実践型知識人としての和田憲治氏に注目している

日本に足りなかったものは何なのか?日本を衰退させた要素は何なのか?どのように考え実行していけば私達の暮らしぶりはよくなるのか?

などという点に着目して考える時、総合的な知識人として私は和田憲治氏に注目している。

和田氏には下記のものが備わっている。

  • 国家観(軍事、政治、外交、歴史についての見識)
  • 経済観
  • 人間としていかに生きるべきか的なこと
  • 能動性、現実に関わっていこうという姿勢
  • 知識の個人の生活への落とし込み(知識の個人レベルでの実践)

日本の知識人で、軍事や政治、歴史について詳しい人は、経済について語る段になるといまいちであることが多い。DHCTVの番組は面白いが、個人を経済的に裕福にするものではない。

逆に経済に強い知識人は、もっと大きな価値についての話が抜けていたりする。それは国家であったり、歴史であったり、安全保障であったりする。あるいは、お金を手に入れたとして、その後、どうしたいのか?という事についてだったりする。

和田憲治氏は上記両方についての見識を有しているし、外国も周遊している。そして暗くない。

和田憲治氏の思想の原点は渡部昇一氏である。和田氏は、渡部氏の全著作を読んでいるらしい。渡部氏仕込みの国家観、歴史観、人生観を持ちつつ、会社経営をし、実経済の動向にも詳しい。

自分の理想を持って現実世界に働きかけようとしている点では、小説家から政治家になった石原慎太郎に似ている。人物としても実践型でズバズバ物を言うので、渡部昇一より石原慎太郎に近い。

また、和田憲治さんは面構えが非常にいい。真のイケメンとはこういう顔だと思う。鷲鼻にするどい目つき、男らしい男の顔である。リーダーの顔である。今、フランスのマクロンの支持率が下がって大変らしいが、マクロンが和田氏の顔を持っていたら、暴動も起こらなかっただろうと思われる。

そういうわけで、一分野に突出して詳しい学者タイプの知識人としてではなく、総合的な知識の提示、男の生き方の提示ができる人間として、和田憲治氏の動きにはとても注目している。オンザボード系列のユーチューブ番組は最も子供に見せたい番組だ。

↓オンザボード系列の番組

奥山真司の地政学・リアリズム「アメリカ通信」

TSJ(THE STANDARD JOURNAL)

KAZUYA CHANNEL GX

【公式】竹田恒泰チャンネル 2

花田紀凱「月刊Hanada」編集長の「週刊誌欠席裁判」

和田憲治氏の経歴関連情報

※以後、随時改善予定です。

1968年生まれ(※間違っているかもしれません)

高知県出身

明治大学卒業

2004年、渡部昇一氏のウェブサイトを作る

証券会社勤務

オンザボード起業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする