左翼活動家としてのジョージ・ソロス

日本では、ビッグな投資家として有名なジョージ・ソロスだが、彼は左翼活動家としても巨大な存在だ。世界に与えた影響という面では、左翼の黒幕としての役割の方が大きい。

左翼としてのソロスについて、日本語で書かれている文章は海外のニュースを翻訳して伝えている「海外ニュース翻訳情報局」が充実している。

先日、DMM英会話のデイリーニュースが左翼に偏向していると書いたが、左翼偏向記事を多数供給しているGlobal Voicesはソロスの出資を過去に受けている。

「海外ニュース翻訳情報局」からソロス関係の情報を拾って、主なものをまとめてみた。

陰謀論の一つに「ユダヤの陰謀」というものがあるが、少なくともユダヤ人の一人である「ソロスの陰謀」は厳然として存在することがわかる。

2017年8月の記事:ソロスがなぜ危険なのかを説明する記事
  • 左翼団体に数十億ドルを与えた
  • 米国の選挙に影響を与えている。ブッシュ大統領打倒のために2358万ドルを使用。オバマ大統領登場に貢献。
  • 国家の役割を矮小化し、国際機関に国家が従属するように仕向けたがっている
  • 左派メディアに資金供与

ジョージ・ソロスが危険である理由トップ10

2018年3月の記事:ソロスは移民受け入れに反対しているスロバキア政権をあらゆる手段を使って崩壊させようとしている。ソロスはハンガリーの選挙に影響を与えるために数十億ドルを費やしている。

【ハンガリー首相:告発】ジョージ・ソロスは、スロバキアの反移民政権を排除しようとしている

2018年2月の記事:Brexit阻止キャンペーンに大金投入

世界中から国境を無くしたいと考えているソロスは、英国がEUから抜けようとするのを邪魔するために56万ドルを投入した。

【英国:暴露】ジョージ・ソロスはBrexitを阻止するキャンペーンに大金を投入

2018年1月の記事:ソロスのダボス会議におけるスピーチ

ソロスの主張の要旨のうち政治的なものは、

  • 各国は移民を受け入れろ!
  • 北朝鮮を核保有国として容認しろ。アメリカは北朝鮮情勢解決のために中国と協力関係になれ。
  • トランプは独裁者になろうとしている。
  • 2018年の米国選挙で俺は民主党を絶対に勝たせる。

【ダボス会議:ソロススピーチ全文】歴史上の現在の瞬間 (第一部)

2017年12月の記事:米国共和党議員がソロスの危険性を語る。

共和党の議員リチャード・ブラックがソロスの危険性について語っている。氏は、ソロスの最終目標は世界を一つの国にすることだと推測している。そのような状況になれば、ソロスのような資本家は最大限の利益を得ることができる。

【米国州議員・インタビュー】ジョージ・ソロスは、国民ではなくオリガルヒに奉仕する世界政府を求めている

2017年10月の記事:ソロスは難民を連れてくる悪魔

何千万人の難民をヨーロッパに連れてきて強制移住させようとしているソロスはクリスチャンにとっては悪魔のようなものだとハンガリーの国会議員が主張した。

ハンガリー:難民をヨーロッパに連れてくる悪魔ソロスの計画と闘うのはクリスチャンの義務だ

sponsored link




まとめ

ソロスの怖いところは、これまで普通の国に暮らしていた国民の生活については全く考慮しない点だ。先進国にやってくる移民にとっては、ソロスは素晴らしい存在に思えるかもしれないが、既存の先進国の国民にとっては災厄でしかない。

そういった先進国の国民が、移民受け入れに反対などしようものなら、ソロスやソロスが資金供与している活動団体はナショナリズム・右翼などのレッテルを貼って攻撃する。

正当な選挙で選ばれたトランプ大統領については独裁者だと批判するが、本当の独裁者(習近平など)に対しては控えめな批判しかしない。日本に対しても靖國神社参拝などについて批判している。

ソロスはあれこれ綺麗事を言っているが、最終的な目標はかつてのソビエト共産党と同一だと思われる。世界を一つの国家にし、それを少数のエリートが支配する。

また、ソロスが提供している資金は数千億円レベルであり、政治団体への金主としては段違いのパワーを持っている。ソロスが資金供出している団体の主張は、疑ってかかったほうがいい。

sponsored link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link