nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

言論においても「航行の自由作戦」をする必要がある

   

「航行の自由作戦」というのは米軍が南シナ海で行っている作戦(?)であって、南シナ海を不当に自国の海域だと主張している中国の主張を否定するため、あえて軍艦を航行させる行為である。

中国という口やかましい強国に対してあえて逆らって見せられるのは東アジア、東南アジアでは米軍くらいということで彼らが積極的に世界の警察役をしてくれるのは、現状、日本人にとってはありがたいことである。

「航行の自由作戦」は現実の軍事領域の世界の話であるが、私はそれに似た行為を言論においてもしていかなければならないのではないかと考える。

航行の自由作戦

在日米軍司令部のツイッターから

というのも、正義のふりをした言論弾圧が日本で散見されるからである。

「都合の悪い事実を指摘された、あいつの言うことはヘイトスピーチだ」「俺たちを低く評価している、あいつはレイシストだ」「俺たちが主張する歴史と違う、あいつは歴史修正主義者だ」

などといったレッテルを貼ることで、自勢力に不利な言説をさせまいとする言論弾圧である。

特定の国の人間を事実に基いて悪く言うのはヘイトスピーチではないし、レイシスト的行為でもない。

事実に基いて、歴史の真実を暴く行為は歴史修正主義ではない。

私たちは、一部のレッテル貼りに屈さずに言論において「航行の自由作戦」をする必要があるのではないか?

これまで日本人はおとなしかった。事実と違うめちゃくちゃな主張を「はい、はい」とニコニコしながら聞いてきた。その結果どうなったかというと、事実がめちゃくちゃな主張によって捻じ曲げられたのである。

今は、「それは事実ではない、本当は○○だ」という指摘をさせまいとする勢力が出てきている。積極的に悪いものは悪いと言い、言論の自由を自分たちで確保する努力をすべきだ。

和を以て尊しとなすの精神は、言論戦においては忘れたほうがいい。

Sponsored Link

ヘイトスピーチの定義はない!?

先に「ヘイトスピーチではない」と書いた箇所があるが、法務省のウェブサイトにあるヘイトスピーチのパンフレットを読むと、「ヘイトスピーチに明確な定義はありません」と書いてある。

参考:私達の身近にあるヘイトスピーチ(法務省)

なぜ明確な定義をしなかったのか不思議である。これではヘイトスピーチというレッテル貼りが横行してしまう。言われた方が傷つくのが問題だとパンフレットには書いてあるが、事実を指摘しているだけなのに相手が傷ついたと主張した場合どうするのか?

法務省はヘイトスピーチの定義をしっかり作るべきだ。

ヘイトスピーチ定義

現状でさえこうなのだから、人権保護法案が通っていたら、本当に言論の自由がなくなっていたように思う。

驚くべき韓国の歴史的事実

百田尚樹氏が出した新著「今こそ、韓国に謝ろう」は韓国が流すデタラメを正す快著である。

韓国に謝罪しようと日本人に呼びかける、ユーモアあふれるテイストで書かれているが、そこで明かされる韓国の実体、韓国の歴史、韓国人が行ってきた歴史の糊塗はおぞましい。

韓国の歴史において特に驚いたのが、日本が併合する前は、人口の30%は奴隷階級だった(売買可能)ということだ。また女性には姓名がなかったというのも驚きだ。

※産経新聞がジャパンフォワードという英字情報サイトに力を入れるようです。サポーターを募集しているので、金銭的に余裕のある方は是非。

ジャパンフォワード

 - 政治, 本の感想

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

そーせいチャート
バイオ企業投資に役に立つ本

勢いのあるバイオ企業株! バイオ企業の株価が、最近熱いです。この分野への投資に役 …

prison
米国の人身売買報告書リスト2017、中国以外のランキングは!?

米国国務省は、世界各国の人身売買状況について報告書を公表した。中国のランキングが …

野良犬
人の死をネタにしていいんですか?いーんです!シックスサマナ第27号感想

※投資とは全く関係がない内容です。 井上さん死す 電子書籍シックスサマナ27号が …

慰霊碑
吉田清治の長男は公安の協力者だった

韓国・慰安婦問題等について虚偽の発言を行い、ありもしない問題を作り上げた吉田清治 …

bodybuilder
【予防医療】「いいアブラ」系の本は一読に値する【健康】

世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術という本を読み終えた。著者はカナダ人の …

water
国税の裏側、租税協定の威力、税金亡命などがわかる小説

佐藤弘幸氏の税金亡命という小説が面白かった。 著者は国税庁の資料調査課の出身。こ …

東條さち子
東條さち子さんでさえ日本に見切りをつけたがっている・・

漫画家兼大家である東條さち子さんの新作がキンドルで出ていたので早速読んだ。 東條 …

book
読書感想「個人投資家の逆襲」山口三尊

表題の本を買って読んでみた。以前は、法整備が今より杜撰だったようで、大株主だった …

政治資金
政治資金収支報告書制度についての不満点

総務省のウェブサイトから国会議員関係政治団体の収支報告書を見ることができる。 2 …

小林よしのり戦争論
悲しいほど古びていない小林よしのりの「戦争論」

政治的スタンスが変わり、今では保守層から評価されていない小林よしのりだが、「戦争 …