Huawei(華為)のスマホを使うのは危険だとFBI、CIA、NSAのトップが指摘

こちらの記事の抄訳です。私が訳しているので間違いがあるかも。

Don’t use Huawei phones, say heads of FBI, CIA, and NSA

アメリカの主要な6つの諜報機関が、アメリカ市民にHuaweiとZTEの製品およびサービスは使わないほうがいいと警告した。CNBCのリポートによれば、諜報機関のトップが上院情報委員会で上述のように助言した。諜報機関にはFBI、CIA、NSA及び国家情報機関のトップが含まれる。

FBIのディレクター・Chris Wrayは、我々と価値観を共有しない外国に所有されている企業が我々の通信ネットワークに立ち入ることを許す危険性について、政府が深く憂慮していると述べた。彼は、「これらの許可は、悪意を持って情報を修正したり盗んだりする機会を与えることになるし、まだ検知されていない諜報行為を行う機会を与えることになる」とも付け加えた。

これらの警告は目新しいものではない。米国の諜報機関は長い間Huaweiを警戒してきた。Huaweiは元中国人民解放軍の技術者が創業した企業で、米国の政治家に「中共の効果的な武器」だと形容されてきた。この警告はHuaweiが米国の政府事業に入札することを禁じることにつながった(2014年)。

Huaweiは通信企業として事業を開始したが、通信インフラのハードウェアも手がけるようになり、近年Huaweiのスマートフォンは大成功を収めてきた。昨年9月にはアップルを抜き世界第二位のスマートフォンメーカーになった(一位はサムソン)。

しかしHuaweiはアメリカ市場ではまだ成功していない。失敗の原因の幾分かはアメリカ政府の敵対的対応によるものだろう。2018年1月、Huaweiは新たなフラッグシップモデルとしてMate10ProをAT&Tを通じてアメリカ市場で発売しようとしたが、ぎりぎりのところで政治的なプレッシャーによる「待った」がかかった。その政治的決断についてHuaweiのCEO、Richard YuはCESにおけるスピーチで「会社にとって大損失だが、顧客にとってそれ以上の損失だった」と述べた。

richard yu

Richard Yu

Huaweiは未だにMate 10 Proのアンロック版をアメリカで売ろうとしているが、その努力はHuaweiを(フェイクレビューを書かせるなどの手法を含む)苦肉の策に追いやろうとしているように見える。

アメリカの立法機関は、現在、政府機関に勤務する人間がHuaweiとZTEを使用することを禁止する法案を通そうと考えている。木曜日の公聴会で、上院情報委員会の委員長をつとめる共和党議員Richard Burrは次のように述べた。「私の今の関心事は主に中国で、特にHuaweiやZTEのような中国の通信企業にある。それらは中共政府と強いつながりがあると広く理解されている」。

以下略。翻訳終わり。


最近では微信(Wechat)やLINEを政府機関の人間に使用させない動きも出ています。

かつて、Baiduが日本語入力ソフトにキーロガーを仕込んでいたのが見つかったこともありました。

キーロガーか?百度の「Baidu IME」と「Simeji」が入力情報を収集

公務員やビジネスエリートの方は当然として、一般人の方も中国や韓国製の機器やソフトの使用を控えたほうがいいと思います。仮に情報が盗まれて困ることがない人であっても、インチキ企業を儲けさせることはよくないですし。

本体は中国製でなくても、部品に中国製が使われていて、そこにバックドアがある可能性も指摘されています。以下、フェイスブックから引用。

Kirinプロセッサ積んだ新しい機種でさえ、既にこういう話があります。
要は、内部部品にバックドアが仕込まれているので、もはやメーカーだけでは十分な警戒とはいえない、という事です。
ご参考まで。中華製ファームウェアはやばい??

sponsored link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link




コメント

  1. りんご より:

    インチキ企業を儲けさせたくないという点は同意ですが、中国製に限らず日本国内の通信はNSAがエシュロンで傍受可能らしいので、個人情報保護という観点からはすでにダダ漏れな気がします。

    huaweiは端末としては良いものを出していて、価格コムのsimフリーカテゴリではhuaweiが1位です。
    残念ながら国産端末は割高で質の悪いものが多いので、私は台湾のASUS製品を使っています。

  2. nextir35 より:

    >りんごさん
    コメントありがとうございます。NSAが情報を集めているという話は聞いたことがあります。
    ただ、まぁ、米国に取られるのと中共に取られるのとでは悪用される可能性や度合いが違うかなと。
    日本製であまり高くなく質もそこそこの製品や通信ソフトがあるといいんですけどね・・、なさそうですよね。

  3. くらうす より:

    長年台湾に住んでいますが公務員のLINE使用が禁じられていると言う話は初めて聞きました。
    気になったので検索してみたところ2014年9月にニュースで取り上げられただけで、それ以降のものは見つかりませんでした。そのニュースも「行政院のトップがラインの全面使用禁止を命じるも、市議会議員等からは無理があるとの声」と言った内容のものでした(http://m.ltn.com.tw/news/politics/breakingnews/1118366)。
    実際に全面禁止が規則で強制されているのであれば、違反者がニュースで取り上げられたりすると思うのですがそう言った話は聞かないので、どこか適当な所で落としどころを見つけたのではないかと思います。
    なお個人的にはアメリカも中国やロシアと同じくらい(もしくはそれ以上)邪で汚らしいことをしていると思っています。

  4. nextir35 より:

    >>くらうす様
    コメントありがとうございます。
    臓器狩りをしている中国以上にアメリカが邪なことをしている言うのは難しいと思います。