今日(3/13)発売の週刊東洋経済は実質四季報先取り号

以前は四季報発売の前月末くらいに四季報先取りという雑誌が出ていたが、最近は見なくなった。四季報オンラインに集中する方が儲かると判断され、廃止になったのだろう。

ところで今日発売の週刊東洋経済は、3/17発売の四季報のデータを使って、増益率ランキングなどを掲載しており、実質四季報先取り号的な内容になっている。

掲載されているランキングは下記の通り。

  • 時価総額上位500社の来期の最高純利益更新率トップ100(ただし純利益1億円以上)
  • 時価総額上位500位以下企業の来期の最高純利益更新率トップ200(ただし純利益1億円以上)
  • 今期純利益が最高益となる企業で、かつ売上高が5期前と較べて1.5倍以上の企業の純利益更新率トップ100
  • 来期が最高益となる企業の来期高ROEトップ50
  • 最高益を更新する企業が何年ぶりに更新するかのランキングトップ50
  • 来期配当利回りトップ100
  • 東証1部株価上昇余地ランキングトップ903(現在の株価と理論株価の比率で求める)
  • 東証2部、ジャスダック、マザーズ株価上昇余地ランキングトップ197

というわけで四季報買いを先回りしたい投資家向けの内容になっていておすすめだ。

sponsored link
ad




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link
ad