ビタミンC摂取で膀胱炎が治った、にんにく生おろし液で性器の病気が治った

私の、性器・膀胱炎に関する栄養療法的な体験を紹介したい。どなたかの役に立つかもしれないので・・。

膀胱炎とビタミンC

しつこい膀胱炎に悩んでいた。かれこれ2ヶ月以上である。

しかし、体に悪い抗生剤は飲みたくない。抗生剤以外の方法で治療できないか調べていたところ、ビタミンCを多めに摂取してみてはどうかという、栄養療法医のアドバイスをネット上でみつけた。

こちらのブログである。

21世紀の自然治癒の健康相談ー18,膀胱炎

早速試してみようと、1日6,000mgのビタミンCを1日3回に分けて摂取をしてみたら、3日で症状が消えた。

非常にありががたい。今後もしばらくビタミンCを多めに摂取していきたい。

性器のかゆみ、異臭がにんにくすりおろし液で治った

恥ずかしい話であるが、一時期、性器にかゆみがあり、変な匂いがした。あぐらをかいて座っていると嫌な匂いがわかるほどの匂いだった。

しかし、膀胱炎に関してと同じで、抗生剤で治療はしたくない。

なにかいい方法はないか考えていたところ、かつて中村篤史医師が水虫はにんにくをすりおろした液を塗布すると治ると書いていたことを思い出した。

https://clnakamura.com/blog/1262/

そこで私もこれを試してみようと思い、やってみた。にんにくをすりおろして、それを陰嚢や陰茎に塗ってみたのである。しかし、陰嚢に小さなキズがあったのか、にんにくが沁みてとびあがるほど痛い。走って風呂場に行き、シャワーで洗い流した。

すりおろした物質をそのまま使うのは濃度が高すぎるのではないかと思い立ち、今度は水で薄めて慎重に塗布してみた。

すると、その日のうちに性器のかゆみ・異臭が収まったのである。その後、再発をしていない。