nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

国税の裏側、租税協定の威力、税金亡命などがわかる小説

   

佐藤弘幸氏の税金亡命という小説が面白かった。

著者は国税庁の資料調査課の出身。この小説は、脱税、脱税調査、税金を逃れるための海外逃亡、タックスヘイブンを介した税金逃れなどについてリアリティをもって書かれている。

粗筋

不動産売却で10億円の利益を得ることになった木戸という男が、国税OBの税理士に謝礼を渡して脱税のノウハウを教えてもらう。脱税方法は、架空の経費を計上して所得をなくすというもの。

人権団体も兼ねた情報会社に情報料としてお金を払った後、キックバックしてもらう。南米の小国の領事館職員の協力を得て、その国と商取引をし、違約金を払うことになったように見せかけて、実際は払わないなどの手法で架空の、だけれど調査しにくい経費を計上する。

仕上げに法人の名称と住所地、代表者を変更して清算してしまう。

このようにして浮かせた金を木戸は香港の銀行に預けて脱税を試みる。それに対して、国税局職員が脱税を暴こうとするというストーリー。

得られる情報

この小説を読むと下記の事柄についてわかる。他の本で、このようなことを詳細に書いているものがなかったので勉強になった。

  • 租税協定を結んでいる香港がどの程度日本の国税に情報を渡すか
  • 国税局はどのような状況で動くか、どのような案件を嫌がるか
  • 香港以外の国も利用して、ノータックスの企業を作るにはどうすればいいか
  • 現金を送金ではなく、ハンドキャリーで海外に持っていくとどうなるか?
  • 香港の銀行の担当者と仲が良くなるとどんなメリットがあるのか
  • 真の株主を隠せる香港のノミニー制度を使うとどんなことができるか

今後、日本の税金は上がっていくと思うので、脱税したい人でなくても、海外移住に興味がある人や、合法的に節税したい人にはおすすめの内容である。

Sponsored Link

おまけ:今後の税金はどうなるか、予想

所得税の最高税率が45%、相続税の最高税率が55%という点を鑑みて、株の譲渡益、配当についての税金はあがると私は思っている。

株を持っている=比較的裕福でもあるし、取りやすいところから取るのではないか。30%を超えると法人税率より高くなってしまっておかしいので、現在の20%が25%程度になると予想している。最悪、30%。さすがに30%超えは源泉徴収方式(特定口座)では無いはず・・。

この税率なら、欧米もこれくらいだからというエクスキュースも使える。

他に小さな会社から、社会保険料をきっちり取るのではないか。社会保険への中小企業の対応(節税ならぬ「節社会保険料」)について下記記事が面白かった。

社会保険の未加入企業は「逃げ切り」ができるのか?

さらにおまけ:小金持ちはどこに移住するといいのか?

めちゃくちゃ資産が多くて、海外に移住したい人は先進国(シンガポールも含む)に移住するのがいいのではないか。途上国は治安が悪かったり、不便だったりするので。香港は大気汚染がきつい・・。

では、それほど資産が多くない小金持ちはどこに移住するのがいいのだろうか?ビザが取りやすく、日本からさほど遠くないのはマレーシアとフィリピンである。

以前、マレーシアの治安の悪さとそれに伴うであろう苦労から、マレーシアへの移住を断念したが、マレーシアはフィリピンに比べると先進国で、やっぱり魅力がある。

疲れてきたので、結論だけ書くと、マレーシアかフィリピンに移住するのであれば、マレーシアのペナン島に移住するのがもっともいいのではないかと思う。マレーシアの弱点、治安面がそれほど悪くなさそうだからだ。フィリピンは、ドゥテルテ氏が行政機関を俊敏で効率的でクリーンな組織にしてくれればいいかもしれない。ただ、ドゥテルテ氏は、労働者の強制正社員化を進めていて、経済政策は金持ちに厳しいのかもしれない。今後も研究を続けたい。

マレーシアでの投資生活について下記ブログが詳しい。実際にMM2Hビザで居住されている方のようだ。

投資をまじめに考える 2 マレーシア編

著名な個人投資家の方々はどう考えているのだろうか?有名な投資家の某氏がツイッターで米国の不動産視察をしていると以前書いていたが、米国に移住を考えているのだろうか?気になる・・。

 - 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

bodybuilder
【予防医療】「いいアブラ」系の本は一読に値する【健康】

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術という本を読み終えた。著者はカナダ人の …

trail
心と身体の健康のために原始的な環境を取り込む現代人

読書感想とそれから派生するアレコレについて書こうと思います。今読んでいる本は、「 …

flower
物理的な感覚と感情の関係

最近おもしろい本が出版された。物の硬さや柔らかさ、熱さ・冷たさ、重さ・軽さ、色、 …

book
読書感想「個人投資家の逆襲」山口三尊

表題の本を買って読んでみた。以前は、法整備が今より杜撰だったようで、大株主だった …

そーせいチャート
バイオ企業投資に役に立つ本

勢いのあるバイオ企業株! バイオ企業の株価が、最近熱いです。この分野への投資に役 …

鈴木傾城氏の小説は素晴らしい

鈴木傾城氏の小説を読んでみたが素晴らしかった。 氏の実体験を反映しているのかどう …

lion
面白い本が出た!その他雑記

遺伝や人間のデフォルトの設定、外見などについて書いた新書が出た 投資好きの人には …

継続すること
チャンスは何度でも来る

五月さんの考えが変わった? 投資家界隈で話題の「勝つ投資 負けない投資」を御多分 …