nextir35の気になる株ブログ

Don't watch fake news TV!!

*

日本の歌手はマネタイズが下手な気がする

      2017/01/21

海外でも売れそうなポテンシャルはあるものの・・

雑談です。

日本の歌手を見ていると、いい技術を持っているのに経営がいまいちなせいで海外のライバルに主導権を握られ、ぱっとしないまま終わる日本企業を想起してしまうことがあります。あるいは、「職人であること」にこだわりすぎて、経営を疎かにしてしまう企業を思い浮かべてしまいます。

たとえばゲスの極み乙女。川谷絵音氏はいい曲をハイペースで作っていますし、メンバーの演奏技術はハイクオリティです。特にキーボードのちゃんMARIはすごい

しかし、彼らの曲は日本語オンリーですし、川谷さんのボーカルはうまいとはいえない。私がプロデューサー的立場なら、ボーカルを別途雇います。英語と日本語を両方問題なく話せて歌が上手い人を連れてきて、国内向けには日本語で、海外向けには英語で曲を発表します。こうすれば、彼らの楽曲であれば、海外の広い層にリーチすると思います。英語版の曲を作らないまでも、KOHH氏のビデオのように英語の字幕を表示できるようにしたらいいのではないかと思います。

なぜ海外でも売れることにこだわるかというと、そのほうが彼らが稼げるからです。国内のトップクラスでいるより、海外のトップクラスでいるほうが儲かる!稼げる!そして、同じ日本人として、同胞が海外でも成功するのを見たい!そういうわけで、才能のある日本人歌手を見ていると、なんかもったいないなと思ってしまいます。もっと海外でも売れるようにマネタイズしようがあるのに、と。

少し話題がずれますが、日本の歌手には、作詞作曲、歌唱、演奏をすべて自前でやるべきという固定観念があるように思います。自分の得意なことにだけ特化して、不得意なことは他のプレイヤーともっと協働してもいいのではないでしょうか?人気DJ、aviciiが作る曲はそのつどボーカルを外注しています。

この話題については、過去に神聖かまってちゃんのマネタイズを考えるという記事を書きました。

日本の歌手は海外のマーケットを見ていない!?

ジムにトレーニングに行くと、J-POPの有線がかかっているので最近の日本人の曲を自然と聞くことになります。

そこで思うのは、日本のミュージシャンは、あまり世界の主流のマーケットを見ていないのかな?ということです。日本人の歌手の曲からは、15年前と編曲が変わっていない印象を受けます。欧米のヒット曲とは受ける印象がまったく違います。

たとえば、最近「君の名は」という大ヒットした映画で主題歌を歌ったRADWIMPS。彼らの曲を初めて聴きましたが、編曲がださくないですかね?私には古臭く感じました。

海外で流行っている歌と日本の歌を聞き比べると、日本の歌にはガラパゴスな印象を受けます。今、世界で売れる歌を作るようにAIに曲作りを頼んだら、こんな風にはならないじゃないか?と思う曲が多いです。

もちろん流行をただ真似するのも考えものですし、凛として時雨などは海外の流行とは別の、独特なよさがあると思います。

日本の歌手からは、骨”細”な印象を受ける

日本の最近の歌手から、骨細な印象を受けるのも気になります。2000年代以前はそんなことなかったと思うのですが、最近の歌手が作る曲は繊細なものが多すぎではないでしょうか?

もっと骨太で荒々しい歌手に出てきてほしいです。私がKOHH氏を評価するのは、歌詞の内容がシンプルで骨太だからです。

「貧乏なんて気にしない」「ビッチはいらない」「結局地元が一番」「生きている伝説になりたい」などのようにわかりやすく、欲望に忠実で共感できる心情が述べられています。

歌手は、show businessですから、骨太であってほしい。BRUNO MARSを見習ってほしいです。

私は水曜日のカンパネラが好きですが、彼らにも、aviciiの曲のような人生を歌った歌詞で勝負してほしいです。意味のない言葉の羅列で今後も活動するのが最善なのでしょうか?

歌詞の内容がchildishではないか

日本の歌手が書いた歌詞は子供っぽいものが多いように思います。もっと中高年も聞ける歌を書いてほしいです

英語のヒット曲には、大人が読んでも恥ずかしい気持ちにならない作品が多いように思います。

たとえば、Take Me To Church。宗教と同姓愛と迫害をからめたような内容ですが、ヒットしました。

歌詞が子供っぽく感じるのは日本語だからでしょうか。ONE OK ROCKのWherever you areという曲を聴くと、英語の箇所は特に子供っぽい印象を受けませんが、日本語の部分は中年男性が聞くにはつらいものがあります。

今年50歳になったスガシカオが書いた「おれ、やっぱ月に帰るわ」は、素晴らしい歌詞でした。こういうのを若い人も書いてほしい。

以上、日本の音楽シーンについて素人がいろいろ書いてみました。才能のある人には、本当に世界で売れてほしいです

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

公園の禁止事項
公園のそばに住む苦しみ

今朝も朝6時にどこかの大学生が公園で奇声をあげたせいで目がさめた。彼らは私が近寄 …

fish-market
cis「一番良い売買はつらい」俺「正しいものの見方は受け入れるのがつらい」

cisさんの過去の発言に、 一番良い効率的で増える売買はつらい、精神的につらい …

pomegranate
目が左右非対称な人はコミュ障!?左右非対称な目と性格についての仮説

先日、本屋で「顔を見れば9割わかる ビジネス顔相学」(及川尚輔著)という本をざっ …

お金の使いみち
株で稼いだ金をいかに使うか(私の使いみちをお教えします)

株で稼がれた方はそのお金を何に使っているのだろうか? 一般的には家屋、自動車、衣 …

landscape
やっぱり五月さんは面白いな!!!

自著についてあることないこと書かれた書評への開示請求と、それに至るまでの経緯を説 …

waterfall
滝行は利回りのいいビジネスになりそう

夕方のニュース番組を見ていたら、滝行が紹介されていた。極寒の中、冷たい滝に打たれ …

sunset
東京圏から少し離れて

高校卒業以来、約20年東京圏で暮らしてきたが、先日東京圏から離れた場所に引っ越し …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …

birds
今週の雑記 2016年12月No.1

池田信夫氏が亡くなった後の言論界は誰が引き継ぐのか? 日本の言論界をリードしてい …

疲れた
企業が保守的な予想を出すのは美徳ではない

保守的な予想の連続に疲れ切っています 何銘柄か決算を持ち越しましたが、 今期予想 …