nextir35の気になる株ブログ

ぎゃんぶらぁ事故中心派

*

戦後の言論空間と日常における自責論

   

私が会社員だった頃、「他人を変えようとするのではなく、自分を変える」調の反省や決意の弁が好まれているのを散見した。

何らかの状況を変える際に、自分が変わるのか他者に変わってもらうのか、どちらがいいのかはケースバイケースなのだが、日本の会社や学校では「他者に変わってもらう」を選択するのはなぜかご法度で、「自分が変わる」と言わなければならないような空気があった。

これは日本の憲法や、WGIPとそれに影響された戦後の言論空間と関係があるように思う。

憲法の前文には、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」という一節があり、他者(他国)を無条件に信頼すべきだというような内容になっている。他者を批判できない(信頼しなければならない)のなら、何かあった時に批判する相手は自分しかいない。

国際問題を考える際にも、日本人の中には(特に女性に多いが)内こもりな解決策しか思い浮かばない人がいる。脅威の元は他国にあるのに、自分たちの精神性さえ変われば脅威が解決するように考えている人だ。

日本人は、他国の労働者と較べて、平社員まで優秀でまじめだと言われる。しかし、安全保障などの問題になると基本的な思考力さえ欠落したような「いい大人」も多くおり、戦後の教育や放送が認識を非常に歪めてしまったように思う。

今でも地上波のテレビは歪んだ認識を再生産しており、日本人の多くにテレビ離れして欲しくてたまらない。Don’t watch TV!

 - エッセイ

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

waterfall
滝行は利回りのいいビジネスになりそう

夕方のニュース番組を見ていたら、滝行が紹介されていた。極寒の中、冷たい滝に打たれ …

suzukikeisei
鈴木傾城氏がツイッターとグーグルの両方に同時に締め出される

常日頃から中国の工作員等への注意を喚起していた鈴木傾城氏だが、twitterとグ …

東條さち子
東條さち子さんでさえ日本に見切りをつけたがっている・・

漫画家兼大家である東條さち子さんの新作がキンドルで出ていたので早速読んだ。 東條 …

sunrise
「政府債務はインフレで返す」が新しいコンセンサスになる!?

池田信夫氏のブログや、動画を見て、シムズという経済学者の提言内容を知った。その内 …

お金の使いみち
株で稼いだ金をいかに使うか(私の使いみちをお教えします)

株で稼がれた方はそのお金を何に使っているのだろうか? 一般的には家屋、自動車、衣 …

meerkat
プラ子(栗山さやか)さんの経歴(活動履歴)をまとめてみた

モザンビークで貧しい女性や子供を支援する活動をしている、「プラ子旅する。」のプラ …

kick-boxing
正道を外れたから金持ちになれたのかもしれない

タレブの反脆弱性の第16章(無秩序の教訓)は教育について書かれている。このエッセ …

マリア
今週の雑記2017年2月No.1

最近の読書感想 中国4.0 暴発する中華帝国(エドワード・ルトワック) 中国の2 …

musician
2015年買った、聞いた音楽

国外に目を向けると素晴らしい歌手がたくさんいる これまで音楽はJ-POPだけを聞 …

財政破たん
心が病んでいるから財政破綻が気になるのか、相場観から気になっているのかわからない

全般性不安障害歴20年です 心の病に陥って、20年以上経ちました。このことと私の …