シェリムアップ(カンボジア)を視察してきました

シェリムアップを見てきました

以前、カンボジアについて調べたのですが、決算シーズンが終わったので、実際に行ってみてきました。首都のブノンペンではなく、アンコールワットなどの遺跡があるシェリムアップというところです。下記地図の赤い場所がそうです。

siem reap位置

以下、項目別に感想を書いていきます。

移住先として住めるかどうか?

住めなくはなさそう。ただし、インフラがそれほど整備されていない。街から離れて、農村の方に行くと、電気水道ガスが来ていないようだった。街中も、中心を外れると未舗装の道路が多かった。交通インフラがあまりなく、町中を走るバスがない。タクシーも多くなく、基本的にトゥクトゥクかバイタクを使う。もし住むなら車を買った方がよさそうだ。

英語はかなり通じる印象。また、インターナショナルスクールが街中にたくさんあった。学費もおそらく安い。

空気はきれいだった。周りが自然だらけだし、インドネシアから遠いのでヘイズの影響もなさそう。

人々の性質はかなりのどかだった。タトゥーを入れている率が低い。治安もよい。

通貨は主に米ドルが使われている。銀行の利回りもいい。だから、ここに住んでも貨幣の減価の心配はあまりしなくてよさそうだ。[adsense]

移住先として選べるか?

是が非でもシェリムアップに住みたいとは特に思えなかった。他がだめなら考えてもいいかなと思えた。ブノンペンも見ればよかった。
シェリムアップの一番のネックは、街が小さくて娯楽が少ないところだと思う。

観光地としてどうか?

遺跡が広範にちらばっているので、2日間くらい滞在して遺跡等を見るのはいい。ただしそれ以上いると飽きるかも・・。
ごはんは世界各国の料理屋がある。カンボジア料理はおいしくもまずくもなかった。

現地のタクシーやトゥクトゥクの運転手を雇うと、離れたところにある遺跡などにも行けるが、なるべくたくさん廻って、ガイド料を多く請求しようとしてくるので、近場を廻るときは、自転車を借りるとよい。イモトのwifiを持って行ったが、街から10キロほど離れると圏外だった。

観光客は、中国人と韓国人の団体客がもっとも多かった。

性的サービスは特に規制がゆるかったり価格が安かったりするわけではないようだ。

シェリムアップの遺跡

シェリムアップの遺跡2

シェリムアップ郊外

郊外の家は高床式が多い。雨季に備えるため?

レンタサイクル

レンタル料は1日3ドルでした。

ハノイ(ベトナム)も見てきました

シェリムアップに予定より早く飽きたので、ベトナムの首都ハノイを見学しました。項目別に感想です。

観光地としてどうか?

あまり観光するものがない。あと、文字表記がほとんどベトナム語オンリーでガイドブックがないと何がなんだかわからない。

交通はバイクがとても多いのだが、信号を守っていなかったりして結構めちゃくちゃ。中国より悪いかも。

性的サービスは、ハノイは首都なので厳しいようだ。中国で例えるとハノイが北京、ホーチミンが上海と誰かが書いていた。

働く場所としてどうか?

もし、サラリーマンに戻ることがあって、ベトナムで働かないかと言われたら働くと思う。ただ現地で生活するためには、ベトナム語は必須だと思う。看板や標識はほぼベトナム語オンリー。空気は中国に近いけれど、中国に比べたらとてもよかった。

ハノイ大教会

ハノイ大教会

ハノイの交通状況

バイク乗りが多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする