nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

国家は80年周期で危機を迎える!?(フォースターニング)

      2017/03/17

アメリカ合衆国首席戦略官・大統領上級顧問であるスティーブン・バノンが、米国の歴史は80年ごとに危機を迎えるという説を信奉しているのだそうだ。奥山真司氏のブログで知った。

スティーブン・バノンが7年前に制作した映画

バノンは大戦争を起こす?

この説を唱えたのは、ニール・ハウとウィリアム・ストラウスという2人のアマチュアの歴史家だ。二人の共著、『フォース・ターニング:米国の預言』(The Fourth Turning: An American Prophecy)を奥山氏が翻訳中ということで、その詳しい内容を日本語でも近日中に読めるようになりそうだ。

具体的な80年ごとの危機は、

  1. アメリカの独立戦争から憲法制定までの時代(1774-1794)
  2. 南北戦争とその後までの時代(1860-68)
  3. そして世界恐慌から第二次世界大戦までの時代(1929-45)

であって、次の危機(フォースターニング)は、2009-2025年に来ることになる。バノン氏は、中国や中東との戦争を予想しているようだ。

この80周年周期説が正しいかどうか現時点ではわからないが(株式投資にも応用できる考えだが、過去から未来は予測できない!)米国と中国の衝突は避けられないと思う。その衝突が軍事衝突を含むのか、経済戦争程度で終わるのかわからないが。米中の衝突が回避されるとすれば、中国側が変わるしかない。米国側が譲歩してしまうと、中国が巨大覇権国となってしまう。

最近の物騒な世相を作り出したのは、トランプではなく中国である。メディアではなぜだかトランプのせいになっているが・・。

ちなみにバノン氏は保守派のニュースサイトの運営にも携わったとあるが、そのニュースサイトはこちらである。

http://www.breitbart.com/

Sponsored Link

日本にも適用できる80年周期説

先日、浅井隆氏と小黒一正氏の「預金封鎖、財産税、そして10倍のインフレ!!」を読んでいたら、日本は40年毎に絶頂と下落を繰り返しているという指摘があった。つまり80年ごとにクラッシュするのだから、上述のニール・ハウとウィリアム・ストラウスの説と同じである。

小黒一正 私も同じことを考えています。明治維新の1868年から約40年が「上り坂」で、そのピークが日露戦争の1905年。それから40年が「下り坂」で、その終着地が第二次世界大戦の敗戦、すなわち1945年の「焼け野原」で、この80年間が1サイクルです。次の80年のサイクルのスタートは、1945年からの戦後復興で、高度成長もあるそれから40年の「上り坂」で、そのピークが1985年のプラザ合意の年。そこからバブルが発生して1990年頃にバブルが崩壊、その後は平成金融危機や人口減少が始まり「下り坂」で1985年に40年を足すと2025年です。偶然のようにも思いますが、この年は団塊の世代が全員75歳以上になって医療・介護費が急増し、財政が急速に悪化する年ですね。

浅井隆 そうですね。私の場合は、終戦後5年間のドサクサの混乱期は除いて朝鮮戦争(1950年)から40年にしたのです。そうするとバブルのピーク(1989年)の年となり、そこから40年後となると2029-30年なのですが、2025年に老人大国のピークが来るのでいずれにしてもその前後が大底かなと。

最初の危機が、明治維新(1868年)、次が第二次世界大戦敗戦(1945年)、次のサード・ターニングが2025-2030年という説だ。この本は財政危機について論じたものなので、この時期に財政危機の影響が本格化するかもしれないと二人は論じている。

財政危機がどのように我々の生活に影響を与えるか、それはいつごろやってくるかについてはまた記事を改めて紹介したい。

 - 地政学

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

chess
2025年までに東アジア・東南アジアで2回は戦争が起こると思う

最近の中国の憑かれたような海外進出を見ていると、戦争への圧力が高まっているのを感 …

military
米軍の北朝鮮攻撃はいつ起こるか?(追記あり)

標題の件について最近ずっと考えているが結論としてはよくわからない。どうすべきか、 …

european-rabbits
保守になるか左翼になるかの分岐点は地政学的な危機を認識するかどうかだ

永江一石氏が「60歳以上が反体制に傾くわけは・・」という記事を書いているのを読ん …

DHC
愛国者系経営者吉田嘉明氏はTV東京の大株主だった

沖縄の基地反対運動に外国人や極左が入り込んでいるという点に切り込んだ報道番組ニュ …

住みたい街、住みたくない街
地政学的観点から選ぶ住みたい街・住みたくない街ランキング

テレビ等でどの程度報じているのかわからないが、北朝鮮情勢はいつ何があるかわからな …

helicopter
ピーター・ナヴァロ「米中もし戦わば」は米国でどのように受け止められているか?

対中強硬派で米国国家通商会議の委員長に選ばれたピーター・ナヴァロの著作「米中もし …

horse
今週の雑記2017年1月No.2

トランプ大統領誕生、軍備強化政策は日本にプラス トランプが大統領として正式に就任 …

skull
中国の世界支配計画は1940年代から続いている(中国の100年マラソンについて)

ピーター・ナヴァロの「米中もし戦わば」は、近年の中国の軍事能力の伸びを明らかにし …

SM-3
北朝鮮からの核ミサイルが飛んでこない方に賭けるのは正しいのか?

米国vs北朝鮮の激突が3月中旬 この2~3週間がヤマ場だと政府が判断 米海軍特殊 …

お金の使いみち
株で稼いだ金をいかに使うか(私の使いみちをお教えします)

株で稼がれた方はそのお金を何に使っているのだろうか? 一般的には家屋、自動車、衣 …