nextir35の気になる株ブログ

Don't watch fake news TV!!

*

言論においても「航行の自由作戦」をする必要がある

      2017/10/13

「航行の自由作戦」というのは米軍が南シナ海で行っている作戦(?)であって、南シナ海を不当に自国の海域だと主張している中国の主張を否定するため、あえて軍艦を航行させる行為である。

中国という口やかましい強国に対してあえて逆らって見せられるのは東アジア、東南アジアでは米軍くらいということで彼らが積極的に世界の警察役をしてくれるのは、現状、日本人にとってはありがたいことである。

「航行の自由作戦」は現実の軍事領域の世界の話であるが、私はそれに似た行為を言論においてもしていかなければならないのではないかと考える。

航行の自由作戦

在日米軍司令部のツイッターから

というのも、正義のふりをした言論弾圧が日本で散見されるからである。

「都合の悪い事実を指摘された、あいつの言うことはヘイトスピーチだ」「俺たちを低く評価している、あいつはレイシストだ」「俺たちが主張する歴史と違う、あいつは歴史修正主義者だ」

などといったレッテルを貼ることで、自勢力に不利な言説をさせまいとする言論弾圧である。

特定の国の人間を事実に基いて悪く言うのはヘイトスピーチではないし、レイシスト的行為でもない。

事実に基いて、歴史の真実を暴く行為は歴史修正主義ではない。

私たちは、一部のレッテル貼りに屈さずに言論において「航行の自由作戦」をする必要があるのではないか?

これまで日本人はおとなしかった。事実と違うめちゃくちゃな主張を「はい、はい」とニコニコしながら聞いてきた。その結果どうなったかというと、事実がめちゃくちゃな主張によって捻じ曲げられたのである。

今は、「それは事実ではない、本当は○○だ」という指摘をさせまいとする勢力が出てきている。積極的に悪いものは悪いと言い、言論の自由を自分たちで確保する努力をすべきだ。

和を以て尊しとなすの精神は、言論戦においては忘れたほうがいい。

Sponsored Link

 

 - 政治, 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

bodybuilder
【予防医療】「いいアブラ」系の本は一読に値する【健康】

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術という本を読み終えた。著者はカナダ人の …

反脆さ
政治家はantifragileなキャラクターを確立すべき

最近邦訳が出たナシーム・ニコラス・タレブの「反脆弱性(Antifragile)」 …

釣崎清隆
死体写真家・釣崎清隆氏は保守だった/クイックジャパンがサブカルの意味を変容させた

昔のエロ本には真のサブカルコーナーが存在した 釣崎清隆氏は外国などで死体の写真を …

自民党入党の案内
自民党員になるメリット・デメリット

調べていたのでまとめた結果を書きます。 ※間違っている点があったらコメント欄でご …

streaming
今月の雑記2017年7月No.1

株式投資については書きたいことがなくなってしまった 株式投資に対する手法や心構え …

urban
とっつきにくい「政治」に親しむためのノウハウ

政治は私たちの生活に本来密接に関連しているものなのに、多くの人は政治に積極的に関 …

skull
中国の世界支配計画は1940年代から続いている(中国の100年マラソンについて)

ピーター・ナヴァロの「米中もし戦わば」は、近年の中国の軍事能力の伸びを明らかにし …

自民党
自民党はネットメディアとの付き合い方を変えるべきだ

日本はたくさんの問題を抱えている。現政権はそれを解決するために概ね正しい努力をし …

the-ball
安倍総理は日本に政治というジャンルを切り開いた男だ

私が子どもの頃はサッカーのJリーグというものはなかった。だからサッカーの試合がテ …

政治資金
政治資金収支報告書制度についての不満点

総務省のウェブサイトから国会議員関係政治団体の収支報告書を見ることができる。 2 …