株式投資の深イイツイート【第一回】

「深イイ話」というのがテレビで流行っているそうで、私は見たことないがですけれども、ツイッターやブログを見て、良いなというのがあったら「深イイツイート」として取り上げて今後何か書いていこうと思います。

今回は、ringさんのツイート。金融の専門知識を増やしすぎるとマイナスかもしれない、という話。

私がこのツイートを見て思ったのは、金融の知識だけでなく、その他の投資に付随する知識もそこそこ知っていればいいのではないか、マニアになる必要はないなというものです。

たとえば、株でも、いろいろな指標がありますが、あまりたくさん理解して調べる必要はないように思います。私の場合は、ほとんどPERと配当利回りにのみ気を配っています。ROEとかROAとかキャッシュフローマージンとか見てないです。できるだけたくさん指標を見ると、その企業についてよりよく知ることができるのでしょうが、過去がそうであったとしても未来もそうであるとは限らないし、指標を見すぎると、瑕疵も見つけやすくなり、二の足を踏みがちになるのではないでしょうか?

何より、決算開示ラッシュの時期には深く調べる時間がないです。

その他にも、株で勝つために、会計や法律や特定の業界のマクロな動向について学ぶのはいいことですが、深入りする必要はないと思います。ほどほど知っておけばいいと思います。それより各企業の決算説明資料を読んだりしたほうが金になると思います。投資本も同じで、たくさん読まなくていい気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする