今月の雑記2018年4月No.1

米国の北朝鮮攻撃は無いような気がしてきた

米国の人事その他の動向を見て、北朝鮮への軍事攻撃は高い可能性であると考えていたが、やはり「無い」ような気がしてきた。

これといったはっきりとした理由はないが、金正恩の外交上の立ち回り、中国と北朝鮮が首脳会談をしたこと、米国が中国に対して経済制裁を正面切って行っていることなどを考えると米朝軍事衝突は無いように思える。

北朝鮮が中国に接近し、中国は米国が北に先制攻撃をした場合は北を助けると言明したこと、米国が対中経済制裁を課していて協調関係を結ぼうとしていないことを考えると軍事オプションの可能性は低いように思える。

北の軍事技術が他国に拡散しないことや、米国を攻撃できるような軍事能力を持たないことを条件にして手打ちにするのではないか。なんとなくそう思える。

「シュミレーション米朝開戦20XX年」というムックが出ており、これによると米国が北朝鮮を攻撃した場合の日本への難民数は北と南をあわせて200万人超もありえるそうで、この数字を見ると現状維持の方がましに思えてくる。一時収容するだけでいずれは送り返すにせよ、100万人超の難民に対処するのは難事である。費用も人手(自衛隊や警察?)も莫大にかかるし野党は難民を日本に永住させるように要求するだろう・・。受け入れたら受け入れたで仕事をみつけて自活するのは50%以下で、大半は生活保護受給者になるはず。悪夢の人口増である。

北朝鮮の脅威を上手に材料にしながら、日本は安全保障を充実させていくほうがいいのかもしれない。

為替水準にもよるが、米朝戦争が無いとすれば、初夏あたりが相場の底で7-8月から株式相場は元気を取り戻すのではないか。

腰痛バンドは効果がある

腰椎間板ヘルニアの初期症状が出ていて、靴をはくために前傾姿勢をとるのさえつらい日が続いていた。なんとなくアマゾンで腰痛に関する本を検索していたら下記の著作がみつかり買ってみた。

満遍なく読んだわけではないので原理はよく理解していないが、腰骨のところにゴムバンドを巻いて運動をすれば腰椎間板ヘルニアが軽快するそうだ。

さっそくアマゾンでバラコンバンド(バランスコントロールバンド)を買って腰に巻いて運動をしてみたところ、確かに腰痛が治まってきた。本の著者が販売しているゴムバンド以外にもっと安いものも販売されていてそちらでも同様の効果がある。

腰椎間板ヘルニアに悩んでいる人にはおすすめだ。

放送法4条を撤廃しても世の中はさほど変化しない!?

放送法4条撤廃が提案されている。これを受けて電波オークション開催だとか、地上波テレビへの新規参入だとかが期待されているがそういったことは起きるのだろうか?

池田信夫氏が書いた記事によれば、「空いている電波帯はインターネットに割り当てられ、今から地上波の中継局に巨額の投資をして参入する業者はない」そうだ。

参考記事:読売新聞ナベツネ主筆の誤解している放送改革

地上波の放送局が増えて、保守系のテレビ局ができたらいいなと思っていたが、池田氏の予想の通りになるのであればこれといった変化は起きないのではないか?

ニュース女子のような保守系の番組がBPOに恣意的に批判されなくなるというだけで、テレビは現状のままか、最悪もっとおおっぴらに偏向するのではないか。しかし仮にテレビがさらに偏向したとしても、テレビを真に受ける人は減っているはずで世論への影響は今と変わらないように思う。つまり大きな変化はないとみるがどうだろう?

twitterの住所地を変更することでストレスを減らせる

PCでツイッターを見ていると、左に表示される「○○のトレンド」が鬱陶しい。下図のようなやつだ。見たくなくても目にはいるし、時折左翼の政治工作がランクインしていたりして癪に障る。

しかし、住所地を変更して読めない言葉が表示されるようにすれば気にならなくなる。

下図はモスクワのトレンドだ。ロシア語は読めないから全く気にならなくなった!中東もおすすめだ。

twitter公式アプリの「今日のモーメント」も鬱陶しいので表示しないようにしたいが、今のところ消す方法がないようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ベル(専業投資家) より:

    腰痛にお悩みならブロック注射を試して見てはどうですか。
    麻酔科ですぐ注射してくれますよ。
    異常に興奮して痛みの原因となっている神経に麻酔を効かせるもので
    腰の後ろから注射します。
    7回注射しましたが私はこれで腰痛が無くなりました。

  2. nextir35 より:

    >ベルさん
    ありがとうございます。検討してみます。