四-3.ユダヤ人の革命思想

この流浪分散生活に入って、ユダヤ人の有力者は考えた、我々ユダヤ人は、最早再びパレスチナに帰り、ユダヤ国を建設することは到底おぼつかないことである。しかしこのままでおっては、ユダヤ民族は次第に他国に流れ流れて、ついには消滅してしまうであろう。そこで彼らは、ユダヤ民族の永遠の存在のために、たとえ国家を失っても、精神的の国家を創設しておくことが、必要であるということに着眼したのである。ここにおいてユダヤの賢者達が集まり、ユダヤ精神王国を建設した。

それではこの精神王国とは何か、これがすなわちユダヤの大聖殿タルムードなるものである。ユダヤ人はこのタルムードによって、いかなる苦難に遭うも、自分はユダヤ民族であるという、強固なる意識と団結とを保ち、他の民族の間にあっても、常にその民族的純潔を維持しつつ、今日に到ったのである。

また一方では、一般ユダヤ民衆は、たとえ外国に追い出され、再びローマに反抗して、パレスチナを占領することが、到底不可能であるとは考えつつも、自分の故郷に対する愛着の念はこれを捨てることができなかった。そこで彼らは、到るところのユダヤ部落が相連携し、一般同族に自由独立の思想と革命思想とを熱心に鼓吹した、そしてローマに対する反乱の機を窺い、時にはパレスチナに攻め入ったこともある。

「革命」なる言葉は、我々の発明するところなりとユダヤ人は言っている、しかし、彼らユダヤ民族は、今よりおおよそ二千年前から、その環境に余儀なくされ、革命の研究とその鼓吹とに没頭し来たったのである。欧米諸国における革命という革命に、ユダヤ人の活動しないことはないとまでに言われているが、けだし当然なことである。

次へ

目次へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする