政治資金収支報告書を献金者の名前で検索できるようになった

政治資金収支報告書を可視化する「公益財団法人政治資金センター」

先日、twitterでも少しつぶやいたが、公益財団法人政治資金センターが運営しているウェブサイトが政治家の資金収支をより理解しやすいものにしている。

↓こちらのサイトです。

http://openpolitics.or.jp/

政治家が寄付金等を受け取る政治団体は、国レベルのものから地方レベルのものまで複数あることが普通で、特定の政治家の政治団体全てを見るにはどうすればいいか私にはわからなかったが、このサイトは政治家ごとに政治団体を一覧できるようにしている。

たとえば、辻本清美議員なら、下図のように関係する政治団体が一覧になっている。

辻元清美政治団体

さらに、このサイトでは政治資金収支報告書を文字検索できるようにしているので、政治家の名前だけでなく献金者の名前でも検索ができる

たとえば作曲家の「すぎやまこういち」で検索すると、献金先と思われる、安倍晋三、稲田朋美、中山恭子、薗浦健太郎の政治団体が表示される。

検索の精度はまだ粗いようだし、献金者が献金ごとに微妙に名前を漢字にしたりひらがなにしたりして変えることがあるので完全に献金行動を把握できるわけではないが、それでもこれはかなり便利な機能だ。

検索結果

簡単に名前・住所・職業が載ってしまう政治資金収支報告書

特定の政治家に年間5万円以上献金すると名前・住所・職業が表示されてしまう。なので献金する側からしてみると、このサイトが悪用されないか心配だ。

私も2017年分では特定の政治家に5万円以上献金しているので、いずれ政治資金収支報告書に名前・住所・職業が載ってしまう。

はっきりいって、名前が載る・載らないの線引が5万円なのは金額が小さすぎる。せめて50万円以上から名前が出るようにしてほしい

いずれは地方議員分も追加されるか?

このサイトを運営している財団法人に資金力とやる気があれば、いずれは地方議員の政治資金収支報告書もデータベース化されるのではないだろうか。

ネットのおかげで、全国的に有名な地方議員も増えてきているので需要はあると思われる。

2016年分は今月発表されます

毎年11月末に政治資金収支報告書の公表がある。興味が有る方は見てみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする