nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

年々強まる悪いことが起こる予感

   

私は遺伝的に心の病気を背負っており、不安感や悲観に始終捕らわれている。私の物の考え方にはバイアスがかかっていることを、私はある程度認知しているつもりだ。

しかし、それを割り引いても、日本が、あるいは世界が、この先、大きな苦難を味わうことになるという予感が拭い去れない。

先日、ついにスティーブ・バノンが強く影響されたというフォースターニングを買ってしまった。キンドル版が出るのを待つ予定だったが、待ちきれなくなってしまった。

フォースターニングというのは、簡単にいうと、人間の歴史は80~100年周期で春夏秋冬や人間の一生(幼年期、青年期、中年期、老年期)に似たサイクルを繰り返すという仮説を書いた本だ。著者は歴史家である。

80~100年周期で世界は破滅的な状態を経験した後、新たな再生を繰り返すと著者は主張している。では、今がどのタイミングかというと、季節でいうところの冬、人間の一生で言うところの老年期で、大きな災厄を人類が経験しやすいフェイズである。

過去から未来を予測できるとは限らない、と私は考えているけれども、それでも今が大きな災厄の一歩手前にいるという考えには同調してしまう。

Sponsored Link

災厄がどのように訪れるかというと、やはり中国発だと私は思う。中国人の持つ野心は、普通の国で羊のように暮らす一般人には理解しがたいレベルの攻撃的で危険なものだ。

彼らの野心については、「china2049」という著作が詳しいが、彼らは清が世界の列強に支配された屈辱を晴らそうとしている。清は漢民族の国ですらなかったのに・・。

中国人がネット上の規制を受けずに、他国の人間ともっとやりとりを交わせれば彼らの考え方ももっと穏当なものになるのかもしれないが、現実はそうではない。彼らと我々はほとんど断絶している。

中国はおそらくこのまま膨張を止めることができずに、米国との緊張が避けられないものになり、軍事衝突まで行くというのが私の見立てだ。米国の態度(世界の覇権国であること、他の覇権国の存在を許さないこと)が変わるとは思えないので、衝突が回避されるとすれば、中国がハト派のリーダーを擁立できた場合だけだろう。米中の衝突が、今後すぐに起こるだろうと予想しているのではなく、8年~20年先を予想している。

その他にも、よくわからない力の衝突の気配がある。たとえば急進的なリベラル的言説と保守的な言説の衝突が世界中で起きている。急進的なリベラル的言説は誰が支えているのだろう?

日本は、上記以外にも、個別の困難と直面することになる。財政問題(増税orインフレ圧力になる)、近隣国家との軋轢などである。

これからの10年はつらい10年になる。私はそう考えている。

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

萌え
陰謀脳より恐ろしい萌え脳

世の中には「陰謀脳」と言われる人間がいる。物事のどんな側面にも危機を見出し、その …

ハンバーガー
購買力平価ベースで本当に円安なのか調べてみた

内閣官房参与の浜田宏一氏の円安になりすぎているという発言は本当か 浜田宏一氏から …

グーグル
専業投資家とアフィリエイター稼業は相性がいい?

専業投資家になって、というか無職になって、膨大な時間をもてあますようになりました …

住みたい街、住みたくない街
地政学的観点から選ぶ住みたい街・住みたくない街ランキング

テレビ等でどの程度報じているのかわからないが、北朝鮮情勢はいつ何があるかわからな …

壁
今週の雑記2017年1月No.3

正常な利己主義の回帰 今、世の中で起きていることは常識的な範囲での「利己主義の回 …

handshake
保守・愛国活動は孤独感を減少させる

これはただのエッセイというか最近思っていることなんですけど。 2000年以降、イ …

犬
グーグルがコンテンツにもたらした変化、グーグルの犬になった私

結論 まずは結論。 グーグルは日記、私小説、エッセイの書き手を減らした グーグル …

japan
昭和の雰囲気が残るものに接するとこみあげてくるものがあるけれど

昭和の雰囲気に接すると懐かしくてたまらなくなる 昨日、近所にある古い銭湯に初めて …

snail
今週の雑記2017年4月No.1

群馬に一時疎開、群馬はいいところだった 4/15あたりに北朝鮮情勢がきな臭くなる …

horse
今週の雑記2017年1月No.2

トランプ大統領誕生、軍備強化政策は日本にプラス トランプが大統領として正式に就任 …