アガスティアの葉を読んできた人の体験談まとめ

インドにある予言の葉、「アガスティアの葉」を読んできた日本人の体験談をまとめてみた。

驚異的な的中をしたものもあれば、うさんくさい業者にひっかかった人もいたようである。

ブログ「主治医との恋」より。

アガスティアの葉

アガスティアの葉に書かれてある前夫と財前の記述

結婚と医者(財前氏)との再婚を綴ったブログ。業者に代行を頼み、手にした予言の葉にかかれていた事は「今の所、ハズレ部分は無し」だったそうだ。寿命については75歳以上まで生きると書かれていたそうだ。

ブログ「我が家への長い旅路」より。

アガスティアの葉、結果が出た

未来のことが主に書かれていて、当たるか当たらないかはこの記事では不明だったそうだ。

TABIPPO.NETより。

自分の全てが書いてある予言書「アガスティアの葉」を探しに行ってみた

あまりに当たらなすぎて爆笑したらしい。

ブログ「ks日記」より。

アガスティアの葉

私の葉が出て来ると、本に書かれていた通り、両親の名前や関係、いつ生まれて今何をやっているか、過去と未来が丁寧に読みあげられた。(略)

背筋が寒くなったのは日本に戻り何年も経ってからだった。…微妙に当たっていく…。勿論時期や内容で、当たっていないこともあるし、言われていないで起こる事件も沢山あった。

でも、起こりっこないと思って忘れていた事が当たっていく時の驚きったら。

とのこと。アガスティアの葉には、本人のホロスコープが記載されているが、ホロスコープは生まれた月日・時刻と場所のデータが無いと作れない。そういった情報を教えていないのに、正確なホロスコープが記載されていたことに驚いている。

ブログ「導かれて25年、私のインドの生活」より。

アガスティアの葉(カテゴリー)

本人も知らなかった改名前の父の名前が載っていた、生まれた時刻を教えていなかったのに正確なホロスコープが載っていた、予言の葉を読みに来る時の年齢が書かれていた、両親の名前、夫の名前、持病、子供の数、外国で生活していること、職業の種類、父の職業の種類、父が存命であること、についての記載が当たっていた。

インド占星術に関しては、第二子を妊娠する時期を当てられた体験が書かれている。

インド占星術 その2。

※このブログはヤフーブログなので2019年中に読んでおかないと読めなくなるかもしれない。

ブログ「アガスティアの葉・お試し記」より。

アガスティアの葉・お試し記

寿命に関しては、80歳以上まで生きると書かれていたそうだ。

ブログ「世界の隙間」より。

【カンチプラム】アガスティアの葉を探しに行ったのだが

【インドからの便り】私のアガスティアの葉のノートが届いたよ

ブログの書き手は、予言の読み手を信用していない。内容は主に未来についてで、当たっているかどうか記事の時点では不明。80歳過ぎまで生きるとのこと。

ブログ「ASKA_burnishstone’s diary」より。

アガスティアの葉

ブログ主はチャゲアスの飛鳥涼氏。2006年頃、インドの僧侶(?)がアガスティアの葉の束を持って、日本に来たことがあるらしい。ASKAさんは、そのときに自分の葉を見つけられたとのこと。

家族全員の名、職業、スポーツの経験についての記載が当たっていた。少なくとも64歳までは生きるとのこと。

飛鳥涼さんは1958年2月24日生まれなので、インド風の年の数え方(満年齢+1)でいったら、2021年から2022年以前に亡くなることはないはず。

ブログ「女忍者の世界一周」より。

【体験】アガスティアの葉(本物の予言書)を求めてインドまで行ってきた。

予言の読み手にうさんくささを感じた。主に未来についての事を書いてもらった。離婚はしないと書かれていたが、その2年後には離婚をしていた。

ブログ「izuru00の日記」より。

インドのアガスティアの葉は本物なのか?探しに行ったら詐欺にあったって話(笑)

両親の名前を言っていないのに当てられた。しかし予言をいざ読もうとしたところで中断され、日本に予言の内容を送ってもらうはずが送ってもらえなかったそうだ。

ブログ「インド占星術.comブログ」より。

カンチプラムのアガスティアの葉 その①

この人は、カンチプラムとチェンナイで予言を別々に読んだようで、その内容がだいたい同じだったそうだ。違っていたのは来世の内容。

しかし、アガスティアの葉には41歳で結婚と書かれていたが、44歳で結婚されたようだ。

【日記&ダシャー】:結婚しました(金星-木星期突入)

ブログ「Daisuke Katsumataブログ」より。

この方は、ロックバンドおかんというバンドのボーカルだったようだ(バンドは休止中)。

個人への予言書「アガスティアの葉」

僕へ宛てられた予言書”アガスティアの葉”の内容 ①

僕へ宛てられた予言書”アガスティアの葉”の内容 ②

僕へ宛てられた予言書”アガスティアの葉”の内容 ③

僕へ宛てられた予言書”アガスティアの葉” 職業・仕事について ①

僕へ宛てられた予言書”アガスティアの葉” 職業・仕事について ②

“アガスティアの葉”に記された僕の病気について

指紋を提出し、葉を探したところ、自分の名前、両親の名前、兄弟の数、仕事(音楽関係)が当たっている。また持病(アトピー)についても当たっている。結婚することも当たっている。77歳で亡くなると書かれている。1982年生まれなので、2059年頃か?

また各章を読みに来た時の年齢が当たっている。

ブログ「1W寄り添って魂の色で選んだ天然石で運気アップ♪   Fortune Jewelry~Eiju&Kamuna~」より。

アガスティアの葉 ~ 3 ~

アガスティアの葉 〜4〜

アガスティアの葉~まとめ~

最近手術をしたこと、両親の名前、本人の生年月日、兄弟の数、子供の数と性別が当たっていた。

4travel.jpの旅行記より。

GWインド弾丸旅行(4)チェンナイ〜ケララ

「両親、わたし、別れた旦那の名前まで当たってる」そうだ。79歳以降まで生きるそうだ。この予言を読みに来たのが44歳であるならば(葉に書いてある)、2053年以前に亡くなるということは無さそうである。

45歳の終わりまでに結婚するとあり、この記事が2018年に書かれているので、予言が当たるなら今頃再婚しているはずである。

ブログ「セカンドライフの【暮らしの愉しみ】~日々を愛しみ丁寧に生きることによって、一隅を照らせますように~」より。

アガスティアの葉を開きました

両親の名前、生年月日が当たっていた。内容については明かされていない。

ブログ「I ♥ SEDONA・バシャール×奈シャール・ワクワクで生きる」より。

アガスティアの葉を開いて①

アガスティアの葉を開いて②

父の名前、離婚歴、子供の数が当たっていた。78歳過ぎまで生きるそうだ。この予言の葉を読んだ時点で、46歳以下だったと思われるので、死期は2050年以降のようだ。

ブログ「ぼちぼちいこか」より。

☆☆神秘の体験(インド紀行編)☆☆ ~アガスティアの葉~ その1

☆☆神秘の体験(南インド紀行)~アガスティアの葉~その3☆☆

生年月日、本人の名前、両親の名前、妹の現状、本人の仕事、娘が学ぶこと等が当たっていた。この方は1970年生まれで86歳まで生きるとのこと。2056年以前に亡くなることはないようだ。

ブログ「ながしまクリニックBLOG」より。

5000年前のアドバイス その1

5000年前のアドバイス その2

著者は永島知子さんという東洋医学の方。

「葉を開いた時の私の現在の年齢、父母の名前、西暦に読み替えた生年月日、現在の家族の状態、職業、家族しか知らない、生後間も無く亡くなった兄がいたことまで示唆され」ていたそうだ。「主人との結婚、両親との関係まで全てが的確」だったそうだ。

ブログ「会長日記 -有限会社 柳澤会計事務所-」より。

アガスティアの葉について

著者は柳澤会計事務所の会長で、公認会計士の方。1997年にアガスティアの葉を読みに行った体験が書かれている。家族関係が当てられている。戸籍に載っていない実の父の名前が当てられる。下記に一部引用。

14番のカンダムでつぎのようなことを読み上げた。友人が私を強く怨み、そのマイナスの念は私にむかうが私が強い性格なので、私に入らず家族にむかう。母、娘にその影響がでる。娘は学業をやめるだろうなどである。

これには本当に心の底から驚いた、まさに頭をガツンと強烈に叩かれたようで、鳥肌がたつおもいであった。

当時、私の親友であった人物から依頼された大型の相続税対策を計画実施していたのであるが、これがバブルの崩壊でうまくゆかない事に対する脅えから、この人物は精神に異常をきたし私を非常に強く怨んでいた。この恨みの念は日本で他の霊能者からおぼろげながら指摘をうけていた。さらに当時、母は小脳脊髄変性症という不治の奇病にとりつかれており、娘は、登校拒否から引きこもりの状態で苦しんでいた。この二人の病気にたいする解決策のヒントが得られたらというのもこのツアーに参加した理由のひとつであった。

83歳、10月9日木曜に亡くなると書かれている。この方は昭和19年生まれなので、2027年くらいである。10月9日が木曜日になるのは2025年なので、予言が当たれば2025年に亡くなる。

「ゆうゆうブログ」より。

アガスティアの葉 体験4

アガスティアの葉 体験5

「葉っぱには、現在の私の経済状態・家庭環境・仕事内容・抱える問題が恐ろしいほど正確に書き記されてい」たそうだ。

ブログ「世界一周旅行記 ~何がおこるかわからないから旅なんだ~」より。

将来を予言されてみた 1

将来を予言されてみた 2

京成ドライビングスクールのスタッフブログより

自分の運命を知るインドツアー1~3日目

アガスティアの葉への旅、そしてその後より

アガスティアの葉への旅5-私の運命-(体験談)

アガスティアの葉への旅7-葉に書かれていたこと-(体験談

アガスティアの葉、その後-予言は成就したか?-

本人の名前、生年月日、親の名前が当てられる。出生時間や場所を教えていないのにほぼ正確なホロスコープが記載されている。葉を読みに行ったのが2002年2月で31歳の時。このブログは10年後に予言が当たったかどうかを検証している。結果はビジネスを開始した年は当たったが、出産などについては当たらなかったようだ。

体験談を読んでの感想

色々な日本人がアガスティアの葉を読んでいることに驚いた。

死期や寿命についての記載があるものは、それが何年に当たるのか書いたが、それはアガスティアの葉の予言が正しいのであれば、少なくともその年まで日本滅亡のような破局的な災害が無いだろうと予測できるからである。

死期が2050年以降となっている人が大勢いたので、人類の大半が死亡するような大災害はそれまでは無いと思われる。

アガスティアの葉の業者や読み手の質はさまざまなようだが、読みに行った人が敬虔で真剣な方がまともな業者に当たっているように思う。

アガスティアの葉を日本に広めた青山圭秀氏の予言の葉も、子供についての部分は当たらなかった。「アガスティアの葉 完全版」は予言が当たらなかったことについても含め、人間の運命と自由意志に対する考察がすばらしく、おすすめの著作である。