nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

儲け損なう恐怖と損する恐怖の大小について

   

投資家が投資をする際に覚える恐怖には2種類あると思います。

損をすることについての恐怖

1つ目は、普通ですが、損をすることに対する恐怖です。ポジションを持っているときに起こりうる感情です。

買いや売りのポジションが、思惑と逆にいくことで損をします。これに対処するために、資金の一部を余裕資金として残しておいたり、信用取引を控えたり、分散投資をしたりするのではないかと思います。

Sponsored Link

機会を逃すのではないかという恐怖

もう一つの恐怖は、儲け損なうのではないか?という恐怖です。これは、ポジションを持たないことで起こりうる感情です。

全力で投資をしていればこの感情は起きませんが、余裕資金を残していたり、相場を休んでいたりすると、儲ける機会を逸失するような恐怖が起こるのではないかと思います。

この感情に対処するには、全力でレバレッジをかけて投資することです。

ハイレバ派か慎重派かはどちらの恐怖が大きいかで決まるのではないか?

投資家には、余裕資金をしっかり確保して投資をする人と、ほぼ常に全力で投資をする人がいると思います。

前者は、損をする恐怖儲け損なう恐怖の人で、後者は損をする恐怖儲け損なう恐怖の人なのではないでしょうか?

恐怖

私は逸失利益に対する恐怖感が大きいです

私がどちらであるかというと、損をする恐怖よりも、儲け損なうことに対する焦りの方が大きいです。基本的に常に全力でポジションを取っています。

今、資金の一部を別口座に移そうとしていて、ポジションの縮小を図っているのですが、非常に落ち着きません。解消したポジションを持っていれば、もっと利益が出たはず・・という感情が消えません。

この記事を書いたのは、この自分の癖を意識して、必要なときには心理的にスムーズに余裕資金を確保できるようにするためです。

みなさんはどちらのタイプでしょうか?

 - エッセイ

ad

Comment

  1. Yoshi より:

    私も逸失利益に対する恐怖感が大きいです!
    レバも好きなので、市場の上下に存分に左右されてパフォーマンスが大きく上下しがちです。
    また丁度私も口座を移すことが出来ないでいます、、、(笑)
    今は相場が悪くないので、実際に売った銘柄も下がるよりは上がりがちなのがますますその感情に拍車をかけます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

池尾和人
本流の学者池尾和人氏がインフレの発生時期に言及した記事

さまざまな人が日本の財政赤字の副作用を予想しています。円や国債の暴落、インフレな …

human-silhouette
企業には儲かったからといって賃上げする義務なんてないよな【毒舌】

企業が儲かっているのにそれを社員に還元しない、賃上げしないのはけしからんという主 …

column
メディアとつきあう際に生じる困難

現代においてメディアとつきあうのは難しい。 この記事では、メディアと付き合う際に …

悲しい犬
仕事が暇すぎて苦痛だったサラリーマン時代を振り返って考えたこと

昨年会社員を辞めるまで、10年ほど事務系の会社員を続けました。経験した職種は、総 …

space-station
米国が中国製品に高関税を課すのは賛成、日本もやればいい

まだどうなるかわからないが、トランプが中国製品には45%の関税をかけると言ってい …

letters
気づかないうちに老人に対する憎悪が溜まっていく日本での生活

消費税増税延期の報を受けて、あらためて日本の財政はどーなっちゃうの!?という懸念 …

white-stork
今月の雑記2017年6月No.1

なぜ日経マネーに出ることができたのか!? 日経マネー2017年8月号に私のインタ …

老人
胸糞が悪くなる錬金術「世帯分離」

世帯と世帯分離 世帯とは国の通達によれば「居住および生計を共にする者の集まり、ま …

祖国
愛国心と侵略と財政破綻

最近、愛国者めいたことを時折書いているが、ではおまえは愛国者か?と問われるとye …

あさひなぐ
どうすれば大人になっても日本一を目指しながら生きていけるか?

日本一を目指せるのはスポーツだけ? 私、三十代後半になってもヤンマガ、スピリッツ …