時間以上走った後、当初いた場所から70キロ離れた別の遺跡に着いたのだった・・。私の英語力にも問題があるのだろうが、そんな遠くまでいきなり行くのかよ・・。

街に戻った後、当然のように当初の約束より高い料金を請求された・・・。

この記事は下記書籍にインスパイアーされて書いた。

 - 海外移住

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

davao
ダバオ視察

海外移住の候補地としてフィリピンのダバオを見てきた。 ひとことで言うと、のんびり …

フィリピン人
現代フィリピンがわかるブログを紹介します

海外移住の選択肢の一つとして、フィリピンのリタイアメントビザを取得しました。結果 …

cambodia
シェリムアップ(カンボジア)を視察してきました

シェリムアップを見てきました 以前、カンボジアについて調べたのですが、決算シーズ …

マレーシア
マレーシア移住計画を断念

結構前から、マレーシアに移住してみたいと考え、MM2Hビザの取得準備をしてきまし …

税金
海外各国の所得税をまとめてみた

財政赤字の累積や円安など日本にいると自分の財産を無事保持できるのか心配になります …

海外生活
海外移住は子どもがいると一気に億劫になる

サボール氏がタイから帰国していた これまで時々海外移住ネタについて書いてきました …

アンコールワット
カンボジアについてのメモ

カンボジアに行こうかなと思っています。ビザの要件がゆるいから・・。 カンボジアに …

northern-lights
悪夢のフィリピン滞在

5月中旬に退職ビザを取りにフィリピンに来て、もうすぐ2ヶ月になる。私と子どもはす …

lychee
マレーシアと中国に行ってきました

マレーシアでMM2Hを取得 以前から手続きをしていたMM2Hビザをマレーシアで取 …

sunset
フィリピンの退職ビザ取得は実質失敗になりそう

これから治安がよくなっていきそうな国、英語が通じる国、経済成長している国というこ …