nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

購買力平価ベースで本当に円安なのか調べてみた

   

内閣官房参与の浜田宏一氏の円安になりすぎているという発言は本当か

浜田宏一氏から、購買力平価で見ると円安になりすぎている、1ドル105円くらいが妥当という発言があり、ドル円相場が動きました。

焦点:「購買力平価説」が円安抑制、日米金融政策の思惑と綱引き

実際のところどうなのだろう?とぐぐってみたら、国際通貨研究所というところが、ドル円の実際のレートと日米の物価を比較したデータを作成していました。ページはこちら→http://www.iima.or.jp/research/ppp/index.html

Sponsored Link

図を見てもドル円のレートがいくらが妥当なのかわからない

さきほど紹介したウェブサイトから図を借用したのが下図です。紺色が実際の為替レートで、赤が消費者物価ベースの想定為替レート(消費者物価PPP)、緑が企業物価ベースの想定為替レート(企業物価PPP)、水色が輸出物価ベースの想定為替レート(輸出物価PPP)です。

購買力平価と為替レート

これを見ると、実勢為替レートは、消費者物価PPPから見ると円安とはいえないものの、企業物価PPPと輸出物価PPPから見ると円安に傾いているようです。

しかし、過去の推移を見ても各PPPと為替レートには相関がありそうですが、どの位置に為替レートが収まるべきかというのはよくわかりません。ただ、これまで為替レートが消費者物価PPPを超えた期間は、ごく短かったことから、ドル円の上値目途は1ドル129.82円くらいなのかもしれません

実際の物価を比べてみるとどうなるか

さきほどリンクを貼ったロイターの記事では、ビッグマックの価格で比べると円安に振れすぎているとのことです。

apple storeのiPhone6(128GB)の価格は、アメリカが849ドル、日本が110,800円(税抜)でした。1ドル120円とすると、日本での価格はドル換算で923ドルとなり、円安というよりは円高です。

NIKE AIR MAX 90の価格を日米のアマゾンで比べてみると、アメリカが109.99ドル、日本が13,500円(税込)です。日本での価格をドル換算にすると112.5ドルとなり、若干円高です。

いくらの為替レートが妥当なのかは正直わかりませんでしたが、今の為替レートが大幅に円安に振れているとはいえない気がします。

 

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

怒り
怒りっぽさをコントロールする方法

人生を台無しにする資質 ’怒りっぽさ’ 生まれつき怒りっぽい人がいるが、「怒りっ …

martini
今週の雑記2017年1月No.1

投資家が飛行機の中で読むべきアプリ 最近の飛行機はwifiが使えるようになってい …

horse
今週の雑記2017年1月No.2

トランプ大統領誕生、軍備強化政策は日本にプラス トランプが大統領として正式に就任 …

麻雀鳴き
日銀・政府はもう3フーロしているも同様な状態

キンドルで昔読んだ漫画を買い直しているのですが、最近は片山まさゆきの「ノーマーク …

handshake
保守・愛国活動は孤独感を減少させる

これはただのエッセイというか最近思っていることなんですけど。 2000年以降、イ …

あさひなぐ
どうすれば大人になっても日本一を目指しながら生きていけるか?

日本一を目指せるのはスポーツだけ? 私、三十代後半になってもヤンマガ、スピリッツ …

fish-market
cis「一番良い売買はつらい」俺「正しいものの見方は受け入れるのがつらい」

cisさんの過去の発言に、 一番良い効率的で増える売買はつらい、精神的につらい …

saxophone
今週の雑記2016年12月No.4

節税売りで下げる銘柄はマイナス乖離が大きい銘柄だけ? 毎年この時期になると「節税 …

kick-boxing
正道を外れたから金持ちになれたのかもしれない

タレブの反脆弱性の第16章(無秩序の教訓)は教育について書かれている。このエッセ …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …