nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

吉田清治の長男は公安の協力者だった

   

韓国・慰安婦問題等について虚偽の発言を行い、ありもしない問題を作り上げた吉田清治氏だが、氏の長男は責任感の強い真面目な人のようで、吉田清治氏が韓国に建てた謝罪碑の撤去を希望していた。

しかし、実際に撤去するのは難しいということで、奥茂治氏の協力で文面を慰霊碑に書き換えた石を謝罪碑の表面に貼り付け、けじめをつけた。

この一連の出来事と今まで知られていなかった吉田清治氏の人生、慰安婦騒動の進展を大高未貴氏が「父の謝罪碑を撤去します」という本にまとめ上げて出版した。

この本を読むと、まず吉田清治氏長男のまじめな人柄や苦労の多かった人生、父親が犯した虚偽を訂正したいという強い思いが伝わってくる。が、慰安婦問題は吉田清治氏の長男が何を言っても、朝日新聞が記事を取り消しても、日韓が不可逆的な合意をとりつけても終わりそうになく、やりきれない感情がわいてくる。

慰安婦問題の裏には、日本から補償金を受け取りたい北朝鮮の勢力が存在している。韓国の慰安婦問題活動家、朝日新聞、旧社会党が北朝鮮勢力の手足となって動き、彼らの企みは成功した。

日本の国益を大幅に損なうことになった吉田清治氏だが、おもしろいことに吉田清治氏の息子二人は一時期公安の協力者として働き日本国に貢献していた。二人は、費用がかからないからという理由でソ連の大学に進学し、ロシア語を習得していた。それに公安が目をつけ、協力者になってもらい、海運会社に就職させ、ソ連関連の情報を公安に流させていた。

吉田清治氏は、プライドが高く、虚言癖があり、就職をしても長続きしないタイプで、承認欲求が強いために強制徴用や慰安婦について嘘を書いて本を出版した結果、朝鮮勢力にがんじがらめにされてしまった(吉田氏と当時話をした公安警察官によると、吉田氏には常に朝鮮人の組織(KCIA?)の人間が2-3人つき、自由に行動できなくなっていたそうだ。韓国に謝罪行脚に行く吉田氏を見て「最後は可哀そうになってきた。このあとKCIAに殺されなきゃいいな、とも思いました」と語っている)。

その一方で長男の方は、平日だけでなく土日もまじめに働き、父母や病気の弟を養い結婚もしなかった。他の家族が逝去した今、ようやく自分の時間を持てるようになっている。この両者のアンバランスさもなんだか悲しい。たちの悪い冗談のようでもある。

本は長男の次の言葉で締めくくられている。

「私はこの謝罪碑の問題が解決すればそれで心配事がなくなります。今回のことが終われば、私のことは読者の皆さんは忘れてくれる。これで忘れてほしいのです」

 - 政治, 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

野良犬
人の死をネタにしていいんですか?いーんです!シックスサマナ第27号感想

※投資とは全く関係がない内容です。 井上さん死す 電子書籍シックスサマナ27号が …

小林よしのり戦争論
悲しいほど古びていない小林よしのりの「戦争論」

政治的スタンスが変わり、今では保守層から評価されていない小林よしのりだが、「戦争 …

lion
面白い本が出た!その他雑記

遺伝や人間のデフォルトの設定、外見などについて書いた新書が出た 投資好きの人には …

レイコ姉妹
日本と中国の関係は自殺島のレイコ姉妹のよう

サイゼリヤで柳澤協二他の対談本「新・日米安保論」という本を読んでいたんですよ。 …

奥茂治
奥茂治ってどんな人!?

吉田清治の長男の依頼に応じて、韓国にある吉田清治が建立した謝罪碑を「慰霊碑」に書 …

レーニン
共産党の危険性

選挙結果、特に国政以外の市議会選挙や県議会選挙の結果を見て目につくのは、共産党議 …

european-rabbits
保守になるか左翼になるかの分岐点は地政学的な危機を認識するかどうかだ

永江一石氏が「60歳以上が反体制に傾くわけは・・」という記事を書いているのを読ん …

釣崎清隆
死体写真家・釣崎清隆氏は保守だった/クイックジャパンがサブカルの意味を変容させた

昔のエロ本には真のサブカルコーナーが存在した 釣崎清隆氏は外国などで死体の写真を …

FDR
フランクリン・デラノ・ルーズベルト悪人伝説

最近、渡辺惣樹氏の「戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実」と「誰が第二次世界 …

戦士の法則
「戦士の文化」と少子化(書評:戦争にチャンスを与えよ)

エドワード・ルトワックの「戦争にチャンスを与えよ」(文春新書)を読んだが面白かっ …