nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

日本と中国の関係は自殺島のレイコ姉妹のよう

      2017/06/04

サイゼリヤで柳澤協二他の対談本「新・日米安保論」という本を読んでいたんですよ。

冒頭の方に、中国が尖閣を奪取しようとしてきた場合に、米国が本当に動くかどうかは自明ではないみたいなことが話し合われているんですよね。

で、仮に尖閣が取られてしまった場合に日本国内でナショナリズムが昂揚して、中国との戦闘行為を望む気運が高まったりすると逆に戦争を呼び寄せてしまうので危険であると指摘されています。そういった場合も冷静にならなければならないと。

こういう指摘がなされるのは、日本が中国に軍事力で大差で劣っているからです。冷静さを欠いて戦闘を始めてしまうと損をするのは日本の方、という状況になっています。

で、改めて今、日本が陥っている状況を噛みしめると悲しくなりますよね。

私はネットで見たこの漫画を思い出してしまいました(この漫画は「自殺島」というタイトルだそうです)。

自殺島レイコ1

自殺島レイコ2

自殺島レイコ5

自殺島レイコ6

自殺島レイコ3

自殺島レイコ4

 

 

もちろん真面目な姉の方が日本で、奔放な妹の方が中国です。両親が米国ですね。

日本人は(少なくとも普通の日本人は)戦後の教育において、平和を大事にすべきとか、他国を軍事的に侵略してはいけないとか教わってきたわけじゃないですか。私達はそれを正しいことだと信じて、真面目にやってきたつもりじゃないですか。

しかし、好き勝手にやってきた中国にGDPで追い抜かれ、軍事力で大差をつけられ、日本独力では中国に対抗できなくなっているわけです。日本人が遵守すべきだと教わってきた、他国を軍事的に侵略してはいけないとか平和を大事にすべきという価値観を中国はまったく持っていません。

中国では「力がある者がルールを決めることができる」「力があれば何をしてもいい」という価値観が首肯され、現実に日本人はその価値観の前に危機感を覚えているわけです。

Sponsored Link

20年前にはこんなふうになるとはほとんどの人が思っていなかったはずです。10年前でさえ、日本はまだ中国に勝っているという意識だったと思います。それが今では追い抜けないほどの大差になっています。上の漫画の最後のコマの姉のように、「一体 何が起きているのか わからなかった」という状況ではないでしょうか。

日本としては、米国との同盟関係(上記の本では日本が米国を一方的にすがっているので、同盟という表現はおかしいと指摘されています)を強化し、東南アジア諸国やインド、オーストラリアあたりも味方につけて長期的にしのいでいくしかないと思われます。

私達は私達が信じてきた価値観の欠陥を直視して変わっていくしかありません。

 - 地政学, 政治

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

お金の使いみち
株で稼いだ金をいかに使うか(私の使いみちをお教えします)

株で稼がれた方はそのお金を何に使っているのだろうか? 一般的には家屋、自動車、衣 …

寄付
政治家は献金用のフォームをウェブサイトに完備して欲しい

日本人であれば、応援したい政治家に個人献金をすることができます。政党に対して献金 …

住みたい街、住みたくない街
地政学的観点から選ぶ住みたい街・住みたくない街ランキング

テレビ等でどの程度報じているのかわからないが、北朝鮮情勢はいつ何があるかわからな …

skull
中国の世界支配計画は1940年代から続いている(中国の100年マラソンについて)

ピーター・ナヴァロの「米中もし戦わば」は、近年の中国の軍事能力の伸びを明らかにし …

horse
今週の雑記2017年1月No.2

トランプ大統領誕生、軍備強化政策は日本にプラス トランプが大統領として正式に就任 …

慰霊碑
吉田清治の長男は公安の協力者だった

韓国・慰安婦問題等について虚偽の発言を行い、ありもしない問題を作り上げた吉田清治 …

vote
幸福実現党の政策はかなりまとも

幸福の科学の政党、幸福実現党の政策は結構いいと思う。ところどころに出てくる宗教臭 …

スイス
スイス政府編「民間防衛」に学ぶ国土防衛のための心構え

国防は一日にしてならず。国土を防衛するには、国民の日頃の心構えが大切であるという …

スティーブン・バノン
国家は80年周期で危機を迎える!?(フォースターニング)

アメリカ合衆国首席戦略官・大統領上級顧問であるスティーブン・バノンが、米国の歴史 …

軍事リスク
今後はもっと東アジアの軍事リスクを気にしていく必要がある

どの銘柄がいいとか上がりそうだとかいった話題もいいが、株式投資は長期的にはまじめ …