神は静かにこの世に顕現する

もしも神がこの世に降臨されるとしたら、全世界の人がそれに気づくに違いない。という思い込みが広がっているように思う。

このような考えは黙示録の様な予言がもたらしたのだろう。神がこの世に現れるとしたら、その直前に地球は災禍に見舞われ、人々が困窮しきった時である。そして、神は良い人間と悪い人間を選別し、良い人間だけを天上に連れて行く。

だから、その時が来たら、全世界の人は神の訪れに気づくはずだし、全世界の人間が神の一挙一動に注目するはずだ。

しかし果たして本当にそうだろうか?

キリストが今、この世に現れて教えを説いたとして、何割の人間が注目するだろうか?

2500年前にお釈迦様が悟りを開いた時や、2000年前にキリストが教えを広めた時は、近くにいる人間しかその情報に接することはできなかった。テクノロジーが発達していなかったから。

しかし、今、仮に神の化身が現れれば、活字、テレビ、ラジオ、そしてインターネットの存在によってその存在に気づく可能性が高い。そして神の化身であれば、多少のサービスとして、奇跡を見せもするだろう。だから、尚更、神の化身はバズり、多くの人がその情報に接するはずである。

もちろん神の化身の発言は、素晴らしいものであるはずである。なぜなら神の化身だから・・。我々も過去にお釈迦様やキリストのような聖者をこの世に迎えているので、新しい神の化身の発言内容が、現代の神にふさわしいか否か、ある程度判断できるはずである。

では、その神の化身は多くの人間の注目を継続して集めるのか?というと、集めないに違いない。なぜなら大半の人間はそういったものに本気では興味を持っていないからである。

唯物論を奉じ(あるいは信じ込まされ)、神のような存在など必要としていないと考えている人、特定の宗教を信じているもののその宗教の範疇を超えたものは信じない人、さらに、この世のどんな善いものも信じない人。そのような人たちが大勢を占め、神の化身が現れたとしても、小規模の注目を集めて終わるに違いないと思うのである。

神の化身ならば、奇跡を起こせるし、奇跡を目撃すれば、さすがに人々の考えも変わるのではないかと思うかもしれないが、奇跡を見せられても、それをトリックだと疑う人はやはり一定数いるだろう。もしくはトリックに違いないと最初から思い込み、そのように結論付けてしまう人が大勢いるだろう。

サティア・サイババは神の化身であることを公言し、ハイレベルな教えを説き、奇跡を見せもしたが、彼の教えを信じる人間は全世界でどれくらいいるだろうか。サイババが示した奇跡をマジックだと思う人は思うのである。

例えばsaibaba cheat all followersという動画についたコメントは下記のようなものだ。

神がこの世に顕現したとしても、騒々しく自己宣伝しないだろうし、広告会社に宣伝を依頼しないだろう。だから、ネットが発達した今も気づく人だけが気づく。さらに気づいた人のうち、信じて行動すべきだと感得した人だけが行動し、変化する。

上の動画の二番目のコメントに「もし彼が金のリンガムを吐き出せるなら、なぜ全世界に分け与えないのか?」とあるが、キリストやブッダだって、この世の人間に対して超能力を使って強制的に精神を覚醒させるようなことはしなかった。超能力を使って、世界の飢える人々全てにパンを分け与え、病める人全てを癒やし、この世の物質的な問題を解決していったりはしなかった。猜疑心が強い人間全員が信じるまで、説得をしたり超常現象を見せるようなことはしなかった。

これらから分かることは、神は静かに現れ、その存在に気づく人だけが気づく。そして神は人間に決して強制をしない。あくまで自発的に人間が気づくのを待つのである。

だから再び神の化身がこの世に現れても、人口の数%がその恩寵に気づくだけで、大部分の人はその静かなビッグイベントに気づかないに違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする