七-7.富裕銀行と貧乏ユダヤ人

富裕なるドイツユダヤ人は、その擁する財的勢力によって、自己の欲するままに経済生活の各方面に渡り、社会的の地位を獲得することができた。これ経済生活の各方面には、ドイツの支配階級が直接関係しておったからである。

しからば貧困なるユダヤ人は、いかにして自己の欲求を貫徹したろうか。そもそもユダヤ人には、これを一貫する一つの衝動ともいうべきものがある。この衝動は実に彼らユダヤ人の血液中に存在するものであって、すなわちそれは支配権を掌握せんとする希望である。ユダヤ人の富裕階級が、ドイツ上流を侵蝕したのは、その金力に依ったものでもあるが、貧困なるユダヤ人の民衆侵蝕は金力に依ることができないから、唯彼らが騒乱に乗じて掴み取ったものを用うるほか途がない。しかも彼らがドイツ国民の大部を征服したことについては、なお探求するの必要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする