株式投資、俺のメモの仕方<追記あり>

sponsored link
ad




今年の目標はメモ魔になるだった

2017年の目標に、今年はメモ魔になると書いた。

どうすれば三日坊主にならず、かつ株式投資に役立てられるようなメモができるのか試行錯誤したので、今のところやっている方法を紹介したい。

1、通常のメモ

通常のメモとしてEvernoteを使っている。適時開示を見た後、決算がよかった企業を月ごとにメモしている。

ものすごく決算がよかった銘柄は、妥当な値段で寄れば買ってしまうのでそういう銘柄はメモしなくても忘れないが、今すぐ買うには至らないような微妙によかった決算の企業は書いておかないと忘れてしまう。

なので、今すぐ買いはしないけれども将来買うかもしれない銘柄を念入りにメモしている。値がさでないなら、100株だけ備忘のために買ってしまうというのも忘れるのを防ぐために有効だと思う。

↓こんな風に簡単なメモを書いている。

evernoteメモ

その他に、仕入れ-販売の関係や、個別銘柄についてのメモをEvernoteに時々書いている。

しかし、このメモは書き溜めておくと銘柄数が多くなってしまい、後で見返すのが苦痛だ。

どうすれば、後から必要な時に見返すようにメモできるのか?と考えてカレンダーの利用をするようになった。

2、未来のカレンダー

投資には、投資に適当なタイミングがある。早く買いすぎてもいけないし、遅く買いすぎてもいけない(結果が出てみないとその判断が合っていたのかどうかわからないが)。

したがって、カレンダーに未来に起こりそうな事象を書いておいて、その時その時で、すべきことを思い出せるようにしている。

カレンダーはグーグルカレンダーを使用している。

↓のような感じで事前に気になるイベント、起こりそうな出来事を書いている。グーグルカレンダーは色を変えられるので、色ごとに意味を変えている。

画像はクリックすると大きくなる。自動車納車予定日と書いてあるが、個人のスケジュールもこのカレンダーに記録している。田舎暮らしなのでついに自動車を買ったのだった。

googleカレンダー

経済指標に関しては、孤高のFXさんのカレンダーを使わせていただいている。ありがたい。

参考:指標予定@グーグルカレンダーについて

<追記>グーグルカレンダーの予定保存件数には上限がある

グーグルカレンダーに予定をどんどん保存していくと、保存できなくなる。それは「編集できる予定の数の上限に達した」からだ。こうなった場合、古い予定をどんどん消していく必要がある。

3、過去のカレンダー(日記)

投資をしておいて知りたくなるのは、前年のこの日にはどういう出来事があったか?ということである。しかし、遠い過去の日付を指定して適時開示を見ることはできない(できるサイトがあったら教えてください)。

ということで、その日あった特別なこと(業績予想の修正など)をカレンダーに記入している。Evernoteに日記風に書いてもいいが、私は過去何度も投資日記をめんどくさくなってやめてしまったので、カレンダーに直接書くようにしている。

グーグルカレンダーに書くと、未来の予定と過去の出来事が合わさってぐちゃぐちゃになるので、ジョルテというカレンダーアプリに別途、その日の出来事を書いている。

こうしておいて来年の今頃、カレンダーを見返す予定である。過去のその日に何があったのかのメモは、Ringさんなどの偉大な投資家もやっているらしいのでおすすめだ。

ジョルテカレンダー

↓買っている投資家が多い「投資カレンダー」。これもいいらしい。私は借家に住んでいて、壁にカレンダーを貼れないので買ったことがない。

sponsored link
ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link
ad