「トランプ氏に抗議の女性大行進」はフェイクニュースだった!?

朝日新聞などが米国で行われた女性大行進デモを反トランプ目的と報道しているが、実際はそういうわけではないらしい。

トランプ氏に抗議の女性大行進、政治家を志す動きに

朝日新聞は、

1年前、トランプ米大統領の就任日の翌日に世界に広がった女性らによるデモ「ウィメンズマーチ」。トランプ流の政治に「ノー」を叫ぶ声は、政権2年目を迎えたこの日も全米で聞かれた。

という出だしで女性大行進を反トランプのものとして報じているが、アメリカ人のケント・ギルバート氏は虎ノ門ニュース(2018/1/22)で下記のようにコメントしている。

ケント・ギルバート このデモはですね、女性大行進ということであって、トランプに対する抗議デモではないわけです。女性の人権、女性の社会的地位向上であるとか、セクハラに対する抗議であるとか、それがメインのテーマなわけですよ。でも日本ではね、これがアンチトランプデモだっていうわけでしょ。そうじゃないのよ、それはついでにやっているだけなんですよ。

そういう女性の地位を向上するためにはトランプを沈めたほうがいいというのは、あれは副産物であって中心じゃないんですよ。昨日、僕、FOXニュースとCNN両方見てましたけどね、街頭インタビューでね、あなたはここで女性の人権を中心に主張しているのか、それともトランプに対する反対意見を主張しているのか、ある女性に聞いたら、彼女「うーん、半々かな」なんて言ったんですよね。なんですからね、これ反トランプデモだという風に報道しているのはフェイクニュース、間違いなんですよ。

トランプさんが言っているのはですね、80数万人もの女性の雇用機会を増やしているわけだから、抗議する人もどうなのって。それでね、日本で絶対報道していないのは、去年よりも人数が少ないということ。これ言ってないでしょ?フェイクニュースが続いていますよ、だから。

引用ここまで。

というわけで、女性大行進には反トランプ色があるもののそれがメインではないので、反トランプのためだけにデモが行われたかのように報道するのは印象操作ですね。

sponsored link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link