七-9.プロレタリアの独裁

ドイツ並びにロシアについて知りうるように、吾人は富裕ユダヤ人と貧困ユダヤ人との間には、方法に自ずから差異あることを、認めなければならない。すなわち一つは政府に向かい、他の一つは国民に向かっているものである。しかしながら両者共その手段は、同一の目的に向かって、集中されているのである。

ユダヤ人の下層階級が使用する手段は、ただ圧迫を排除しようという目的に向かって、努力しているのみでない、更に支配権をも奪取せんと、くわだてているものである。すなわち彼ら下層階級の方法の本体は、権勢を得ようという意志の達成にあるのである。すなわち人々が深くこの点を洞察するときは、「革命は権勢を得んとする、ユダヤ人の意志の表現なり」と断ずるを得よう。社会主義者、民主主義者、自由主義者の如き各派の人々も、実はこのユダヤ人の意思表現の道具たるに過ぎないのだ、いわゆる「プロレタリアの独裁」は事実上ユダヤ人の独裁でなくして何であろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする