nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

左翼勢力が作ったと思われる「劣化コピー」botがtwitter検索を妨害している

      2017/07/30

一般の人々が特定の事柄についてどう考えているのか知るために、twitter検索を使うが、どうも特定の事柄について検索を妨害するためにbotを作成している人がいるようだ。

「テレビ局 買収」という言葉でtwitter検索をしていたら、「劣化コピー」というプログラム(?)で作成されたと思しきアカウントが複数出てくる。

それらのアカウントは、オリジナルのつぶやきがなく、つぶやきが全て「劣化コピー」によって作成されているようなのでbotだとわかる。たとえば、黒乳首@emimax_ragCarere Smith@CarereSmithなどだ。

芸能人の名前を含む様々な名詞や動詞を組み合わせて、ランダムな言葉をつぶやくプログラムなのかなと思って見ていくと、左翼界隈の人の名前が不自然なほど多く紛れ込んでいる。

確認できた名詞は「しばき隊、東京新聞、マルクス主義者、李信恵、菅野完、今吉光二、林啓一、山口祐二郎、有田和生、坂本秀樹、木本拓史」。

菅野完、今吉光二、林啓一、山口祐二郎、木本拓史は元しばき隊。有田和生は有田芳生の弟だ。坂本秀樹は元新潟日報報道部長でありながらしばき隊だった男。

おそらくしばき隊界隈の人がtwitter検索を妨害するために「劣化コピー」を元にしたbotを作成していると思われる。

上記のように下品な言葉の合間に左翼の人名(この場合、坂本秀樹)がこそっと紛れ込んでいる。

これらのアカウントを見かけた暇な方は、スパムであると報告していただきたい。

spam

このbot群を左翼の人(特にしばき隊界隈の人)が作ったというのは状況証拠でしかないが、おそらく合っているだろう。「テレビ局買収」という用語を混ぜているということは、テレビ局買収について調べてほしくないのだろうか?

※「劣化コピー」にtwitterを連携させるとどうなるか試していません。やらないことをおすすめします。

関連画像

下図は「テレビ局 買収」で検索した某日のtwitter検索結果。kikkuchimakoto、ペニス一郎、四不像、hasumiaoiが劣化コピーによるbot。


TV局買収twitter

↓黒乳首のツイートから。さりげなく左翼人名、左翼用語が紛れ込んでいる。「野中尚如」「有田和生」「しばき隊」・・

 - 政治

ad

Comment

  1. ベル(専業投資家) より:

    本当に左翼はこういうことには頭が回りますよね。感心します(笑)

    私も左翼勢力が作成している可能性があると思います。
    過去にもしばき隊関連で、エフセキュアというネットセキュリティ会社の職員が対抗保守派の個人情報を不正に取得していた事件がありました。
    したがってネット関連のスキルを持った人が左翼にはかなりいるのでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自民党
自民党はネットメディアとの付き合い方を変えるべきだ

日本はたくさんの問題を抱えている。現政権はそれを解決するために概ね正しい努力をし …

自民党入党の案内
自民党員になるメリット・デメリット

調べていたのでまとめた結果を書きます。 ※間違っている点があったらコメント欄でご …

vote
幸福実現党の政策はかなりまとも

幸福の科学の政党、幸福実現党の政策は結構いいと思う。ところどころに出てくる宗教臭 …

FDR
フランクリン・デラノ・ルーズベルト悪人伝説

最近、渡辺惣樹氏の「戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実」と「誰が第二次世界 …

寄付
政治家は献金用のフォームをウェブサイトに完備して欲しい

日本人であれば、応援したい政治家に個人献金をすることができます。政党に対して献金 …

慰霊碑
吉田清治の長男は公安の協力者だった

韓国・慰安婦問題等について虚偽の発言を行い、ありもしない問題を作り上げた吉田清治 …

小林よしのり戦争論
悲しいほど古びていない小林よしのりの「戦争論」

政治的スタンスが変わり、今では保守層から評価されていない小林よしのりだが、「戦争 …

prison
米国の人身売買報告書リスト2017、中国以外のランキングは!?

米国国務省は、世界各国の人身売買状況について報告書を公表した。中国のランキングが …

航行の自由作戦
言論においても「航行の自由作戦」をする必要がある

「航行の自由作戦」というのは米軍が南シナ海で行っている作戦(?)であって、南シナ …

反安保闘争
1960年代にtwitterがあれば反安保闘争は存在しなかった

私は1960-70年代に起こった反安保闘争について詳しく知らなかった。改正前の安 …