ホロコーストの死者数を上回ったモーゲンソー・プラン

歴史に比類するもののない絶対悪と祭り上げられたナチスによるホロコーストでは600万人が犠牲になったとされる。

しかしこの数は根拠に乏しく、実際には犠牲者数は100万人以下だったという推測もある。

参考記事:ホロコーストの本当の犠牲者数は何人なのか?

第二次大戦下の米国では、ユダヤ系アメリカ人のヘンリー・モーゲンソー・ジュニアが財務長官を務めた。彼は反ユダヤ人政策をとるヒトラー政権を嫌っており、ドイツ民族をこの世から消してしまいたいと思っていた。

戦後ドイツの占領方針作成に財務長官のモーゲンソーの意見が取り入れられ、当初作成されていたプランよりもずっとドイツに対して厳しい占領計画(モーゲンソー・プラン)が出来上がった。この案の原案は、ハル・ノートを作成した、ユダヤ系でソビエト共産党のスパイでもあったハリー・デキスター・ホワイトが起草した。

モーゲンソー・プランはドイツの工業力を削ぎ落とし、農業国家に変えてしまおうというもので、戦後ドイツの機械類は接収または廃棄された。

産業がストップしたことでドイツは飢饉に陥り、五年間で900万人以上が死んだ。

単純に犠牲者数で比較すると、ナチスのホロコーストの犠牲者数を上回る数のドイツ人がモーゲンソー・プランによって死んだ。ホロコーストの絶対悪が強調されるわりに、モーゲンソー・プランによる大量死はほとんど言及されない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大旦那 より:

    重要なデータなので、「五年間で900万人以上が死んだ」のソースが知りたいです。

    お返事を心待ちにしています。

  2. nextir35 より:

    >大旦那さん
    こういうコメントが来ることは非常に嬉しいです。この記事は、渡辺惣樹氏の「第二次世界大戦 アメリカの敗北」(文春新書)の第一章を参考に書いています。
    渡辺氏はカナダ人研究家ジェイムズ・バックの著した「罪と情け(Crimes and Mercies)」を参考にしています。死者数の内訳は、ドイツ国内の民間人570万人、東部ヨーロッパから
    排除されドイツ本土に戻ったドイツ系250万人、戦争捕虜110万人、合計でおよそ900万人だそうです。
    https://www.amazon.com/Crimes-Mercies-German-Civilians-Occupation/dp/0889225672
    2007年に刊行され、翻訳は出ていないようです。