人中は警戒心と関係があるのではないか(人相について)

人中(にんちゅうorじんちゅう)とは人相学で、鼻と唇の間の縦線のことを言うが、最近、人中の深さとその人の警戒心には相関があるのではないかと思うようになった。

はっきりした人中を持ついかりや長介

  • 人中が深い・はっきりしている→警戒心が強い
  • 人中が浅い・薄い→警戒心が薄い

というのも、零細個人が作っているようなアダルト動画に出演している女性に人中が薄いか無いタイプの顔が多いように思ったからだ。大手メーカーから単体女優として出演している女性にはそういう顔の女性はあまりおらず、FC2動画販売で個人(?)が販売している動画でよく見かける。そういう報酬の低そうな動画に出演してしまうのは、警戒心が低めで悪人でも信用してしまうからではないかと推測する。

ネット上の人相学に関するサイトで人中について調べても、警戒心について触れている文章はなかったので書いておくことにした。

ウイリアムス症候群という病気がある。

参考記事:極端にやさしい遺伝子を持つ、ウイリアムス症候群の子どもと大人

ウイリアムス症候群の人たちは警戒心がなくとても人懐っこい。上記記事によると、欧米で7,500人に一人がウイリアムス症候群らしい。

その人達の顔には特徴があるが、その一つは人中の線が薄くぼんやりしていることだと思う。

グーグル画像検索結果

ウイリアムス症候群

画像引用元:https://nm-ani.com/post-3125/

一般的に、ウイリアムス症候群とまではいかなくても、人中が薄い人、浅い人は警戒心が薄い傾向があるのではないだろうか?

よくいえば、人懐っこく打ち解けやすいが、悪く言えば疑うことを知らず騙されやすい心の持ち主が多い。

ちなみに私は猜疑心強めで人中ははっきりしている。

sponsored link
ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link
ad