危険な人々があなたの子供に教えている[翻訳](Dangerous People Are Teaching Your Kids)

ネットで話題になっていた動画ジョーダン・ピーターソン(Jordan Peterson)の「Dangerous People Are Teaching Your Kids」というユーチューブ動画の翻訳です。例によって間違いがあるかもしれませんのであしからず。

あなたはまだ気づいていないかもしれないが、あなたは危険な人々にお金を与えている。

危険な人たちは西洋中でルサンチマンに満ちたイデオロギーで若者を洗脳している。

彼らは西洋の市民社会を弱体化させることを自己の使命としており、西洋の市民社会を腐敗しており、抑圧的で男性優位だとみなしている。

あなたが納税者なら、もしくはあなたのお子さんの文系一般教養過程の学費を払っているなら、あなたは彼ら虚無的なギャングに財政支援していることになる。

あなたは全ての真実を主観的だと主張する人々を支援していることになる。彼らは言う。全ての性差は社会的に作られたものだと。西洋の帝国主義は開発途上国の全ての問題の唯一の原因だと。

彼らはポストモダニストで、進歩的な行動主義を大学で繰り広げている。

彼らは大学キャンパスで暴力的に言論弾圧を行う暴徒を産み出す。暴徒たちは言葉狩りを行い、性差に関して発明された新規の代名詞を使うよう強制する。大学の学部長の生計は、わずかに存在するか、あるいは全く存在しない差別を狂信的に根絶することに懸けられる。

彼らの思考は1960~70年代の西洋の大学で築かれたもので、当時その急進的左翼主義を信じた人たちが今日の教授になっている。

今日、私達は、私達の子供が批判的に物事を考える方法や、きちんと文章を書く方法、正確に話す方法を学ぶためではなく、おかしな人達の破壊的な教えを学ぶために学費ローンを背負い込んでいる。

今ではシェイクスピア作品を読まずとも英文学の学位が取れる。シェイクスピアは、「現代の社会的抑圧を作り出した死んだ白人男性の一人に過ぎない」という扱いなのだ。

ポストモダニストを理解し、彼らに反論するために、彼らの根底にある考えを明確に定義づける必要がある。

第一に、彼らの三種の神器は、多様性(diversity)、平等(equity)、一体性(inclusion)である。

多様性は、意見によって定義づけられるのではなく、人種や民族、性的自我によって定義される。

平等は、もはや称賛されるべき機会の平等ではなく、結果の平等へのしつこい要求となっている。

一体性は、誤った平等概念から導き出されたアイデンティティに基づく数の割当である。

伝統的な西洋社会の権利は、これらの新概念より劣ったものとみなされる。

民主主義の根底を成す「発言の自由」を例にとってみよう。

ポストモダニストは善意の人々が意見を取り交わし、意見の一致に至るということを信じない。彼らの世界観は、相互に異なった集団が権力を握ろうとして戦争状態にあるホッブス的な悪夢なのだ。

彼らは、彼らのイデオロギーに反する意見を単純な間違いだとは考えない。反対意見の持ち主を彼らが覆したい抑圧的システムそのものだとみなす。そして反対意見の持ち主を黙らせることは自分たちの義務だと考える。

第二に、自由市場の拒否である。自由で自主的な交易はみんなに利益を与えてきたのだが。

彼らは資本主義が無数の人たちの生活水準を引き上げてきたことを認めたがらない。資本主義は歴史上初めて、食料、シェルター、衣服、交通、エンターテイメント、旅行を利用可能にした。

米国の貧困層に分類される人たちも(米国だけでなくあらゆる地域の貧困層も)基本的な必要を満たすことが出来るようになってきた。一方で、最近まで大学内の急進派に人気だった、かつて繁栄したベネズエラでは、トイレットペーパーを買うために中産階級が行列を作っている。

そして最後に自己同一性の政治利用である。ポストモダニストは個人を信じない。あなたは人種、性別、性的嗜好の標本なのである。そしてあなたは被害者か抑圧者のどちらかなのである。

被害者は絶対に間違ったことをしないとされ、抑圧者は何の良いこともしないとされる。このような被害者意識は権力の濫用と集団間の軋轢以外、何ももたらさない。

これらの概念は19世紀のドイツ人哲学者カール・マルクスに起源がある。マルクスは世界を巨大な階級闘争とみなした。資本家と労働者の争いである。貪欲な資本家と絶望的な貧乏人の対立である。

しかし彼の考えが導入された地域はどこであれ、ソビエト、中国、ベトナム、カンボジア、経済は失敗し大勢が殺された。

このような殺人的な考えが広がることを防ぐために、我々は数十年にわたって冷戦を戦った。

しかし彼らは戻ってきた。自己同一性の政治利用というかたちで。ポストモダニスト・新マルクス主義者の腐った考えは、歴史のゴミ箱に廃棄すべきだ。

それなのに、西洋の中心的概念を世代を超えて伝えていくべき教育機関で、我々は彼らを支援してしまっている。私達が支援を止めない限り、ポストモダニストはこれまでアメリカや西洋の大学で行ってきたことを続けるだろう。

英語原文(youtubeの字幕より)

You may not realize it, but you are currently funding some dangerous people.

They are indoctrinating young minds throughout the West with their resentment-ridden ideology. They have made it their life’s mission to undermine Western civilization itself, which they regard as corrupt, oppressive and “patriarchal”.

If you’re taxpayer — or paying for your kid’s liberal arts degree — you’re underwriting this gang of nihilists. You’re supporting ideologues who claim that all truth is subjective; that all sex differences are socially constructed; and that Western imperialism is the sole source of all Third World problems.

They are the post-modernists, pushing “progressive” activism at a college near you. They produce the mobs that violently shut down campus speakers; the language police who enshrine into law use of fabricated gender pronouns; and the deans whose livelihoods depend on madly rooting out discrimination where little or none exists.

Their thinking took hold in Western universities in the ’60s and ’70s, when  the true believers of the radical left became the professors of today.

And now we rack up education-related debt — not so that our children learn to think critically, write clearly, or speak properly, but so they can model their mentors’ destructive agenda.

It’s now possible to complete an English degree and never encounter Shakespeare — one of those dead white males whose works underlie our “society of oppression”.

To understand and oppose the post-modernists, the ideas by which they orient themselves must be identified.

First is their new unholy trinity of diversity, equity and inclusion.

Diversity is defined not by opinion, but by race, ethnicity or sexual identity; equity is no longer the laudable goal of equality of opportunity, but the insistence on equality of outcome; and inclusion is the use of identity-based quotas to attain this misconceived state of equity.

All the classic rights of the West are to be considered secondary to these new values.

Take, for example, freedom of speech — the very pillar of democracy.

The post-modernists refuse to believe that people of good will can exchange ideas and reach consensus. Their world is instead a Hobbesian nightmare of identity groups warring for power. They don’t see ideas that run contrary to their ideology as simply incorrect. They see them as integral to the oppressive system they wish to supplant, and consider it a moral obligation to stifle and constrain their expression.

Second is rejection of the free market — of the very idea that free, voluntary trading benefits everyone. They won’t acknowledge that capitalism has lifted up hundreds of millions of people so they can for the first time in history afford food, shelter, cloting, transportation, — even entertainment and travel. Those classified as poor in the US ( and , increasingly, everywhere else) are able to meet their basic needs.

Meanwhile, in once-properous Venezuela — until recently the poster-child of the campus radicals — the middle class lines up for toilet paper.

Third, and finally, are the politics of identity.

Post-modernists don’t believe in individuals. You are exemplar of your race, sex, or sexual preference.

You’re also either a victim or an oppressor. No wrong can be done by anyone in the former group, and no good by the latter. Such ideas of victimization do nothing but justify the use of power and engender intergroup conflict.

All these concepts originated with Karl Marx, the 19th-century German philosopher. Marx viewed the world as a gigantic class struggle — the bourgeoisie against the proletariat; the grasping rich against the desperate poor.

But wherever his ideas were put into practice — in the Soviet Union, China, Vietnam, and Cambodia, to name just a few — whole economies failed, and tens of millions were killed. We fought a decades-long cold war to stop the spread of those murderous notions.

But they’re back, in the new guise of identity politics. The corrupt ideas of the post-modern neo-Marxists should be consigned to the dustbin of history. Instead, we underwrite their continuance in the very institutions where the central ideas of the West should be transmitted across the generations.

Unless we stop, post-modernism will do to America and the entire Western world what it’s already done to its universities.

I’m Jordan Peterson, Professor of Psychology at the University of Toronto, for Prager University.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする