来たぜ!kabuパソ6画面モデル

先月発注したパソコン工房とカブドットコムのコラボ商品、kabuパソ6画面の設置が終わった。業者の方に来てもらって、組み立ててもらうこと2時間。

このダンボールのかたまり(汚くてすみません)が、

ダンボール

こんな感じになった。正面。

kabuパソ6画面正面

サイド。

kabuパソ6画面サイドから

後ろ。

kabuパソ6画面後ろ

本体。

kabuパソ本体

キーボード。安いのにしたら使いづらかったので買い替え予定。

kabuパソ キーボード

今まで使っていたノートパソコンに比べて速い。けれども、windows10にしたこともあって使い方がよくわからない。複数モニターのうち1つがメインモニターになるのだが、メインが移動してしまう。

今まで3モニタで取引をしていたが、場が開いて1時間もすると画面を1つ消して2画面にしていた(トレードソフトの画面とネットサーフィンの画面)。正直、今後6モニターをどれだけ使うのかわからないが凄腕トレーダーの方々をかたちだけでも真似たいということでモニターを増やしてみた。

kabuステを使うためにカブドットコムの口座を開いて信用取引の申し込みをした。信用の申し込みをしておくと、無料でkabuステが使えるようだ。普段はHyperSBIを使っているが、HyperSBIは複数画面に原則できないし、メインモニタから動かせない。楽天のマーケットスピードはメインモニタ以外に移動させられるが、1画面で使う用に作られている。なので複数画面でいろいろな情報がみたい場合はkabuステーションが一番いいようだ。

トレーダーの方々がネットにupした写真を見ると、画面を縦置きにしている人が多い。次回は業者の人に設置してもらうのではなく自分でできるようにして縦置きにチャレンジしたい。

kabuパソを発注してから読んだ記事だが、

【コスパ】6画面トレード用PCを組んでみるヽ(´エ`)ノ

は自分でパーツを選んでPC環境をつくるのに役に立ちそうな記事だ。次回は参考にしたい。

設置料込のパソコン工房のkabuパソは「パソコン(複数モニター)の設置の仕方がわからない」とか「めんどくさいので業者の人に設置を任せたい」という人向きです。

パソコン工房【公式通販サイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする