nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

今月の雑記2017年6月No.1

      2017/06/25

なぜ日経マネーに出ることができたのか!?

日経マネー2017年8月号に私のインタビューを掲載してもらうことができた。一度は雑誌に出てみたいと思っていたので嬉しかった。

なぜ日経マネーに出れたかというと、日経マネーがやっていた投資に関するアンケートに本名で回答したところ、日経マネー誌からメールが来たのである。おそらく回答したパフォーマンスが良い方だったからだと思われる。

そして中野目純一副編集長が喫茶店で投資についての話を聞いてくれた。その時の内容が同誌に掲載されているので、興味のある方は購読してみてください。

日経マネー誌が過去に行った個人投資家特集(個人投資家を本名で掲載して、有価証券報告書等からわかる持ち株とそこから推察できる資産額を記載したもの)は私のブログに影響されたものですよね?と確認したところ肯定された。

Sponsored Link

何かのきっかけで私が「最近のマスコミは偏向報道がひどい」という話題を出した。「日経も経済面はいいけれど政治面は左に偏っていてよくない」と言ったところ、中野目氏は「日経は中道右派ですから」と否定された。それに対して私は何も言い返さなかったが、内心「日経が中道右派はないよ~」と思ってしまった。

私の中での各新聞の位置付けは、産経が右派、読売が中道右派、日経は左派、朝日毎日は極左、沖縄タイムス等はプロパガンダ紙だ。

しかし、今回の日経マネー誌の特集は、アンケートに基いて、勝っている投資家がどういう考えや行動をしているのかが伺えてよかった。

中野目氏には、まだ雑誌では見かけないけれど、取材したら面白そうな投資家を何人か提案した。鎌倉雄介氏のインタビューを是非とってほしいとも伝えた(高齢なので)。他に、「投資家が考える中長期のリスクとその対処法」という特集があったら読みたいと伝えた。

保守系の情報をもれなく摂取しようと思うと時間が足りなくなる

保守系の情報を各種見たり読んだりしている。地上派のテレビは、一週間で30分も見なくなった(ニュース番組を見ていると印象操作ぶりや報道しない自由の行使っぷりに腹が立ってくるので)。

ついでにヤフージャパンも見なくなった。ヤフージャパンの一番目立つところには各種ニュースが掲載されているが、それらは左右入り混じったニュースソースからの転載なので、目にすると精神的な健康を害する。

ネットでニュースを一覧形式で見る時はグーグルニュースを使っているが、そのまま表示させるとヤフージャパンと同じで腹が立つ結果になるのでカスタマイズしている。

グーグルニュースカスタマイズ

上図のように「ニュース提供元」をカスタマイズしていて、コママークが左に寄っているニュースソースのニュースは表示されないようになっている。逆に八重山毎日オンラインが右側(表示したい)になっているのは、八重山日報と八重山毎日を勘違いしているためだ・・。大紀元は中国に批判的なメディアだが、大紀元の中国批判は基本的に全て真実だと私は考えている。

以前、何かの特集で、AKBファンの生活が紹介されていた。AKB関連の情報は非常に多いので、それを全部摂取しようと思うと時間が足りないというものであった。

保守系情報も少ないようでいて実は多く、全て摂取しようと思うととても時間が足りない。雑誌に関しては「will」「hanada」「正論」がまずあって、マイナーどころでは「ジャパニズム」もあるし、その他の「新潮45」「文藝春秋」も記事内容によっては読む。

新聞は産経と八重山日報がある。動画では、虎ノ門ニュースを始めとしたDHC系列のもの、生田よしかつ氏がやっている報道特注がある。チャンネル桜KAZUYAチャンネルもあり、百田尚樹氏や和田政宗氏のニコ生を転載した動画もどんどんアップされる。ラジオの転載もおもしろそうなものがある。

そして各種単行本がどんどん発刊される。最近は、百田尚樹氏、杉田水脈氏、和田政宗氏、小川榮太郎氏、潮匡人氏、大高未貴氏、馬渕睦夫氏の著作を買った。その他に産経新聞取材班の「朝鮮大学校研究」も買ってしまった。

twitterもチェックするし、阿比留瑠比氏や小川榮太郎氏、一色正春氏などフェイスブックで発信する人の書き込みはフェイスブックで見る。

イリーガル(?)な転載動画も合わせると保守系情報は、全て摂取しようと思うと時間がいくらあっても足りない。

※保守論客、馬渕睦夫氏の著作の内容は、証拠の無い推論が多く、陰謀論だと批判されても言い返せない面がありおすすめできない。

フェイスブックは中国進出を機にダメなSNSになりそう

小坪しんや氏がフェイスブックアカウントの凍結を受けたとブログに書いている。凍結のきっかけとなった投稿はさして害があるものだとは思えない。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

フェイスブックのCEOは、中国への進出を熱望しているそうで、そのために必要なカスタマイズを中国政府と折衝していると何かの記事で読んだ。もしもフェイスブックが中国に進出するようなことがあれば、中共に不利益となるような書き込みはかなり制限されるのではないだろうか?

小坪氏が受けたような理不尽なアカウント凍結が進みそうである。

グーグルの過去の社是は「邪悪になるな」だったと思うが、フェイスブックからは時価総額を上げるためには邪悪になることも厭わない決意が感じられる。

マーク・ザッカーバーグのニヤケ面が気に入らない・・(奥さんの顔も好きじゃないが・・)。

ジャパニズムには往年のガロの面影がある

さきほど挙げたマイナー保守雑誌のジャパニズムは青林堂から出版されている。青林堂はかつてガロを出版していたところである。

ガロは、確か20年くらい前に商業路線派と前衛芸術路線派で二つに分かれて、青林堂が商業路線、分派してできた青林工藝舎が前衛芸術路線の方(アックス)を出すことになったが、ジャパニズムは、分派した方のアックスと雰囲気が似ているように思う。アックスは無くなったかと思ったがまだあるようだ。福満しげゆきがアックスでよく描いていたのを思い出す。

雑誌の大きさが似ているという面もあるし、ジャパニズムの表紙がイラストだからというのもあるかもしれない。マイナーで前衛的で攻撃的なところも似ている。

ジャパニズムは、テコンドー朴のような漫画も載せているので、高尚とは言い難いがきちんとした文章もたくさん載っていて、非常にもったいない。

私が編集長ならテコンドー朴は切る。この漫画のせいで、ジャパニズムは低俗なネトウヨ感が出ていると思う。私が保守の重鎮なら、テコンドー朴が載っている雑誌に書くのは気が進まない。

↓今のアックス。これは売れないわ・・

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

怒り
怒りっぽさをコントロールする方法

人生を台無しにする資質 ’怒りっぽさ’ 生まれつき怒りっぽい人がいるが、「怒りっ …

cloud
年々強まる悪いことが起こる予感

私は遺伝的に心の病気を背負っており、不安感や悲観に始終捕らわれている。私の物の考 …

horse
今週の雑記2017年1月No.2

トランプ大統領誕生、軍備強化政策は日本にプラス トランプが大統領として正式に就任 …

meerkat
プラ子(栗山さやか)さんの経歴(活動履歴)をまとめてみた

モザンビークで貧しい女性や子供を支援する活動をしている、「プラ子旅する。」のプラ …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …

birds
今週の雑記 2016年12月No.1

池田信夫氏が亡くなった後の言論界は誰が引き継ぐのか? 日本の言論界をリードしてい …

saxophone
今週の雑記2016年12月No.4

節税売りで下げる銘柄はマイナス乖離が大きい銘柄だけ? 毎年この時期になると「節税 …

letters
気づかないうちに老人に対する憎悪が溜まっていく日本での生活

消費税増税延期の報を受けて、あらためて日本の財政はどーなっちゃうの!?という懸念 …

葉
仕手戦にのって四季報の大株主に載ってしまった会社に勤めていた頃の話

離職率激高の優良企業 26歳くらいのときに中途入社した企業は、毎年黒字決算で財務 …

human-silhouette
企業には儲かったからといって賃上げする義務なんてないよな【毒舌】

企業が儲かっているのにそれを社員に還元しない、賃上げしないのはけしからんという主 …