国防のために駆け出したくなることがあるよ

安全保障のニュースを見ていると、国防のために駆け出したくなる事があるよ。取りも直さず馳せ参じて、何かできることはないかと駆けつけたくなるような、そんな気持ちになることがあるよ。

俺は腰痛持ちで走ることもままならないし、自衛隊の諸機械を扱う知識もないから実際問題、役に立たないんだけどさ。

昔の人は、日本がやばいと思った時は、いざ鎌倉ってなもんで、兎にも角にも衝動のままに駆け出したのかもしれない。そう思うと羨ましいような気もするね。もちろん人によるけどね。

今の俺なんて、あれこれのニュースを見て、じれったい思いで与党の動向を伺っていることしかできない。防衛省は寄付も受け付けてないしね。本当にじれったい。

酒を飲んで鬱屈するよりは、槍をかついで家を飛び出す方がどれだけ気持ちがいいか、そう思ってしまう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする