nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

鈴木傾城氏の小説は素晴らしい

      2016/06/30

鈴木傾城氏の小説を読んでみたが素晴らしかった。

氏の実体験を反映しているのかどうかよくわからないが、主人公は貧しい国の売春地帯をうろつく一人の男だ。友達もなく、スラムの売春地帯を彷徨い歩いて常習的に女を買う。

「スワイパー1999」はカンボジアを、「コルカタ売春地帯」はインドを舞台にしている。どちらの小説に出てくる売春婦も、自由意志とは程遠い状態で売春を強いられている。今現在もひどい環境下にあるし、未来の見通しも暗い。いくら働いても自分の元にはお金が残らないし、脱走することもできない。学もなく、字も読めず他の仕事もできない。病気を避ける術ももたず、病にかかったら死ぬだけだ。

病にかからずとも理不尽な暴力を受けてあっけなく死ぬこともある。客も、雇用主も女衒も躊躇なく暴力を振るう。

この世界で誰にも知られずに苦難の人生を生きて、誰にも知られず死んでいく。苦難の人生を送ったからといって、それに対する何らかの褒美があるわけでもなく、売春婦を使って儲けた人間にばちが当たるわけでもない。

個々の命が誕生して消えていくまでの有り様は、ここで語られる娼婦の一生のように、ぞんざいで乱暴でデタラメであっけなく、意味のないものだ。日本のような先進国で暮らしていると、命が消費されるまでに仰々しい説明がついてまわるが、それは一時的な、たまたまの現象に過ぎない可能性がある。

小説の内容(素材)だけでなく、作者の文章力も素晴らしい。何かの賞をとってもおかしくない出来だ。

※鈴木氏のキンドル本になっている小説を4冊読んだ。以下、面白いと思った順ランキング。

1位 スワイパー1999
2位 コルカタ売春地帯
3位 ストレッチマーク
4位 グッドナイト・アイリーン

 - 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

birds
今週の雑記 2016年12月No.1

池田信夫氏が亡くなった後の言論界は誰が引き継ぐのか? 日本の言論界をリードしてい …

book
読書感想「個人投資家の逆襲」山口三尊

表題の本を買って読んでみた。以前は、法整備が今より杜撰だったようで、大株主だった …

water
国税の裏側、租税協定の威力、税金亡命などがわかる小説

佐藤弘幸氏の税金亡命という小説が面白かった。 著者は国税庁の資料調査課の出身。こ …

継続すること
チャンスは何度でも来る

五月さんの考えが変わった? 投資家界隈で話題の「勝つ投資 負けない投資」を御多分 …

慰霊碑
吉田清治の長男は公安の協力者だった

韓国・慰安婦問題等について虚偽の発言を行い、ありもしない問題を作り上げた吉田清治 …

東條さち子
東條さち子さんでさえ日本に見切りをつけたがっている・・

漫画家兼大家である東條さち子さんの新作がキンドルで出ていたので早速読んだ。 東條 …

経営者の思い出
日本が貧乏なのはほぼ経営者のせい!?会社員時代の経営者の思い出

GDPは、GDP=人口×生産性 と近似することができる。日本の生産性は諸外国とく …

trail
心と身体の健康のために原始的な環境を取り込む現代人

読書感想とそれから派生するアレコレについて書こうと思います。今読んでいる本は、「 …

小林よしのり戦争論
悲しいほど古びていない小林よしのりの「戦争論」

政治的スタンスが変わり、今では保守層から評価されていない小林よしのりだが、「戦争 …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …