nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

言論においても「航行の自由作戦」をする必要がある

   

「航行の自由作戦」というのは米軍が南シナ海で行っている作戦(?)であって、南シナ海を不当に自国の海域だと主張している中国の主張を否定するため、あえて軍艦を航行させる行為である。

中国という口やかましい強国に対してあえて逆らって見せられるのは東アジア、東南アジアでは米軍くらいということで彼らが積極的に世界の警察役をしてくれるのは、現状、日本人にとってはありがたいことである。

「航行の自由作戦」は現実の軍事領域の世界の話であるが、私はそれに似た行為を言論においてもしていかなければならないのではないかと考える。

航行の自由作戦

在日米軍司令部のツイッターから

というのも、正義のふりをした言論弾圧が日本で散見されるからである。

「都合の悪い事実を指摘された、あいつの言うことはヘイトスピーチだ」「俺たちを低く評価している、あいつはレイシストだ」「俺たちが主張する歴史と違う、あいつは歴史修正主義者だ」

などといったレッテルを貼ることで、自勢力に不利な言説をさせまいとする言論弾圧である。

特定の国の人間を事実に基いて悪く言うのはヘイトスピーチではないし、レイシスト的行為でもない。

事実に基いて、歴史の真実を暴く行為は歴史修正主義ではない。

私たちは、一部のレッテル貼りに屈さずに言論において「航行の自由作戦」をする必要があるのではないか?

これまで日本人はおとなしかった。事実と違うめちゃくちゃな主張を「はい、はい」とニコニコしながら聞いてきた。その結果どうなったかというと、事実がめちゃくちゃな主張によって捻じ曲げられたのである。

今は、「それは事実ではない、本当は○○だ」という指摘をさせまいとする勢力が出てきている。積極的に悪いものは悪いと言い、言論の自由を自分たちで確保する努力をすべきだ。

和を以て尊しとなすの精神は、言論戦においては忘れたほうがいい。

Sponsored Link

ヘイトスピーチの定義はない!?

先に「ヘイトスピーチではない」と書いた箇所があるが、法務省のウェブサイトにあるヘイトスピーチのパンフレットを読むと、「ヘイトスピーチに明確な定義はありません」と書いてある。

参考:私達の身近にあるヘイトスピーチ(法務省)

なぜ明確な定義をしなかったのか不思議である。これではヘイトスピーチというレッテル貼りが横行してしまう。言われた方が傷つくのが問題だとパンフレットには書いてあるが、事実を指摘しているだけなのに相手が傷ついたと主張した場合どうするのか?

法務省はヘイトスピーチの定義をしっかり作るべきだ。

ヘイトスピーチ定義

現状でさえこうなのだから、人権保護法案が通っていたら、本当に言論の自由がなくなっていたように思う。

驚くべき韓国の歴史的事実

百田尚樹氏が出した新著「今こそ、韓国に謝ろう」は韓国が流すデタラメを正す快著である。

韓国に謝罪しようと日本人に呼びかける、ユーモアあふれるテイストで書かれているが、そこで明かされる韓国の実体、韓国の歴史、韓国人が行ってきた歴史の糊塗はおぞましい。

韓国の歴史において特に驚いたのが、日本が併合する前は、人口の30%は奴隷階級だった(売買可能)ということだ。また女性には姓名がなかったというのも驚きだ。

※産経新聞がジャパンフォワードという英字情報サイトに力を入れるようです。サポーターを募集しているので、金銭的に余裕のある方は是非。

ジャパンフォワード

 - 政治, 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

book
読書感想「個人投資家の逆襲」山口三尊

表題の本を買って読んでみた。以前は、法整備が今より杜撰だったようで、大株主だった …

レイコ姉妹
日本と中国の関係は自殺島のレイコ姉妹のよう

サイゼリヤで柳澤協二他の対談本「新・日米安保論」という本を読んでいたんですよ。 …

skull
中国の世界支配計画は1940年代から続いている(中国の100年マラソンについて)

ピーター・ナヴァロの「米中もし戦わば」は、近年の中国の軍事能力の伸びを明らかにし …

壁
今週の雑記2017年1月No.3

正常な利己主義の回帰 今、世の中で起きていることは常識的な範囲での「利己主義の回 …

vote
幸福実現党の政策はかなりまとも

幸福の科学の政党、幸福実現党の政策は結構いいと思う。ところどころに出てくる宗教臭 …

lion
面白い本が出た!その他雑記

遺伝や人間のデフォルトの設定、外見などについて書いた新書が出た 投資好きの人には …

反安保闘争
1960年代にtwitterがあれば反安保闘争は存在しなかった

私は1960-70年代に起こった反安保闘争について詳しく知らなかった。改正前の安 …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …

鈴木傾城氏の小説は素晴らしい

鈴木傾城氏の小説を読んでみたが素晴らしかった。 氏の実体験を反映しているのかどう …

戦士の法則
「戦士の文化」と少子化(書評:戦争にチャンスを与えよ)

エドワード・ルトワックの「戦争にチャンスを与えよ」(文春新書)を読んだが面白かっ …